雅子さまに、なぜ一年も医師がつかなかったのか 美智子さまが「考えが及ばなかった」と仰った想い


文/小内誠一

雅子さまお誕生日

12月9日は雅子さまのお誕生日だ。この日に合わせて宮内庁は、雅子様の“お言葉”に加え、医師団の見解をホームページ上で公表した。雅子さまは「今年は、特に命の大切さ、尊さについて改めて深く思いを寄せる年になりました」という美しい一文と共に、コロナ禍に苦しむ国難に心を寄せられた。その文章中では紀子さまのような「COVID-19」という聞きなれない言葉ではなく、「新型コロナウイルス」という解りやすい言葉を選ばれたことに、国民に寄り添おうとする優しき真心を感じられた。

コロナ禍で緊急事態宣言が出されていた折、秋篠宮家は総出で500枚の医療用ガウンをつくり済生会病院に寄贈されたことは記憶に新しい。皇嗣職の知人に聞いたところによれば、済生会病院の担当とミーティングされた際に紀子さまは「新型コロナ“ウイルス”ではなく、新型コロナ“バイラス”ですよね? ほかの単語は英語読みなのに、この単語だけドイツ語読みというのはチグハグです。国際正式名称のCOVID-19か、SARS-CoV-2を用いるべきでしょう」と持ち前の英語力と知識力を披露して、周囲仰天させていたという。

単語ひとつの使い方によっても雅子さまと紀子さまの「違い」が現れてしまうのは、本当に国民に寄り添う気持ちがあるのかどうかが現れた瞬間でもある。

雅子さま

医師団の見解と、雅子さまが倒れた日

令和となり雅子さまを拝見する機会は圧倒的に増えた。公務や祭祀にも積極的に出席され、立皇嗣の礼(11月8日)では、17年ぶりとなる肉声が国民の前に届けられた。

いよいよ全快・寛解も近いのか——そう思っていたのだが、12月9日の誕生日にあわせて発表された医師団の見解によれば「ご治療にあたらせていただいている医師団としても、ご自信につながる望ましいことと考えております」とポジティブな見解を前置きしつつも「皇后陛下には、依然としてご快復の途上にあり、ご体調には波がおありです」と慎重姿勢を崩さなかった。

思えば雅子さまほど苦しまれた皇后は歴史上かつてない。雅子さまが「適応障害」と診察されたのは2004年6月のこと。そのきっかけは、2004年5月10日に皇太子殿下(現、天皇)が「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言し、ようやく宮内庁が動き出したのだ。雅子さまのご病気の症状は、発表される1年近く前から現れていた。

医師団の見解によれば「2003年に子育てとご公務の忙しさからご病気になった」とのことである。大野裕慶応大学教授が主治医についたのは翌年の6月。雅子さまがご病気に倒れてから、一年近くも治療が行われなかったことは事実だ。

オランダ王室との差

一年ちかくほっておかれた雅子さま。傍でそれを見守るしかなかった皇太子殿下の想いはいかばかりだろか? 友納尚子さんの著書『雅子妃 悲運と中傷の中で』文藝春秋(2008)のなかに、当時の声としてライデン大学の歴史学者・ツ・ヴェルデ教授は、雅子さまと同じく心の病に苦しんだクラウス公の場合を次のように比較している。

「信じられません。クラウス公の場合、早期治療が大切だったため、ベアトリクス女王がとても力を注いだ。日本の宮内庁は体裁にとらわれすぎて治療が遅れたのでは」(ライデン大学歴史学のツ・ヴェルデ教授)

オランダ王女ベアトリクス女王の配偶者クラウス・フォン・アムスベルクは、1982年ごろ鬱病を発し一時表舞台から去ったことがある。反ドイツ感情が高かった時代のオランダに、ヒトラーユーゲントに所属したこともあるドイツ人がプリンス(王配)となることに反発は強かった。1966年にアムステルダムのウェスト教会で行われた結婚式は、デモ隊の怒号に包まれたという。こういったストレスが鬱病の背景にあると考えられる。

ベアトリクス女王の判断で、オランダの侍医だけではなく、ドイツやイギリス、スイスなど各国の医師や、さまざまなサポート体制の病院で治療を受けた。翌年には、ゆっくりとした時間を過ごすことがいちばんという医師の勧めから、ドイツの友人や親戚、姉妹の家に、女王と一緒に、ときには一人でも滞在したという。オランダ王室史研究で有名なハン・ファン・ブレーさんは次のように述べる。

「プリンセス・マサコは病気であるのに彼女の周囲は今でも本人を変えさせようとしているようだ。それがいかに負担になっているかということに気がついていない。クラウス公が病気のときには、彼が王室で最適に機能するために、周りもまた合わせていったことが回復に繋がったのです」(ハン・ファン・ブレーさん)

雅子さまが軽井沢の実家別荘で過ごせば、メディアがそれをこぞって叩いていた。『週刊女性』の記者だった松崎俊彌さんは次のように雅子さまを評価している。

松崎俊彌(「週刊女性」記者、皇室ジャーナリスト) そこに昨年暮れからの雅子妃の私的外出の報道が重なります。…中略…元日の祝賀行事のほとんどを欠席した雅子妃が、小和田家と東宮御所でおせち料理を囲んだ、といった記事が週刊誌などで毎週のように報じられました。両陛下とのお祝い御膳が一月二日でしたから、それよりも小和田家を優先するのか、と非難する声も上がっていますね。

『文藝春秋』2008年4月号

心の病と、美智子さまの想い

雅子さまの「適応障害」の治療が遅れてしまった理由には、❶嫁が実家で療養することを良しとしない旧来的な価値観、❷精神的な病は遺伝するとの価値観から腫物のようにこれを扱ってしまったという二つがあると思う。

❷についてだが、お妃候補の選定をする際には「色盲、近視などを含め遺伝性の病気がなく、不妊症でないこと」などいくつか条件がある(小田桐誠『消えたお妃候補たちはいま』ベストセラーズ、2019)。岩田仲生さん(藤田医科大学)は「精神的ご病気の発症は遺伝的要因がある」と述べている通り(藤田医科大学HP)、心の病は「親から遺伝する」という価値観は根強く残っている。ことに当初から皇太子殿下と雅子さまのご結婚に反対されていた美智子さまにしてみれば「ほれみたことか!東宮妃失格!」と得意げになられていた。

雅子さまが2006年にオランダ療養した翌年の2007年に、平成の天皇陛下は「私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません」と仰い、異例ともいえる皇太子家批判を展開した。そしてこの言葉は、実は美智子さまが言わせたものだ。根拠を示しておく。美智子さまは1993年に「私共は私的に海外の旅行をしたことがなく、公的な旅に家族を伴うということに考えが及ばなかった」と述べている。優しき美智子さまからすれば、雅子さまに専門医をつけたり、適応障害で国内外で療養することなど「考えも及ばない」ことだったのだろう。

心の病は2010年代に入り、理解が急速に進み、誰もがかかる可能性のある病気として認知されるに至った。美智子さまの心ない一言がなければ、雅子さまの治療はもっと早く開始できたのではないか——今でもそう思う。


43件のコメント

雅子皇后陛下、お誕生日、誠におめでとうございます。
令和の時代を迎えられてからのご活躍、ご一家の睦まじいお姿に触れるたびに、
令和になったことの寿ぎを実感しています。

どのように取り繕うとも、いずれは世に知られることを、
前天皇夫妻は身をもって呈してくれました。

いまは苦しい世ですが、ご一家と「共に」を思いながら、
多くの国民が耐えていると思います。

729
1093

【多くの国民が耐えている】

其のとおりだと思います。粉婆が
今だにのさばり続けている。

あまつさえ、自堕落・強欲・下賤の
宮家に皇統を移そうとさえしてい
る。

国民は直に観る事はできない。為
す術も思いつけない。

只、今上御一家を信じて耐えてい
るだけ・・。悔しいです。

257
1966

小内様

雅子様の適応障害と判断された当時の真実を書いて下さりありがとうございます。
オランダ含め、海外王室には、当時の無慈悲やバッシングをいかに冷酷にうつったことでしょう。

「考えが及ばなかった」とございますが、美智子前皇后は、来日した海外のレディ達への肘つかみ、ローマ教皇面会時のドレスコード違反等もなにも考えが及ばない方なのでしょうか?

720
1099

歪んでいるけれども、気が付かなかったフリ
ぐらいは出来る。中途半端で厄介なシロモノ
です。

196
1198

あなた様が考えも及ばない世界が
在るのです。

悲しくも、卑しく浅ましい者共も
住み合わせて居ります。

哀しく、あさましく、厳しく・・・・。

尊厳を保ち得ておわすあなた方は
希望の灯りです。m(_ _)m

151
1024

雅子皇后陛下、お誕生日おめでとうございます。
雅子皇后陛下をお妃にと熱望された天皇陛下は人を見る目が確かだなと、さらに尊敬する気持ちが高まりました。
色々な語り尽くせないこの皇室での人生と思いますが、国民は皆、きちんとした目で見ております。
雅子皇后陛下を私は何があっても応援しております。
ぜひ今後も、持ち前の外交力で日本の皇室の存在感を引き続き世界で輝かせてくださいませ。

天皇皇后両陛下、応援しています。

707
1049

皇室という誰もが注目する存在。動画も写真もお言葉も皆残ります。それが後でじっくりと検証されるのです。
恥ずかしくない言動、後ろめたくない公明正大さが、のちのちの歴史の検証に耐えるのですね。

今上天皇は浜尾侍従から、温かくも厳しく躾けられ、昭和天皇と香淳皇后のお姿を見て学ばれました。その結果、高邁な精神を持って生きて来られました。
雅子さまも立派な家柄に育たれ、またお父様もお母様も高潔な方々です。人に後ろ指をさされるようなことは厳に慎んで生きてこられました。

そういうものの積み重ねが最終的な人物評価になるのですね。
本当に心して生きたいと強く思います。国民にとって、とても良いお手本です。

672
1040

信頼と感謝と尊敬の強い絆で結ばれておわす今上御一家。

あらゆる面であやかりたい。尊崇し誇りに思います。

何処へ出すのも恥ずかしい、一部皇族モドキ共を払い除
け、幾久しくと祈ります。

241
1033

オランダでは、雅子さまの症状を早くから把握し分析していたのですね。
それで、静養の招待をしていただいた。感謝に絶えない思いです。
丁度、今、奥野修司さんの「天皇の憂鬱」を読み直していますが、「家計簿の中身とは―」で、愛子さまの「山中湖校外学習」(H23.9.14~二泊三日)に雅子さまが私的に付き添われた件の費用およびニオランダの静養の費用について分析・考察している。
もちろん書いてあることに嘘や間違いが見受けられる訳ではないが、その対象の選び方に悪意を感じてしまう。(世間のムードとして注目が集まっていたのは理解できるにしても。)
愛子さまの付き添いの件も医師によるアドバイスよって行い、愛子さまは立派に19歳を迎えておられる。
雅子さまも本文の通りである。
平成の皇太子ご一家は、「いじめ」を受けていたと感じられる。

681
1033

日本の関わりは永くて深い。

宣教師を尖兵とした侵略の卑・愚・無理を
悟り、公益の利に徹したオランダは賢か
った。

招かれた先での、幼なかりし頃の、敬宮
様の、無邪気に安心してハジケて居られ
た御様子に、

喜びとイタワシサを感じます。自国では
味わえなかった癒やしの時で在ったので
しょう。

改めて、オランダ王室に感謝。 m(_ _)m

216
1159

皇后陛下雅子さま
お誕生日おめでとうございます!
どんなに辛い時間を過ごされた事でしょう…、一言も反論する事なく陛下と共にじっと堪えられた事は忘れません。
敬える皇室をお守り下さい。

615
1051

皇后陛下、お誕生日おめでとうございます。
辛い事を乗り越えて本当の慈愛の素晴らしい御方です。敬宮愛子内親王殿下も成長されて
女同士の会話も楽しく賑やかでしょうね、来年は敬宮愛子内親王殿下が成年皇族になられ天皇陛下、皇后陛下と共にお祝いのワインで乾杯でしょうか?これからの一年もお健やかにお過ごしください。

454
1022

歪められ続け混迷を深めている日本の現状の中で、
今上御一家を拝する時だけは、信頼と癒やしの念
が湧きます。

話題にするのも汚らわしいモノ共の下らない情報
は無用。

15

雅子様、お誕生日おめでとうございます。
小内様、ブログ再開ありがとうございます。
小内様の勇気には頭が下がります。
他の人には到底真似できません。
何かここまで小内様を動かしているのでしょうか?
裏では様々なご苦労に耐えておられるはずです、!

ネットでももっと天皇皇后両陛下の味方が増え、皇室が正しい道に、国民が敬える皇室になることを願ってやみません。

506
1032

同感です。

今上御一家をお見守りするだけで、
何ら問題が無い日が訪れたら、
どれ程嬉しい事でしょう。

本来は当たり前に其の様である筈
なのに・・・。

13

神々しい皇后雅子様。

息を飲むほど麗しい雅子様のお姿に、ああこの方が日本の皇后陛下で本当に良かったと安堵する日。

このシルクのお召物も素晴らしくお似合いで、更に内側から光輝く皇后の威厳を感じ、誇りに思います。

国民に向けた御言葉も温かく、この上ないありがたさを頂戴致しました。

「 国民一人一人が、かけがえのない存在 」こんな御言葉を頂けて私たち国民は心から幸せです。

499
1043

虚しいでしょう? 哀しいでしょう?

誇りを持てないでしょう?

149
1158

皇后陛下お誕生日おめでとうございます。
国民の安寧をいつも慮り有難うございます。
お体を労わりご公務に励まれて下さい。

441
1041

あなた様の真心と御熱意を、微塵たりとも疑うもの
ではありませんが、

本来、皇后様が”ご公務”に同席・臨席される必要は
ありません。

其の”ご公務”事態についても、皇太子時代の今上
陛下は、国民の負担が増すばかりの”公務”の整理・
縮小を訴えられた。

天皇の本務は【祭祀】です。下々の近づくことも
窺う事も許されない世界でもあります。

其の厳しい御立場を支えられ、お力づけするのが
皇后陛下の御役目でありましょう。
 ーーーーーーーーーーーーーー
飛躍しますが。

万民平等・男女同権の今から観ても、日本は先端
的だった気がします。

初代神武は男だったでしょう。始祖アマテラスは
どう観ても女性だったでしょう。

歴史的にも、女性天皇は十代御八方おわしました。
性差に拘らず、”にほん”が護り続け、伝え続けて来
た”もの”とは何だったのでしょうか?

至高を求め、護り抜く覚悟と希いだったのでは・・。
m(_ _)m

127
1166

十代御八方の女性天皇を頂いた史実は在るものの、
”にほん”も男子優先・優位の尾を引き摺って居り
ます。

【原始、女性は太陽で在った】を対極として、
そろそろ本気で考えましょう。

筋肉力を前提とした、”力仕事”の時代は終わって
おります。

否応なく、次の基準の世界へ向かっております。

122
1165

小内さん、お久し振りです。
新たにサイトを立ち上げられ、又長らくコメントや賛成の意思が出来なかった事を思いますと、大変嬉しくなります。
美智子前皇后や秋篠宮紀子さんからの圧力を思いますと、意に沿わない事をも呑まざるを得なかったのでは無いでしょうか❔

本日12/9は、雅子皇后陛下のお誕生日ですね。
令和の徳仁天皇の奥方のはずなのに、何故かNHKのニュースや新聞記事では、スルー状態や寂しい紙面でした。
可笑しな話しですよね。
秋篠宮の時は、大掛かりだったのにね。

皇室に入られてお幸せだったんでしょうか❔
男子出産への重圧と平成時代の宮内庁の旧態依然や美智子前皇后と秋篠宮紀子さんからの嫌がらせの数々。
「人格否定発言」への無理解とバッシング。
外交官を諦めて迄皇室に入られたのに、長年叶わず芽を摘まれた国際親善への途。

令和に代替わりして、やっと本来の輝きと御活躍を発揮出来る様になられた雅子様。
聡明でお優しくて美しく年齢を重ねられている雅子皇后陛下、ずっとファンでしたし、これからも応援しております。

お誕生日おめでとうございます❗

467
1020

小内さまありがとうございます。

病気になったら早く治療する事です。心身どちらの病もです。
特に心療は具合の悪さは本人しかわかりません。
心療内科の研究が進んだ現在でも理解をしようとしない人はいます。
周囲に理解がないと根幹治療をしないまま放って置かれ、
その期間が長いほど回復にも時間が掛かります。その間本人は具合が進行してしまいます。皇后陛下もどれほどお辛かった事かと想像するとお気の毒です。
またご本人も周囲に迷惑が掛かると気にされたのかもしれません。
これからはお気持ちをゆったりとお持ちになりもっとお元気になられますよう。

361
1036

雅子皇后陛下は,心身何れに於いても
御病気ではありません。

お気持ちの清らかな貴方様にすれば、
虚偽の報道など想いも及ばれぬ事で
ありましょう。

が、哀しいことに、虚偽・扇動が当た
り前の世界に成り果てております。 

今上御一家に対しては当然として、
貴方方の様な清らかな御心を護るのも、
”庶民”の”つとめ”かと想いました。
         by 令和の庶民

142
1065

再開を嬉しく思います。
きっと皆さんも待ち望んでいたことでしょう。
なにより、こうやってコメントを入れる事、見る事ができて嬉しいです。

329
1029

私も同じように思います。

報道も政治も行政も、歪んでしまった日本で、

歪められない情報を発信し続けるには、

大変な困難が在る事でしょう。

あなた様と御一緒に感謝したいと思います。
      m(_ _)m

141
1151

雅子皇后陛下お誕生日誠におめでとうございます。
当時から、悪意を感じる偏向報道ではありましたが、まさかここまでと近年の皇室トラブル発端に出てくる膿だしに驚きつつも、
今上陛下や雅子さまの清廉で高潔なお人柄、お心寄せてくださっているのが感じられる、ご一家のご姿勢にますます敬慕の念が高まります。

本当に、変なところだけ目だって、祝いたい気持ちにもなれないことばと姿勢しか聞かれない某宮、宮妃の誕生日なんかより、皇后陛下のお誕生日のお言葉の方がどれ程国民は慶びを感じ、お祝い申し上げたいことか。

今日のお言葉も、本当に心に沁みました。
令和で皇室はなくなってもよい、とはやはり思いません。ふさわしい御方がおなりになればよいのですから。

両陛下や敬宮さま、そして皇族にふさわしい立派な宮家の方々の弥栄を願ってやみません。

317
1035

敬宮様には何の不満も不安も感じないし、
むしろ皇太子、天皇に成られる日を熱望
致します。

しかし、直系長子とか男子に限るに呪縛
されている限り、チャブの様な者が現れ
、その”残念”に付け込んで側妻としても
有り得ない悪辣・下賤が取り憑く事が無い
とは言えない。

相応しい方に継いでいただき、悪意・無能
を防ぎ排除する機能は必須と思います。

187
1052

皆様のまともなコメントに対して、
軒並み1000を越える下げポチ・・。

アルバイト君達の為した事なら、
安い手間賃で【ご苦労さん】。

無駄に頭数を揃えた職員の方々の、
婆やゴキに命じられての事で或るな
ら、【恥ずかしいでしょう?】
【悔しいでしょう?】【惨めでしょ
う?】

ノーパンは云うに及ばず、成り上が
りの粉女郎などより、折り目も筋目
も貴い方々で在りましょうに・・。

193
1310

古い記事ですね、美智子さんは思いが及ばなかったのでなく❗️もっと重篤になるのを待って東宮妃を廃藉しょうとホーチキと画策していたのでしょうね‼️宮内庁病院の医師は、毎日皇族の体調管理をしていたのに❗️握り潰していたのではありませんか❓じっと我慢で東宮妃と敬宮愛子内親王を守られた今上天皇陛下には頭が下がります‼️やがて風になる人の事を荒立てても虚しい限りです。ブーメランば、自分へ戻ってきます!数倍になり‼️
令和が永く続きますように。

117
1

反省はおろか、謝罪・償いなど望むべく
も無い狂女に、期待出来るのは其れ
だけですよね。

未だかなあ・・。何時かなあ・・。

只の駒では有りましょうが、呆れる程
の【想定外】が、60年以上継続して
おります。

14

情報技術やシステムに疎い身では在りますが、
私の様な横入り・割り込みをする者のセイかな
と感じております。

無礼かな・・と想いつつも、止むに止まれぬ想
いで投稿しております。

御不快ではありましょうが、何卒御容赦を・・。
                 m(_ _)m

ヤフコメもかなりの方達がコメントできない、って人いるみたいですね。
さっさと内定白紙してれば、こんな混乱になってないのに。
国民の声を大切にして欲しい。
規制かけなればいけない状態にしたのは、一体誰よ、ってことです。
日本であって日本でないような。。。

85

御見事なコメントです。

【日本であって日本でないような】

此のままであるなら、もう日本人
で居たくない・・。

とさえ想ってしまいそうな”日本”
ですよね。
             (^_^;)

11

以前の記事しか出せなくなっちゃったの?
ここに言論統制入っちゃったの?(涙)

76

以前の記事ではありますが、何度読んでもその度新たに考えさせられる内容の記事です。自分の小さな人生経験の中からは理解の及ばないことの多さに驚くばかりです。

子供の頃には「皇居は日本人の霊的発信地、皇族方は日本人のお手本」と単純に思っていましたが、大人になり、寛仁親王の皇室離脱宣言や現天皇陛下の「人格否定宣言」辺りから「皇族の方々もお一人お一人個性があり、お立場ゆえの葛藤をお持ちなのだろうな」と思うようになりました。

「国民一人一人が、かけがえのない存在」との雅子様のお言葉はいつもいつも私たち国民の心の中に響いています。

「ガリラヤ湖は、多くの水を受け取りますが、それ以上の水を放流しています。しかし死海は、ただ受け取るだけで与えません。貯め込むだけです。」
ある牧師さんのサイトにあった言葉です。

今上天皇と共に日本国民に多くの水を流し出してくださる雅子様。私たちは皆、雅子様がゆっくりとした時間を持たれ癒やされ回復して行っていただきたいと願っております。

87

この記事には直接関係はないのですが、

先日みどりの日に当たって今上陛下がお言葉を述べられた様子を動画で拝見しました。


第一印象、お声が若い。
確か去年還暦のはず。
ずっと以前のお若い頃のお言葉と同じ声の高さ。

また、一つ一つの文を丁寧に話されるので
文と文との間でちょっと息継ぎされているような
感じがします。まるで、その間で、聞く人はどう受け取っているかなと見守っていただいているような感じ。

最近、コロナでちょっとくらい世の中ですが、
今上陛下のお言葉を聞いていると心が洗われるような気持ちがしました。

雅子様も、愛子様もきっと 様々な軋轢があっても今上陛下(徳仁親王様)がこうした感じでおはなし相手になっていただいているのであれば、お心健やかに過ごされているのだろうと思いました。羨ましいです。

以前のこちらの記事で、
雅子様が、被災された方を慰問されていく中でお互いに癒し癒されておられるという記事を
拝見しました。

雅子様が被災された方を癒されてご自分も癒されているのと同じように
今上陛下も雅子様を支えられることによって
なんか パワーアップされていられるように感じました。

同じように愛子様ともお互いにそれぞれ尊敬敬愛されておられ、
それでご家族が、相互にパワーアップされていらっしゃる。

国民の私たちはそのご恵与をいただいているような感じです。

ありがたいです。

77

モドキ共の下らない忖度情報が流され、
其の分今上御一家の情報は稀。

其の限られた情報を拝するだけでも、
確実に平安と癒やしを受け取らせて戴
いております。

未だまだ、歪んで安くて軽い状況が続
いております。

13

天皇皇后両陛下がみどりの日の式典に出席なさったことは、あまり報道されず、脳天気なA一家が馬鹿みたいに皇居の石垣を眺めたという国民感情を逆なでするような報道のほうが大きくて、情報統制されているのだなと情けなく思いました。戦前とおなじですね。
それから、このブログも圧力をうけているのですね。その中で、この記事が再登場したのは、「皇后陛下が、またご病気になるように圧力をかけられている」ということをおっしゃりたいのではないでしょうか?心配です。「医師団」も信頼できません。

74

下げポチ部隊さん、正田さんのご指示ですか?
ご苦労さまです。これで、1000万円のお給料が頂けるなんていいご身分(税金泥棒)ですね。
あ、遅ればせながら、雅子さま、お誕生日おめでとうございます。

31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です