小室圭さん登場は、70年前から「懸念されていた」 皇室が“一方的に破談すべき条件”に該当


文/小内誠一

眞子さま結婚は皇室の危機

眞子さまと小室圭さんの結婚は、皇室史上最大のスキャンダルと言ってもよい。近現代皇室史を振り返ると、「大正天皇婚約破棄事件」(1899年)や「宮中某重大事件」(1920年)と呼ばれる騒動が起きたが、いずれも皇室内のゴタゴタであり、決して国民を巻き添えにすることはなかった(仔細については浅見雅男『皇太子婚約解消事件』角川書店を参照)。

だが今回の眞子さまと小室圭さんの結婚については、国民の7割が反対(週刊文春デジタル2019年4月23日)しており、秋篠宮殿下さえも「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています。で、そのことは娘も恐らく同じ気持ちを持っていると考えております」と言ってしまうほどだ。

国民が「納得し喜んでくれる状況ではない」ことを自覚しているにもかかわらず、眞子さまは11月13日に発表された文書のなかで「結婚は生きていくうえで必要な選択です」「結婚に向けて、私たちそれぞれが自身の家族とも相談をしながら進んでまいりたいと思っております」と結婚の意志をむしろ固くされている。だが眞子さまは「国民の疑問」には無言を貫いた。

秋篠宮殿下、誕生日記者会見(2020年11月20日収録)


眞子さま結婚の何が問題か?

だが憲法には婚姻は「両性の合意」だけで成立すると書いてある。眞子さまと小室圭さんが結婚したいと願っているのならば、そのどこが問題になるのだろうか? 私の友人で現役の皇嗣職の一人が問題点を次のようにまとめてくれた。

「戦後の日本皇室は国民に寄り添うことを第一に行動してきました。憲法にも『天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴』と記されており、まさに皇室は日本の象徴的ご一家です。まして秋篠宮家は、11月8日の“立皇嗣の礼”をもって皇嗣家となられ、2600年余続く皇統を担う立場にあります。その秋篠宮家の長女・眞子さまが、内親王という社会的責任を放棄して、ただ『結婚します!』『国民が何を言おうと諦めません!』と発表するというのは、内親王に相応しいでしょうか。

メディアでは識者が『結婚は両性の合意だから、眞子さまを祝福するのが国民の良心』と言っていますが、私はむしろ『国民の声に寄り添わず結婚することこそが憲法に違背している』と言いたいです」(皇嗣職)

天皇は国民統合の象徴であるからには、皇室も国民統合の象徴的存在であることは間違いない。なら国民の総意に逆らって眞子さまが結婚することは憲法の精神に反するのだろうか?



皇室典範の立法者意思を確認する

12月3日に伊吹文明元衆議院議長が、二会派の会合で、「眞子さまは法律的には日本国民ではなく、基本的人権が制限されるのだから『結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとか』は適用されない」と主張した。別の記事で私は、皇室典範の制定時の国会答弁を調べ「皇室において“結婚の自由”が制限されるのは、皇統世襲にかかわる男性皇族だけであり、女性皇族については“両性の合意”のみで結婚できる」というのが立法者意思であったことを指摘した。

だがこれは今から70年以上も前の議論である。現在の皇室において男性皇族の数が極端に少なくなり、いまから30年後の皇室は悠仁さまお一人という可能性すらある。皇統問題は男性皇族だけで語られる時代ではなく、女性天皇・女系天皇・女性宮家・皇女制度と「女性」が皇統世襲に大いにかかわる時代になった。よって女性皇族の結婚も“両性の合意”だけで成り立つものではない——と考えるのは至極真っ当であろう。

ここで“仮の話”を想定して議論を進めていきたい。もし眞子さまのご結婚が、男性皇族の結婚の場合と同様に“皇室会議”の承認を経ねばならなかったとして、皇室会議がそれを否認したらどうなるのであろうか? 事実、秋篠宮殿下は「現状では納采の儀はできない」との見解を出されている。言い換えれば眞子さまが望む結婚を、秋篠宮殿下は承認できないというカタチだ。じつは国会答弁でこれと全く同じ状況が議論されている。

松本(七)委員 たとえば天皇が希望される婚姻をどうしても皇室会議が承認できないというような場合には、一体どういうことになるか、そのお見透しを伺っておきたいと思います

金森国務大臣 お叱りを受けるかも知りませんが、まずそういう場面が起らないように、適当に事物が実質において調節せらるるものであろうということを仮定をして、この皇室典範ができておるわけでありまして、私どもの大体予想しておる範囲外のことが現われました時にどうなるかということになれば、もとより皇室典範も国の法律であるまするが故に、その時に国のすべての智力を尽くして適当なる法律がまた生まれ出る余地もあろうと思います、今日あまり多くの場合を予想をして規定をするということは、実はこの典範は避けておりまして、そういう点が随所に現われております

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第四回 第六類第一号(昭和21年12月11日)

つまり、眞子さまのような結婚問題が起こることについて「皇室典範はそういった場合を想定していない。そういう事態が起きたら、その時に決めればよい」と答えている。ある意味、70年前から小室圭さんのような人物が現れることを予想しておきながら、それを想定した皇室典範にはなっていないのだ。



皇室典範の矛盾

眞子さまの結婚問題を考えるうえで、興味深い箇所がもう一つある。皇室側から結婚を破談にすべき「稀有の場合」について次のように述べる。

国務大臣(金森徳次郎君) それから御結婚の問題等につきましても、両性の自由なる意思によって御婚姻ができるのが本来でありまするが故に、皇室典範におきまして、それについて皇室会議の議を経ることになっておりますが、これとても最小限度にやむを得ざる制限だけをこれで期待しておりまして、たとえばその意に反する御婚姻が、この皇室会議によってできまするというようなことは、毛頭考えておりません、

ただ極くあり得べからざる稀有の場合を予想いたしますると、或は血統の関係等におきまして、皇室とどうも不調和なというような場合が、漸次諸般の制度が開放されて来るに従いまして、理論的には予想できまするので、そういうような場合につきまして、適切なるやむを得ざる制限だけを、この制度によって考えておる次第でありまして、実質においてはそう立ち入ったことを考えておりません

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第三回 第六類第一号(昭和21年12月9日)

現在の小室圭さんが「皇室と不調和」であることがどうしようもないならば、眞子さまの意志を通り越して破談にすることは可能であるかもしれない。また次のようにもある。

国務大臣(金森徳次郎君) 御説の通り憲法第二十四条第一項の規定に依りまして、婚姻は、両性の合意のみに基いて成立すると云ふことは厳然たる法則であり、之に対する例外ははっきりした理由がなければあり得べからざることと考へて居ります、

併しながら此の憲法の第三章に掲げてありまする所の自由権は、一応は絶対的の規定ではありまするけれども、而もそれは第十二条等に依りまして、「公共の福祉のため」と云ふ枠の中に於いてのみ用ひらるる規定であると云ふことは、憲法解釈上当然のことと考へて居りまする訳であります

貴族院皇室典範案特別委員会議事速記録第三号(昭和21年12月18日)

「公共の福祉」に反すれば、眞子さまの結婚は破談になる可能性がある。すでに70年以上前に、「想定外の事態」を想定したのだ。小室圭さんの登場はすでに予想された——。はたして秋篠宮家は眞子さまをどう説得するのであろうか。


18件のコメント

皇室がこんなにも国民から非難される時代が来るとは・・・実に情けない事です。
あの日一人の皇子が誕生した時に・・・このような事態になるとは、誰が予想したでしょうか?
神様がもう皇室は要らないと判断なされたのでしょうか?
何故、ここまで見っともない皇室に成り下がってしまったのでしょうか?
打つ手は無かったのでしょうか?

410
2

究極の疑問ですね。

”天皇制”などという、曖昧模糊なものが
”相手”ですから・・・。

如何手をつけて好いか分からないだろう
し、責任を負う覚悟など持てないし・・。

それでズルズル・ダラダラだった・・?

支えるも廃するも、国民の覚悟・・では?

【総意】は今何処に・・?

134
1

【天皇制”などという、曖昧模糊なもの】が,天皇家の国民への教授を示す事(国民の安寧の為に祈る事)と国民の尊皇心で,それこそ適度に緩やかな関係性て続いて来ましたが、不届記事な者が60年程前に入り込んだ事から,屋台骨を揺るがそうとしています。

決して皇室が悪いのでは無く,悪いのは秋篠家と自分の利益のみを追求して秋篠家遠利用する政治家と利益共有者達です。
でも皇室を考える良い機会になるでしょう。

憲法にあるから皇室は特別な存在として崇められるので無く,国民が再度皇室を選び直せば良いのです。

それには条件があり,敬宮様の継承とアキシノケの皇籍剥奪です。

186

皇室を考える良い機会になった
まさにそうですね!

皇室とは何か、国民一人一人が考えてみるといいかも。

44

すみません。

訂正です。

☆天皇家の国民への教授→天皇家の国民への矜持

☆不届記事な者→不届きな者

☆秋篠家遠→秋篠家を

アキシノケは間違えたのでなく,以前秋篠家と剥奪をセットで書いたら反映されなかったので念のため。

104
1

深く同意します。
根元から断たなければなりません。
そうでなければ皇室を守れません。

153

小室氏について、外国の信頼できる新聞社や通信社が「コリアンブラッド」と明確に報じています。
複数国です。祖父がそちらの出身だそうで。
外国の報道というのは、当該国の大手報道機関の引用、焼き直しがほとんどか、日本の記者からの情報をもらって書かれています。
とくにマイナー言語の日本語へのハードルは高く、自分で文献調査、取材するのはほぼ不可能だからです。(それを利用して、外国紙に「書かせる」ということもよくあります)

おそらく小室叩きの最大の問題は、この点なのであって、借金問題はそれを隠すためでしょう。
日本のマスコミは4年たっても、どこも書きませんね。
記者や皇室関係者は皆、知っているはずなのに、いつまでこんな芝居をやっているのか?
テレビも新聞もネットも、だれも言わないし書かない。
小内氏も御存知だとおもうが。
皇室については、もう、半世紀以上前から嘘だらけね。
ちゃんと掲載しろよ。

308
4

紀子さまも同じじゃないの?
だから「運命」とか眞子さま言ってしまうんでは。
家系図なんてお金出せばつくれますもんね。

281
3

前回の小室圭さん「文書」は嘘八百の可能性が濃厚で気になったコメントがありました。
「なんだか、昭和天皇の御心を無視し、太平洋戦争につきすすんだ戦前の日本政府と同じだ。
昭和天皇のご心配を無視し、好戦的な弟の高松宮を担ごうとしたんでしたよね。
歴史は繰り返す、そして今度こそ、天皇制は滅ぶと。」
「宮内庁長官が絶賛し、加藤官房長官が静かに見守る」
可笑しいと思ってる日本人は大多数。
にもかかわらず重い立場にある人たちはそれを無視する。
メディアや政治家と手を結ぶ皇族なんて信用できない。
お互いwinwinなんて。
前からもしやと思っていたけれど、静かなる戦争は始まっている気がしてなりません。
カルト系男系男子は日本人なんでしょうか?

218
3

外見などが似ている同系列の民族を巧妙に用いて統治させるみたいですね。

114

【メディアでは識者が『結婚は両性の合意だから、眞子さまを祝福するのが国民の良心』と言っていますが、】

これ,本当なんですか?
誰が言っているのですか?

たいへん驚きました。

ワイドショーは見ないので,これを聞いて煮えくりかえり続けた方には申し訳ないのですが。

【祝福するのが国民の良心』
これ,強制的にこうするべきと言っているのですよ。
まずこれを語った人は,コムロシ母の借金問題が結婚の障害になっていると強引に思わせようとしている。
そう言うように強制されているのか,評論家として恐ろしく知恵も分析力も,知識も無い方なのか❓
借金問題は導入,問題は公金横領,それも皇族がそれと理解した上でやっている。
眞子は理解していない,つまり皇族なのだからそれをしても構わない,許されると理解していて,反対する国民は謀反人くらいの感覚なのですね。

・・・

これは大問題です。
政府はこれを良し❗️としたのだから、これは明らかに政府と宮内庁の責任です。

私はもう眞子を見るのが嫌なので、とっとと結婚して出ていけばいいと思っていたが,既に眞子コムロシの問題でなく,それを許す政府と正しい道を信じたい国民の問題になってしまった。
政府は,【国民を二分させてはいけない】ともっともらしい理由で女性天皇の議論をしないが,充分に国民を不幸にしている。
こんなコロナ禍でも希望を見出したいと懸命に生きている国民を,愚弄している。

国民はどう行動したらいいのだろうか?

例えは良くないけど、病原菌溢れる旅行先に,行動の自由があるから,その地に祝福して旅行に送り出すのが人間の良心と言っているのと同じじゃないですか⁉️

147

今日、宮内庁の加地大夫の会見で、今回の小室氏の文書の作成に、眞子さんが関与していること、
そしてさらに驚いたのが、400万の借金の返済をしなかったのは、眞子さんの意向があったことを述べています。
借金の踏み倒しが眞子さんの意向とは・・・・。
前々からたいしたタマだとは思ってましたが、・・・あの佳代さんともうまくやっていけるでしょう。

そして、踏み倒しが眞子さんの意向だと宮内庁が公式の会見で発表するとは・・・・。

国民はコロナで大変です。
規模を問わず、企業の赤字、倒産が増えてきています。
失業やリストラが常態化しています。
もうどうでもいいので、マスコミは皇族については話題にするの、やめてほしい。
うっとおしくてしょうがない。
あほですか、っていってやりたいよ。

あなたも、長年ずっと、秋篠宮家の不正(眞子、佳子の裏口OA入試など)についてネグってきたわけですよね。
その結果がこういう形になって国民への負担(税金)として顕在化してきました。
多少の責任、あるんじゃないですか?

115

お難場のかじだいぶさんは、お気の毒‼️こんな宮家の世話をして意にそまない事が仕事とは。あの文書は秋篠宮家の職員か宮内庁職員が要点のみ作ったものでしょう。それに加えていき愚作‼️ある人は「採点するならゼロ」と云うぐらいの代物。美智子さんの圧力?に加藤官房長官は「見守る」西村宮内庁長官は「絶賛」加藤さんは、上手くすり抜けた❓泥水を飲むしかなかった❓西村さん、その一言で宮内庁は容認した‼️の御旗を得て意気揚々のおバカカップル‼️もっと酷い状況になったのも判らないとはトホホ。剥奪一直線だね。

92

匿名様 栂宮—様

思いますに、小室文書を読んだ人は皆この文書に対して嫌悪感を覚えると思います(多分)。
そして、これは詭弁であると読めばすぐわかります。

でも眞子さま秋篠宮ご夫妻はこれで国民への説明責任は果たしたと主張されたいようです。

1億超の国民のうち 反対99 賛成1 無関心(それどころではないのが多数。

この状態で

天皇陛下がこの小室文書をどのようにお感じになるか?

その後どのようなお言葉を発せざるを得なくなるのか 

御一家はお考えにならなかったのでしょうか?


陛下のお気持ちに陰落とすようなことを
皇室皇族がされていいのでしょうか?

英国フイリップ殿下の追悼かどうかは分かりませんが、たまたまテレビの洋画番組で第二次世界大戦中のチャーチルを題材にした映画をやっていました。

ナチスとの停戦協定か 徹底抗戦か
悩むチャーチルにときの英国王がされたアドバイスは「街に出て国民の声を聞け」。

映画ではチャーチルは地下鉄に乗って国民の気持ちをしかと受け止めていました。

今の時代は、街に出て地下鉄乗らなくても、市井の国民の声は拾えます。

形だけ整えてこれでよしとする御一家。

国民に対しての侮りはさておき、
陛下に対しての、不敬。傲慢不遜。

変です。

49

カヨサンにもキコサンにもコリアンブラッドが流れているそうですが、お二人共並々ならぬ意欲で日本の皇室入りにチャレンジされ、キコサンは肉体を使って皇室入り、そしてカヨサンはそのキコサンの娘を息子コムロの口先と肉体を使って嫁に迎えようとしているわけです。

現在秋篠宮家では
「全ては将来の天皇である悠仁のために」のスローガンの下に眞子を降嫁させようとしているとのことですが、この一家はその場その時自分たちの目の前のことしか見ないようですが、悠仁が天皇に即位したとして、コムロとは「将来の皇室を支えて行こう」と約束した間柄らしいので、影響を受けない何てことあるはずが無いと思うのですが、とりあえず現時点でマコを静かにさせるために(コムロと)くっつけるしかない。と言う対処療法なのでしょう。

皇嗣の方の「ようやくスタートラインに立てます。」と言うのは「いよいよ秋篠宮家には皇籍剥奪以外道がなくなった。」と言う意味合いなのだと思います。悠仁天皇などあり得ません。
愛子様立太子を期待しています。

157

 元婚約者の方がお金を返して下さいとおっしゃっているので、借金です。お金を返したら借金と認めた事になるから返さない❗こんな馬鹿なことを長々書いたコムロ文書に、日本中呆れ果てました。
 更にまこさんが文書作成に関与し、なんと借金踏み倒しがまこさんの意向とか。
 絶句しました。元婚約者の方はマンションを売り?お金が必要だからでは。何処までも全く国民に寄り添わないまこさん。血も涙もないミテコさん、きこさんと瓜二つ。ミテコ負債と秋篠家全員出て行って下さい。

114

前々から思っていたのですが小室さんは、まだ隠し玉を持っていて出すタイミングを図っているのでは⁉️例えば法を逆手に取ってアメリカ式に『結婚前契約書』を眞子さんとの間に交わしていて中身に「将来についての確約(もしもの時は二人の子が天皇に)」等とあるかも知れない❓考え過ぎかな?

59

象徴は重要です小室家はダメ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です