雅子さまを支えた、ある女性皇族との“心の絆”


文/宮本タケロウ

17年前の12月12日

先日、12月12日は皇室にとって忘れられない日でした。

きっと覚えている人は少ないかもしれませんが、17年前の2003年に宮内庁が雅子さまの長期療養を公表した日が12月12日だったのです。

「10年あまり前の結婚以来、慣れない環境の中での大きなプレッシャーのもとで、これまで、私なりに一生懸命努力してきたつもりでございましたが、その間の心身の疲労が蓄積されていたことの結果であったのではないかと感じています」

これは、雅子さまが長期療養に入られるに際して東宮職を通じて出した文書です。これから令和まで雅子さまが16年間も長くの療養にいたると、この時、誰が想像できたでしょうか。

16年目の2019年、即位パレードで見せてくださった雅子さまの慈愛に満ちた“笑顔”に接して、筆者のよく知る皇室ファンは「この笑顔、この笑顔をずっと待っていたんだ!」と涙が出る思いがしたとのことです。

(この笑顔を南十年も国民は待っていたのだ)

2008年の雅子さま

さて、今回は雅子さまの長期療養が発表されてから5年後の2008年に時計の針を戻して、当時なされたある報道にスポットをみたいと思います。

雅子さまが療養に入られて5年目、愛子さま7歳のこの年は雅子さまの病名が「適応障害」ではなく、むしろ、「ディスミチア症候群」という新型のうつ病ではないかとささやかれていたころでした。

ディスミチア症候群とはどのようなものか。

「一般に、ディスミチア症候群の特徴は、義務を負わされると普段できることの能率が上がらなかったり、やる気が起こらないという抑うつ状態が現れる。しかし、自分自身が意欲のある娯楽的な活動になると、普段通りにできるわけです。この症状は今、30代以下の若年層に増えています」

この病気が難しいのは、抗うつ座がなかなか効かない点だという。

『週刊ポスト』2008年10月10日

義務が負わされると普段できることができなくなってしまう――。これは責任感が強く人一倍の努力家である雅子さまにしっかりとあてはまる症状です。

そして、その年の10月10日、『週刊ポスト』にある記事が掲載されました。それによれば、雅子さまはある女性皇族と関係を心の絆として日々を過ごされていたというのです。

雅子さまが心の絆とされた女性皇族とは、三笠宮家の寛仁親王妃・信子さまでした。

(お子様を抱える寛仁親王妃・信子さま)

信子さまと雅子さまの交流

『週刊ポスト』にはこうあります。

雅子妃が長期療養に入ってから心のよりどころとしている方がいる。それは、あの「ヒゲの殿下」、三笠宮寛仁親王殿下の妻であり、麻生太郎新首相の15歳年下の実妹である信子さまだという。(中略)

「外相経験のある麻生首相を兄に持つ信子さまと、外交一家の雅子さまには通じ合う部分があり、また、民間から皇室入りした先輩であり、雅子さまは信子さまを慕い、信子さまも折に触れて様々な形でアドバイスをされてきました」(宮内庁関係者)

同上

いわば「妃殿下」の先輩として雅子さまを支えた信子さまでしたが、実は信子さまの当時(2008年)は雅子さまと同様に健康上の問題を抱えていらっしゃったのです。信子さまは2004年に胃潰瘍と診断され、心療内科にかかり、その後、更年期障害となって2年間も軽井沢の麻生家(信子さまご実家)別荘にて静養を続けられました。

2006年には軽井沢から出て、宮邸での療養生活に切り替えましたが、公務への出席はナシ。寛仁親王との夫婦仲や二人の娘(彬子女王、瑤子女王)との関係もかんばしくなく、事実上の家庭内別居状態にあったと言われています。そしてその後は寛仁親王の没後まで宮邸を出られて宮内庁職員用住居に移り、完全別居としてご家族とは絶縁状態となるにいたったとはご存知の方も多いでしょう。

(若かりし頃の信子さま)

雅子さまは皇室の環境、信子さまは家庭の環境ーーと、原因は異なりますが、同じような境遇にあったお二人はいつしか心が通じ合い、励ましあう関係になったと、『週刊ポスト』は事情を知る宮内庁関係者の声を伝えています。

「同じような苦しみの中におられるからこそ、お互いの気持ちが分かり合える。携帯電話やメールなどでやり取りをし、代わる代わる近況を伝えては励ましあい、その親密さは深まっているようです、お二人は、まさにホットラインを持たれているような感じだと思います」(宮内庁関係者)

同上

きっと、当時の雅子さまにとっての信子さまはかけがえのない、大きな存在であっただろうし、同じように問題を抱える信子さまにとっても、雅子さまとの関係は励まし、励まされることで癒されるかけがえのないものだったことでしょう。

他者を癒し、生かす主体となる

傷ついた人が、その痛み故に、他者を癒し、生かす主体となる。これを心理学の用語で「ウンデッド・ヒーラー」、日本語で「傷ついた癒し手」と言います。

「傷ついた癒し手」とはオランダの神学者ヘンリ・ナウエンが考案した言葉で、心に傷を負った人がその傷のゆえに深い愛に目覚め、他者を癒していく道に献身していく、そうした人間の本能的な慈愛を語った言葉です。

まさに2008年当時の雅子さまと信子さまは、お互いに励ましあう「ウンデッド・ヒーラー」ではなかったでしょうか。

思い返せば、平成最後の年、2017年の12月、54歳の誕生日を迎えられた皇太子妃雅子さまが発表した文書には「弱者に寄り添う」という決意が込められていました。

いまだ多くの方が不自由な生活を余儀なくされていることや、復興までにはまだ長い道のりが残されていること、そして、その中で子供たちを含め、被災された方々の心のケアが引き続き大切な問題として残っていることなども案じております。(中略)

近年、社会情勢の変化もあり、社会的に弱い立場にある人々が直面している困難な状況について耳にすることが多く、案じております。(中略)そして、社会の中で、弱い立場にある人々への温かい理解と協力が広がり、だれもが互いに人格と個性を尊重しながら支え合い、将来に夢と希望を持って歩んでいけるような社会が実現されていくことを心から願っております。

広く世界に目を向けても、困難な状況に苦しんでいる人々が数多くいることに心が痛みます。人々が、広い心を持ってお互いの違いを乗り越え、様々な問題の解決に向け、共に手を携えて取り組んでいくことが、今の世の中で大切になっていると感じます。

宮内庁ホームページ

このお誕生日の感想が発表されて早3年が経ちました。当時、「これから先のことを考えますと、身の引きしまる思いが致します」と述べていた雅子さまでしたが、無事に即位の式典も終わり、皇后としての道を着々とお歩みになっています。

「弱者に寄り添う」とよく言われる言葉ですが、本当の意味で弱者に寄り添うことは、自分も真につらく、厳しい、弱々しい日々を送った人にしかできないのではないでしょうか。

その皇后としてのいつくしみ深く、畏き道を歩む雅子さまの背中をしっかりと優しく押してくださった信子さまは、2013年に療養生活を終えられ、公務に復帰。現在は女性皇族として皇后・雅子さまをお支えになるお役目を再開されています。

(雅子さま、信子さま、彬子さま)

お二人のますますのご活躍とご健勝を祈りたいと思います。


12件のコメント

信子さまの出産後、退院の際のスナップは、どちらも同じお衣装ですね。
当時の皇太子妃(じょーこーごー)とはずいぶん違うと思い、特に印象深いです。

よその宮家のお財布事情は存じませんが、どこぞのウエの方々や、アキとは金銭感覚も金銭事情も違うのだろうと。それが序列かもしれませんが、お金をジャブジャブ使っても育ちが悪い方は所詮・・・と、今更ながら強く思います。

現皇后陛下の支えになってくださるのは、自身もご苦労がおありだったからに他ならないと思います。
お一人でもそういう方がいらしてよかったとも思います。

466
2539

とても良いお話をありがとうございました。
皇后さまも長くお辛い日々を過ごされていらっしゃいましたが、支えてくださる方もいらっしゃったのですね。
よかったです。
早くこのような真にお優しく、気品があり、国民の安寧を考えてくださる方々が誰にも邪魔されず、皇室の中心となってご活躍される日が来るといいと思います。

若かりし頃の信子さまのお写真、とてもおきれいです。
気品がすごいです!
やはり美しさは内側からも溢れ出てくるものなのですね。

445
2516

信子さま
お美しいですね。
外見的なお美しさは勿論のこと内面的な気高さと品性を感じさせられます。

雅子様のお苦しみを思いやり支えられた信子さまの在り様こそ私たち日本国民の気持ちを深いところで納得させるものだと思います。

293
2450

皆様、こんにちは。

皇后陛下のことは正統な女性皇族方が御守りくださっております。
その一コマがこの記事書かれておられる皇后陛下と信子殿下ですね。

昨年5月の御即位の礼の際に信子殿下をはじめ正統な女性皇族方は皆様笑顔で皇后陛下に一礼されていたのが印象的でした。

令和の御代が末永く続きますように。
正統な皇族方が末永く繁栄いたしますように。
令和二年十二月十六日

306
2435

残念と○ホにつけ込んで喰らいついて来た者達を
正統とは、素直に思えないですよねえ。

選ばれて望まれて輿入れなさった方々と一緒くた
に、皇族とは呼びたくも無い。

わざわざ「正統な皇族」と断らねば成らないのが
なんとも・・・。

一部の不心得で卑しい性根のモノ達の為に。

「甘ったれのうつ」で休んでる人には、信子さまも久子さまも寄り添いません。
勤勉で努力家でバイタリティのある雅子さまがうつになる「よほどの理由」を、お二人はちゃんとご存知なのです。

358
2433

良い記事をありがとうございました。
いつもこういう記事だったらほっこりするのでもっとこういう記事をよろしくお願いします。

今年の歌会始の時のドレス、もしかしてお二方で色合わせしたのでしょうか?
信子さまの、今年のお歌からは天皇皇后両陛下を支えるという強い意志が感じられました。
本当に信子さまは素敵です。
信子さま、カッコイイ。

信子さまの件で唯一心配なのはお嬢様方との仲。
どうか良い関係になりますように。

324
2469

よいお話ありがとうございました。
雅子様が苦難にあられる時、国民からもお身内からも心ない攻撃があったことでしょう。
陛下が雅子さまを守った話も心打たれるものがありますが、このように美しい関係も育まれていたのですね。
雅子様、信子様のご関係がこれからも続きますように祈らずにおれません。

生きてきた足跡がその人を表すとしたら、陛下や敬宮愛子様といった、品格ありまた愛情深い御家族や、教えてくださったご皇族との美しい関係が、雅子様を表すものですね。

290
2464

今年の1月16日、令和初の歌会始の儀。17年ぶりに皇后雅子様がご参加されました。
そして新しい時代を祝福する信子様の美しく素晴らしい歌。

「 雪襞(ゆきひだ)をさやかに望む富士愛(め)でて平和な御代のはじまりにあふ 」

ネットニュースで話題になった皇后雅子様と同系色の衣装は信子様からの親愛の情だと思いました。
テレビ中継のアングルから、ちょうど皇后雅子様の隣で寄り添うように、信子様が同系色のドレスで応援してるように見えて心強く感じました。

これは考え過ぎかもしれませんが・・「愛でて」の部分に「愛」の文字が入っているところが次代を愛子様に託す後押しをしてくれているようで嬉しくなりました。

お若い頃からキリッとしてクールビューティーなところはお変わりないですね。
昨年は骨折してリハビリされ杖などを使用されていますが、誰かの腕を掴んだり腕組みしてベタベタと頼る方より、自ら杖を使い自立した信子様の矍鑠としたお姿が皇室に緊張感を与えてくれます。

282
2465

宮本タケロウさん、今回の記事はとても心暖まるお話しでした。
この様に雅子皇后に寄り添い、敬愛の情を持っておられる皇族の方には、安堵致します。

平成時代は、本当にお辛い年月を過ごさざるを得なかった雅子皇太子妃。
お味方の高円宮久子妃殿下は、夫君を突如亡くされ憔悴されてた事でしょうし。
三笠宮信子妃殿下は、御自身の御病気に加え家庭内不和。
常陸宮華子妃殿下は、弟宮の配偶者でお子様もいらっしゃらないし、何と言っても女帝様に遠慮されていたと思います。
この世の春で有った方々が、普通に接してられたら、未だ良かったのにとつくづく思います。

信子妃殿下の御兄様は、男系護持派ですよね。

心穏やかに普通に御活躍出来る事を切に願います。

171
2445

昨年の全国赤十字大会終了後、お帰りになられる皇后さまを華子さま、信子さま、久子さまが満面の笑顔でお見送りされていたのが印象的でした。
紀子さんが帰る際、お三方の笑顔がなく挨拶も儀礼的だったのとは対照的でした。

常陸宮、三笠宮、高円宮の3宮家は、天皇皇后両陛下をお支え下さる大切な宮家です。是非とも存続させて下さるようにお願いします。

167
2442

普通の国民の、当たり前の願いが無視・放置
され続け、今上御一家はじめ、まともな皇族
の方々が、

一部議員や役人の背信の輩や、犯罪集団に
取り囲まれている気配さえ感じられ、

御身の安全さえ定かでない中、ひっそりと耐
えておわすのではと、憂慮しております。

何時に成れば、つましくとも誇り在る日本に
戻れるのでしょうか・・。

37
2453

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

宮本タケロウ
物書きのはしくれ。千葉県在住。反原発、反米軍基地、反ヘイトが主義です。自衛隊さんありがとう。韓国が好きなので韓国語できます。雅子皇后陛下の悪口は許しませんし、秋篠宮家への中傷も許しません。 メール: takero.m@hotmail.com