仏ゴシップ誌が「小室圭さん問題」を特集 「愛子さまの即位」にも言及


文/稲生雅亮

フランスでも話題の眞子さまと小室圭さんの結婚問題

王室・セレブを追いかけるフランスのゴシップ紙『Point de Vue(ポワン・ドゥ・ヴュ)』が、眞子さまと小室圭さんの結婚問題を特集した。記事のタイトルは「日本のプリンセス眞子のあり得ない結婚(L’impossible mariage de la princesse Mako du Japon)」である。

書かれている内容は次のようなものだ。まず前半には眞子さまと小室圭さんの結婚問題について語られる。

プリンセス眞子さまと、庶民の小室圭さんの結婚は、当初は「おとぎ話(les contes de fées)」として国民から信じられていたが、小室圭さんの母・佳代さんが起こした金銭トラブルの醜聞が全てをひっくり返した。それでも眞子さまは11月13日に結婚への強い意志を示し、父・秋篠宮殿下は恐る恐る(timidement)「本当に本人たちが結婚を望んでいることなら、親として尊重すべき選択だと思う」と20日の誕生日会見で述べた。だが国民の祝福は得られておらず、結婚の見通しはたっていない。

続く後半では、皇室における女性皇族の微妙な立ち位置について述べ、女性天皇論についても軽く触れる。曰く、皇族女性は結婚するとともに皇籍離脱しなければならない。清子さまは結婚し「黒田清子」になるや、一般国民として新生活に慣れるために料理教室や掃除教室を受けたり、車の免許を取得した。愛子さまや眞子さま、佳子さまら女性皇族が現在の身分を保ち続けるためには、独身であり続けなければならない。このようないびつな構造は、日本政府が制度(皇室典範)を改正し、女性が即位する日まで続く-——と。

仏セレブ誌、小室圭さんを「ニセ求婚者」と断言!

海外には理解されない男系論

眞子さまと小室圭さんの結婚問題については、すでにニューヨークタイムズなどが概説的に紹介しているが、海外ゴシップ詩で嘲笑をもって紹介されるのは初めてのことだ。

「それほど踏み込んだ批判はありませんでしたが、使われている単語などから秋篠宮家のゴタゴタを小馬鹿にしているのは明らかでしょう。これをきっかけにして、海外王室から秋篠宮家が総スカンを受けなければよいのですが」(皇室ジャーナリストの佐藤公子)

また眞子さまの結婚問題を扱いながら、後半は日本皇室における女性皇族の立場についての概説だった。

「海外王室では男女同権理念が浸透しており、男系男子の長子相続制度を固守するのはリヒテンシュタイン公国のみとなっています。まして日本の場合は女性皇族は結婚し皇籍離脱した瞬間に、あらゆるてんで一般国民と同列になりますから、海外からすれば歪な姿に見えるのかもしれません。フランス人からすれば天皇の長女である愛子さまが即位するのは当然であって、醜聞まみれの秋篠宮家に皇統が移るなどというのは非常識に映るのでしょう」(同前前、佐藤公子さん)

日本の皇統は男系によって2600年以上続いてきたと伝説されている。だが秋篠宮家に皇統が移ることについて、日本国内のみならず海外からも厳しい視線が向けられているようだ。

仏セレブ誌、小室圭さんを「ニセ求婚者」と断言!


17 件のコメント

  • このゴシップ誌だけ取り上げられていますが、実は海外の王室好きは日本の皇室のことにも詳しく、弟の秋篠宮殿下のことも紀子さまのことも、その間に生まれて皇統を取った男児のことも知っているそうですよ。

    ましてや海外王室はもっと詳しく皇室の内情を知っていることでしょう。むしろ日本国民より詳しく。「プリンセス・マサコ」も英語で書かれていますから。

    だからこそ即位礼の時の王族達の満面の笑顔があったのですし、秋篠宮や紀子様への塩対応があったのではないでしょうか。

    今度は小室圭さんと眞子様の結婚話までゴシップにですか。恥ずかしい限りです。次の天皇の長女であり次の次の天皇の姉なのですよ。本当に秋篠宮家に皇統を移していいのでしょうか。

    今上陛下と元外交官だった皇后の皇女がいらっしゃり、なおかつ文武両道、性格は清廉温厚、人々を癒やす力をお持ちの唯一の皇女でいらっしゃるのに。

    751
    1357
    • 冗談にも出てこない様な話が、日本では
      平気で進められている。

      世界基準で、物笑いレベルは変わらない。

      為政者よ、職員よ、寝惚けてる?

      国民投票にでも泣きつく?

      これ以上、無能・無理念を晒すべきでは
      ありませんよ・・。

      7
      1298
    • 穏やかな御言葉で、日本の皇室の現状への、
      世界の評価を的確に言い尽くして居られる
      と感じます。

      世界のロイヤルが、日本の皇室に無関心で
      ある筈は無く、真剣に確認していない訳も
      ありません。

      論理的・実行的な運営に替わるべきです。
      此のまま国辱を晒し続けて好い訳はありま
      せん。 
                   by 令和の民A

      6
      1729
  • もっと海外でこの醜聞を取り上げて欲しい。
    愛子さまが天皇になるべきです。
    秋篠宮家は皇室始まって以来の黒歴史に他なりません。

    720
    1746
    • 元凶は粉婆に遡ります。

      ノーパン妃ごときは、
      婆の隠れ蓑にされ、誤
      魔化し道具にされて居
      る気さへします。

      悪辣さは甲乙付け難し。

      19
      1755
  • 敬宮さまの天皇即位望みます。

    秋篠宮家に皇統映ったら日本が壊れる。
    日本をなくしたくない、日本人としての国を失いたくない。

    男系で繋いでいくんなら繋いでもいいから、敬宮さまにどうか天皇になって頂きたい。
    デモにも参加しますよ。署名だってしますよ。
    実現目指せ‼

    684
    1734
  • 海外王室から秋篠宮家が総スカンを受けなければ良いのですが・・・・・・・・・・。
    とっくの昔に総スカンを受けていますよ!
    タイ王室以外。

    462
    1753
  • 敬宮愛子様の、
    天皇ご即位を切に願います。

    男系というなら、
    愛子様が旧宮家の男子の方と
    ご結婚されれば、いいと思います。
    天皇家の血も一層濃くなります。

    339
    1765
    • 秋家に皇統が移るなど・・。粉婆の思い通りに
      させて成るものか・・な、お気持ちからの事と
      は思いますが・・。

      愛子殿下の前途を限定したり、今更に、血の
      濃さなどを前提にされるのは・・・。

      血統の繋がりそのものが怪しいのは論外です
      が。

      5
      1761
    • 秋家に皇統が移るなど・・。粉婆の思い通りに
      させて成るものか・・な、お気持ちからの事と
      は思いますが・・。

      愛子殿下の前途を限定したり、今更に、血の
      濃さなどを前提にされるのは・・・。

      血統の繋がりそのものが怪しいのは論外ですが。

      5
      1751
    • 秋家に皇統が移るなど・・。粉婆の思い通りに
      させて成るものか・・な、お気持ちからの事と
      は思いますが・・。

      愛子殿下の前途を限定したり、今更に、血の
      濃さなどを前提にされるのは・・・。

      血統の繋がりそのものが怪し良いのは論外で
      すが。

      4
      1752
  • 秋篠宮家はすでに海外の王室から総スカンを喰らっています。
    王室のない国からもです。
    日本国内ではマスコミに持ち上げられていますが、
    海外では見たままが伝えられています。
    皇嗣になったからといってそれはかわりませんよ。

    472
    1763
    • チョコミントさま。よくぞ仰せられました。

      殊更に皇嗣などと言い立てても、繕い切れ
      るものでは有りません。

      幼稚・杜撰な演出など即座に見抜かれ、本性
      を晒しているだけ。

      執拗でシブトイ悪足掻きはイタイだけ。^_^

      15
      1760
  • 皆様、おはようございます。

    日本の国民は敬宮殿下の御即位を望んでおります。

    御即位を望んでいないのは秋篠宮家に忖度するごく一部の方々だけです。

    天照大神様の御加護により敬宮殿下の御即位が成就しますように。

    令和二年十二月十五日

    233
    1276
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    稲生雅亮
    元時事通信社編集委員、宮内記者会会員。明治大学卒業、時事通信社東京本社入社。大阪、千葉、岩手など地方支社局勤務の後、昭和48年本社に、同年宮内庁担当。昭和52年編集委員に。平成8年退社まで宮内記者会会員。昭和天皇崇敬会会報『昭和』に定期執筆。そのほかに、人物往来社や秋田書店などの皇室専門書を執筆、テレビの皇室特別報道番組、新聞、雑誌座談会など活動は多岐にわたる