眞子さまの結婚は、なぜ許されないのか? 皇室典範の立法者意思は明確である


文/小内誠一

眞子さまの自由意思はどこまで許されるのか?

秋篠宮家の長女・眞子さまが「結婚は生きていくうえで必要な選択です」と語った13日。それから一週間後の20日は、秋篠宮殿下が誕生日会見に臨まれ「二人の結婚を認める」と正式にこれを認めた。というのも「憲法には、婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」と書いてあるからだという。

憲法が認めるから、眞子さまと小室圭さんの結婚を認める——言い換えれば「憲法の建前がなければ二人の結婚は認めない」——そう秋篠宮殿下は仰ったことになる。事実、殿下は「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」と述べた。この発言は2018年の誕生日会見で「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちはいわゆる婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」と仰ったことが背景にある。

つまり秋篠宮殿下は「憲法を建前に結婚は認めざるを得ないが、イエとして執り行う婚約(納采の儀)はできない」という見解を述べたということになる。

憲法第24条には「婚姻の自由」が定義され、戦前のように家長の許可がなくても二人の合意さえあれば結婚はできる。慣習として結婚にはイエとイエのお付き合いという側面が色濃く残っているものの、結納や結婚式、披露宴といった婚姻行事を行わずに結婚する人も多くなっている。もちろん格式の高いイエになればなるほど結納など婚姻儀式を欠かさず執り行う傾向がある。日本最高の格式(?)を誇る皇室が、婚約(納采の儀)を執り行わないとなれば、まさに前代未聞の事態になるだろう。

笑顔麗しい眞子さま。自信満々なお姿に国民は大喜びだ——ならよいのだが。


納采の儀はハウスルールだが、法的根拠がある

一部週刊誌(週刊文春2020年12月10日号)などで「結婚は両性の自由、婚約にあたる“納采の儀”は法的根拠を持たない“慣習”にすぎないので執り行う必要はない」という論調を見かけるが、これは半分正解で、半分間違っている。“納采の儀”を執り行う必要は必ずしもないが、これを行うことは婚約決定したことが法的に認められることになる。

いわゆる“納采の儀”(結納)は「結納等の法的性質は婚約の成立を確証し、あわせて婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(福岡地裁小倉支部、昭和48年2月26日)や「婚姻の成立を確証し、あわせて、婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(最高裁、昭和39年9月4日判決)と法的根拠を持つ。

つまり“納采の儀”(婚約決定)を執り行った後に、皇室側から“破談”を宣告すれば小室圭さんに「賠償請求権」が生じることが確実になる。(もっとも、ここまで大体的に広報してしまっていれば、“納采の儀”をしていなくても婚約決定として認められるそうであるが…渡邉アーク総合法律事務所・渡邉正昭弁護士談)。



自民党議員の提言

伊吹文明さん

ところで秋篠宮殿下の誕生日会見が公表された4日後の12月3日、自民党二階派の最高顧問を務める伊吹文明元衆議院議長が、眞子さまと小室圭さんの結婚に苦言を呈し、「国民の要件を定めている法律からすると、皇族方は、人間であられて、そして、大和民族・日本民族の1人であられて、さらに、日本国と日本国民の統合の象徴というお立場であるが、法律的には日本国民ではあられない。眞子さまと小室圭さんの結婚等について、結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとかいうことをマスコミがいろいろ書いているが、法的にはちょっと違う」と述べた。

つまり眞子さまは法律的には日本国民ではなく、基本的人権が制限されるのだから「結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとか」は適用されない、と言いたいのだ。だがこれはミスリードがある。

男性皇族の婚姻には皇室会議を経る必要があり「両性の合意」だけで結婚できるわけではないが、女性皇族については「両性の合意」だけで結婚できる——というのが正しい理解である。皇室典範の立法者意思を見てみよう。



皇族の結婚には自由が制限される

皇室典範の制定を主導した金森徳次郎

たしかに天皇・皇族の婚姻は“両性の合意”だけではなく、皇室会議の承認を経る必要がある。このことは皇室典範制定時の議論でも取り上げられている。

殿田孝次議員 また天皇及び皇族は自由意思によって結婚ができない、それと同時にまた離婚もできない、〔中略〕これは全部新憲法によって保障された所の、人間の基本的人権に対する極端な制限であると私は考えます。

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第三回 第六類第一号(昭和21年12月9日)

ではなぜ、天皇・皇族の結婚は制限されるのかと言えば、それは皇位継承を守るためであるという。

金森国務大臣 憲法は一般原則及び特別原則を含んでおるものと信じます、従って婚姻につきましては両性の同意を唯一の要件とするといふ規定は、一般的の規定としてもとより尊重し、効力をもっておるものであることは疑いがございません、しかし特別なる規定をも含んでおるものであり、すなわち皇室典範というものが、第二条において予想せられておりまして、皇位継承ということと組合わさるる関係におきまして、ここに何等か特別なる規定が生じ来ることをも是認しておるものであろうと存じます

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第四回 第六類第一号(昭和21年12月11日)

もちろん皇位継承は男系に限られるため、婚姻に「両性の合意」を唯一の要件にしないのは、皇族男子だけに限られるという。

金森徳次郎国務大臣 特にここに皇族男子という項を抑えまして、皇族女子の婚姻のことをここに書きませんのは、皇位継承ということとの関係から、男系ということとの結びつきでできておるのでありますが、さような意味におきまして、婚姻自身はなるほど自由でなければならぬ、しかし皇位継承という面から来るやむを得ざる特例というものは、これに加えられてよいのではなかろうかというふうに考えて来ます

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第四回 第六類第一号(昭和21年12月11日)

以上の金森国務大臣の発言から「男系の皇統を維持するために男性皇族の結婚については“両性の合意”以外にも条件が求められるが、皇位継承の外側にある女性皇族については“両性の合意”だけで結婚できる」というのが皇室典範の立法者意思であると確認できる——なのだが、実際には「皇統問題にかかわる婚姻の場合、その結婚が公共の福祉に反するならば、“両性の合意”があったとしても破談にできる」というのがホンネとしての立法者意思である。詳細は以下の記事に書いた。


10件のコメント

小内さま

この記事に寄せた私のコメントが消されてしまったので、再度投稿します。
AIでコメントが消されるとは、どういう仕組みなのか、私にはわかりません。
しかし、誹謗中傷ではないコメントが削除されたということは、明確な言論弾圧です。

日本国憲法
第二十一条
1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

日本国でこのような言論弾圧が行われていることに気がついてない人々が、まだ大勢います。
この事実が、もっと拡散されますように。

皇室が、不心得なものどもの食い物になって、税金が無駄遣いされることを危惧し、皇室などもう要らないという人もいます。
ですが、大多数の善良な日本国民は、皇室に敬愛できる品格を求めます。今上天皇陛下、皇后陛下は、そうした国民の思いを真摯に受けとめられ、困難な状況の中でも日々精進されておられるのが私たちに伝わります。だからこそ敬愛するのです。そこには、男系・女系の区別など関係ありません。
トランプ大統領をお迎えしたときの燦然と光り輝く天皇陛下・皇后陛下の堂々としたお姿を日本人として誇らしく思った人々は、大勢いると思います。
日本国民の総意に従えば、品格のある世界に誇れる皇室は、続いていくでしょう。
日本国民とともにある皇室の弥栄を願ってやみません。

—-以下、消されたコメント—-
令和の世は和を以て貴しとなす より:
2020年12月6日 15:49
小内さま
ご無沙汰しております。
コメントが復活して嬉しいです。ありがとうございます。
皇室は令和で終わりで良いという声が、多くありますが、私は決して令和で終わりにしてはならないと思います。
天皇家に敬宮愛子さまという素晴らしい皇女さまおられるのに、なぜ令和で終わりにしなければならないのでしょうか。敬宮さまがご誕生にならなければ、このブログに集う多くの人々は、秋篠宮家に皇統が移っていくのを指をくわえてみていなければならなかったでしょう。
天が敬宮さまを私たちに授けてくださったのは、ご神意です。

日本国憲法
第1章 天皇
第1条
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

国民が、政治家が、この憲法を順守すれば、皇室は続いていくのです。あきらめてはならないと思います。

228
1294

秋篠宮の皇位継承について問われるならば、

明確に【否認】する。

何時【国民の総意】を問うつもり・・?

138

【主権在民】建前だけのきれいごと?

今ほど民意が軽んじられている時は
無いと思うのですが?

166
1278

【国民の総意】を示すのは、次の国政選挙です。国会から男系男子派議員を一掃できれば、女系天皇への道は開かれるでしょう。小泉政権のときに妊娠テロの邪魔が入らなければ、敬宮さまは立太子できたのですから、今でも実現不可能では、まったくありません。秋家、前皇后に忖度する議員を国会から排除するのです。
皇室のために無駄な税金が使われるなんてことはあってはならないです。この点について天皇陛下は、すでにお考えをお持ちでおられるでしょう。天皇陛下とともに皇室改革を推し進めることができる政権が必要です。【主権在民】は建前ではありません。自分の投票権をいかに行使するか、にかかっているのですよ。あきらめてはいけないです。

160

比例選挙で自民党に入れると、自然に男系男子派が上に来ていて当選するようになってましたよね。
比例に自民党と書くと、誰が当選するか不確かになるので、他の党にしたほうか良さそうです。

119

自民党にしても、どこの政党にしても皇室については関心のある議員さんは少ないと思うのですが,確か共産党が【女性天皇】に賛成していたと記憶しています。

それだけの理由ではありませんが,今回は自民党には比例でも投票しません❗️
投票しないだけでなく,何故投票しないのかを自民党に伝えてから選挙に向かうつもりです。

棄権はずお勧め出来ません。
自民党はそれを狙っているからです。

63

この記事のタイトルの「眞子さまの結婚はなぜ認められないのか?~」がそもそも可笑しい。
なぜ認めようとするのか?誰がこの怪しい疑惑だらけの母子を皇族にしようとしてるのか?
今のままでは何が有ろうと眞子さまのご意向が最優先のようだから、道理の通じない混乱を増すばかりの秋家、宮内庁に政府、日本国は大丈夫なのかな?となる。
天皇制廃止を唱える共産党が野党共闘で選挙を勝ち抜いたとしたら、349と言われるカワタツの思惑どおりに進むだろうし、それもシャクにさわる。
ダンケイ男子に拘る安倍さんと、菅さんは若干違うようだからもう少しみまもりたい。

42
1

『眞子さまの結婚は、なぜ許されないのか?』←このタイトル⁉️

過去の記事に、そのまま過去の投稿。
小内様に何かあったのでしょうか?
コメント投稿も異様に少ないし。

婚約内定者 小室圭氏、また その母 小室圭与さんについては、婚約内定の裁可の後、この4年間で 様々なことが分かりました。
皇族の縁者には相応しくないと、反対の声が多く上がっています。

それでも、宮内庁・秋篠家・皇室最高権力者は支援し、400万円借金以外はしないという報道規制、YahooNewsは「結婚は既定路線」ばかり。
そのことで、不信感が高まり 皇室不要論まで上がっています。

コムロ氏が握る皇室の秘密=皇室最高権力者・秋篠家が皇族ではいられない実情(暴露本の内容)が 表に出ると、皇室の尊厳性が損なわれるから⁉️

今 問題にすべきは『眞子さまの結婚は、なぜ許されないのか?』ではなく、『何故 反対を無視しても 結婚を押し進めようとするのか?』では ないでしょうか❔

24

小内さま

ご無事のご様子、ほっといたしました。
私のコメントが、また削除されたのかと思って残念に思っていたところ、再度アップしていただきありがとうございました。
記事の内容とコメントが、かみ合っていないのですが、この時は、前皇后の圧力でコメントが、長いことできなくなっていたところ、再びコメントがつけられるようになったので急ぎ喜んで投稿したものです。あってはならない言論弾圧が実際に行われたのです。言論弾圧を退けた小内さまに感謝です。
今は、次回の選挙をどう投票すればいいのか、あれこれと思案中です。現行皇室典範で秋篠宮が、皇位継承順位1位であることは違法でも何でもありません。ですが、法治国家は、法を遵守しなければなりませんが、法に不具合があれば、それを改正しなければなりません。現行皇室典範のどこに不備があるかといえば、女性の血統を認めない男系男子継承にあることは、言うまでもありません。かつて、日本は、外国籍男性と結婚した日本国籍の女性の子供に日本国籍を与えませんでした。日本国籍の男性と外国籍女性の子供には、無条件で日本国籍が与えられるのにです。日本が女性差別撤廃条約を批准して、この女性差別を無くし、外国人と結婚した日本人女性の子供が日本国籍を取得できるようになったのは、1984年のことです。父系血統主義という女性差別は、一般国民の間では無くなったが、日本国の象徴である皇室にだけ残っているのは、どう考えたっておかしいでしょう。それを日本の伝統であると固執するのが、今の男系男子派中心の自民党政権です。これを突き崩す原動力になるのが、女性差別撤廃条約選択議定書の批准ではないかと調べているところです。今度の都議選で「女性差別 都議選」で検索するといろいろ情報がでてきます。残念ながら、私は、都民ではないので投票できませんが。
男系男子派は、自民党以外の政治家にもいますし、自民党にも男系男子にこだわらない政治家もいます。どの党にも良い政治家と良くない政治家がいます。政党こだわらず、良い政治家を選ばなくては。

29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です