小室圭さん就活のため「弁護士法が改正」 2年後には“国際弁護士”として大活躍 政府が紀子さまに忖度か


文/小内誠一

眞子さま小室圭さんご結婚が確実に

眞子さまが11月13日に「結婚は生きていくうえで必要な選択」と思いを述べられ、30日に公表された誕生日会見で秋篠宮殿下が「結婚を認める」と明言して以来、お二人の結婚には追い風が吹いているようだ。

小室佳代さんとその元婚約者とのあいだに起きていた金銭的イザコザ。秋篠宮殿下が「それ相応の対応」を求めていたところ、なんと元婚約者が「返金を求めないということを公表しようと決めた」と『週刊現代』2020年12月5日号に発表した。だがさる現役の皇嗣職は次のように。

「元婚約者と佳代さんが円満に解決に至ったという発表ではなく、取り付く島もないため交渉を断念したという内容です。秋篠宮殿下が求めているのは『多くの人が納得し喜んでくれる状況』なのであって、粘り勝ちして相手を封じ込めることではありません。秋篠宮ご夫妻が、この件をどう思わているのかは解りませんが、少なくとも国民感情が好転するとは考えにくいでしょう」(皇嗣職)

とは言いつつも、眞子さまの結婚環境は着実に固まっているようにも思える。政府は、皇族女性が結婚後も公務に携わることが出来るよう「皇女」という国家公務員特別職の創設を検討しているという。もし実現すれば、眞子さまには年収600万円ほどが確約されるという(お車代を除く)。

秋篠宮殿下は誕生日会見で「結婚と婚約は別」という立場を固辞し、婚約にあたる“納采の儀”は認めない旨を述べてられた。また「秋篠宮ご夫妻は眞子さまに一時金の辞退や寄付を求めている」(同前、皇嗣職)とのことであるが、もし「皇女」が新設されれば、一時金がなくても結婚後の品位ある生活についてある程度の見通しがたったことになる。

小室圭さん就活にも追い風

だが眞子さまが「皇女」になっても年収600万円で手取りは457万円ほどになる。お車代はこれより多くなることは間違いないが、非課税である一時金1億5000万円と比較すればインパクトは少ない。皇室史の専門家・小田部雄次さん(静岡福祉大名誉教授)をして「度を超えた”お金目当て婚”」(週刊新潮2020年12月3日号)と表現された小室圭さんと佳代さんからすれば、「品位ある生活のためにもっとカネが欲しい」というのが本音だろう。

と思っていたら仰天すべき情報が舞い込んだ。

なんと政府は今年5月22日に「外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法の一部を改正する法律案」を発表し、海外の弁護士資格であっても日本国内で働けるように法改正を進めていたのだ。端的に言ってしまえば、小室圭さんがニューヨーク州で弁護士資格をとれば、国際仲裁や国際調停について日本国内でも法律事務が行なえるように規制が緩和されるというのだ。まさに「小室法」ともいえる今回の改正案に、ネットでは賛否の声があがっている。

最初は単なる偶然だろうと思ったのだが、先の皇嗣職は次のよう断言する。

「紀子さまは悠仁さまを東大に入れるために、お茶水小から名門・筑波大付属に入学できるよう『提携校制度』を創設させました。眞子さまの一件などもあり国民世論が逆風になっていたため、この制度は使えませんでしたが、紀子さまはご自身の利得のために最大限の努力をされる方です。9月11日の誕生日文書で『長女の気持ちをできる限り尊重したい』と紀子さまは仰っていました。眞子さまを皇女に、小室圭さんを高収入国際弁護士にしてあげたいと願われていたも不思議ではないでしょう」(同前、皇嗣職)

紀子さまならやりかねない——というのが現場の声のようだ。まさか本当に政府が秋篠宮家と小室家に「忖度」してしまったのだろうか?

考えすぎ——との声も

だが今回の弁護士法の改正を、眞子さまの結婚問題に組み込むのは考え過ぎとの声もある。皇室ジャーナリストの宮本タケロウさんは次のように。

「外国弁護士が国内でも活動できるようにすることは、グローバル化が進む中で必然でしょう。これを小室圭さんと結びつけることは考えすぎでしょう。また外国法事務弁護士として国内活動するためには、改正案でも2年の職務経験が必要ですし(註:法律案要綱第二を参照)、すぐさま小室圭さんの就活に結びつくとは考えずらいです」(宮本タケロウさん)

だが法律の専門家は次のように述べる。

「小室圭さんは現在でも奥野総合法律事務所に所属しています。なので2年の経験を積めばそこで国際弁護士として大活躍する道はの残されています。今回の法改正が小室さんをターゲットにしたものとは思いませんが、彼にとって追い風になっていることは事実です」(目黒国際法律事務所)

ともかく小室母子が「独り勝ち」している状況には間違いないようだ。

コメントの掲載可否は、Yahooニュースなどと同様に、AIによって判別されます。


17 件のコメント

  • 本当でしょうか。
    こういうことがまかり通って良いのでしょうか。

    真面目に、ひたむきに努力をして、その後に学歴や待遇や収入を得る事。
    お金が無ければ無いなりに、その日を生きる事を頑張り人様に迷惑をかけない事。
    何より、このコロナ禍でも日々必死で働き、人の暮らしを支えている国民にとても失礼ではないですか?

    理由を知りたいです。
    包み隠さず、国民の同意と納得を得るように、国民に説明義務があります。

    654
    1292
    • 小室さんに警備をつけ続けてるのは殺害される可能性があるからかな?
      いい気になってるからね!

      254
      1298
      • 小男を闇に葬りたい者達・・。居るでしょうねえ。

        何故か、警護まで着けて護ろうとする者達・・。

        両者の関係。夫々の都合・・。何なんですかねえ。

        14
        1256
  • >なんと政府は今年5月22日に「外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法の一部を改正する法律案」を発表し、海外の弁護士資格であっても日本国内で働けるように法改正を進めていたのだ。端的に言ってしまえば、小室圭さんがニューヨーク州で弁護士資格をとれば、国際仲裁や国際調停について日本国内でも法律事務が行なえるように規制が緩和されるというのだ。まさに「小室法」ともいえる今

    ここ、ヤフコメでも声が上がってます。つい最近もそのコメント目にしました。
    小室法というよりも、眞子さんと小室の件で何かしら背後で力が動いたとしか思えません。
    令和2年5月はまだコロナで緊急事態宣言が各地で少しずつ解除されていた頃。この時の首相は安倍さん。
    安倍さんは秋篠宮家と近いという週刊誌報道が出たくらい。その真偽はともかく、安倍さんは敬宮さまが天皇になれるようにという皇室典範改正を行おうとした頃、それを握りつぶした張本人。それは本人も認めています。
    その頃から安倍さんと秋篠宮家は親密なお付き合いなのでしょうから、小室のこともやりたい放題でしょうね。
    そういえば昨日の皇室ニュースで面白い記事発見しました。
    「内閣官房機密費、つまりは官房機密費が充てられるだろう。領収書もいらず、これで皇室の大問題を処理できる。もちろん、官邸は小室氏を海外へ追いやり、眞子さまとの婚約の“自然消滅”を狙う。皇室や宮内庁に恩を売ることで、今後の次世代皇室の動きもコントロールできると踏んでいるのだろう」

    『THEMIS』(2018年8月号)

    これが本当ならば小室は秋篠宮家だけじゃなくて内閣すら手玉にとるような何かを握っているのではないでしょうか?

    563
    1267
      • 短期の裡に、昭和期比二倍以上に膨れた
        内廷費の使途を示せと迫りながら、

        『プライヴァシーざます』で、あっさり
        引き下がった晋三ちゃんだから、其の様
        に思われても仕方無さそうですが、

        生まれ損ないのミテ婆如きに、そんな
        実力ありますかねえ・・・。

        10
        1249
        • 何れにしても、顎小男がキーマンで在る
          事だけは確かでしようねえ。

          豚姫のだらし無さに付け込んで、調子に
          乗っている小男も、

          所詮は安っぽくお手軽な駒なんでしょう
          ねえ。

          安手の猿芝居に、血税を浪費され続ける
          庶民こそいい迷惑。

          15
          1249
  • ブログの再開、おめでとうございます。
    ずっと待ってました。

    さて、なぜこんなにも、いち宮妃にすぎないキコさんが、
    こんなにも権力を行使できるのか、不思議です。

    ヤフコメなどでは、令和で皇室制度終わって良いとの意見も散見しますが、
    私自身も、愚弟一家に皇統が移行するようであるなら、
    令和で終わってもよいと思います。

    顔を見ただけで不快になる皇室など、必要ありません。

    697
    1259
    • 同感です。 更に申し上げるなら、キコから
      遡るミテコの時からの、有り得ない、在って
      は成らない事の連鎖している60年あまり・・。

      何なんでしょうねえ。

      豚姫絡みを観る時・・。遂に此処まで堕ちたか
      ・・ですねえ。

      醜女、悪女、愚女が、日本の文化、皇室権威
      失墜に、期待以上の”貢献”をしているのだけ
      は確かです。

      12
      1258
  • ブログ再開、ありがとうございます。
    待ってました!

    最近の秋篠宮家関連記事を見ていると、
    秋篠宮家全体が、「天皇家」を継ぐということがどんな重責かを全く理解できていないように感じてなりません。
    突出した教養、品位が求められ、国民から敬愛される存在。
    それにもっとも遠い宮家が、この家だと思います。
    どこをどうやってか知りませんが、紀子妃の何でも自分の思い通りに周りを動かすやり方は、
    引退されたはずの往生際の悪いお妃さまと同じ匂いがします。
    まぁ彼女を見習ってきたのでしょうから、しょうがないかもしれませんが。
    そもそも皇室と政治は切り離されて然るべき存在が、あの家は本当にどうかしている。
    これでは皇室の政治介入です。

    そして「皇女」は役職名ではなく、天皇のご息女の呼び名。
    ですから敬宮様以外に使うことは相応しくありません。

    あんな親子そろって詐欺師まがいの輩を姻戚関係など結ぼうものなら、
    本当に一家そろって皇籍から離脱していただきたい。
    今上天皇皇后両陛下の時代が、彼らによってどんどん汚されている現状を、許すことができません。

    492
    1264
  • 昨日から、今朝にかけて開かなかったので心配していました。
    先ずはほっとしました。
    再開出来て本当に良かったです。
    おめでとうございます。
    如何なる弾圧にも屈しないで頑張ってください。
    小内氏のサイトは私達の希望です。
    これからも応援し続けます。

    403
    1272
  • ブログ再開出来て良かったです。
    昨日から出来なくなっていたので心配していました。
    ひとまずほっとしました。
    小内氏のブログは私達の希望です。
    これからも応援しています。

    322
    1264
  • ついに菊ノ紋ニュースお取り潰しになったみたいだけど、常連さんたちはここに移住することになるの?

    231
    1266
  • 天皇ご一家に対する、平成からのバッシングは未だ根深く存在しているようです。
    秋篠宮家に対する、過剰とも言える忖度が、それを示しているのでしょう。
    本来であれば、天皇陛下そして皇后陛下が中心でなければなりません。

    そして、敬宮愛子内親王が皇太子になられることが当然だと思っています。

    214
    1266
  • 川嶋紀子は、拳、雑誌、テニスラケット等で殴る、足蹴りするなどの暴行を加え、スタンガンを押し付ける、頸部に手刀を加え気絶させる、タバコの火を押し付ける、アイロンを押し付ける、熱湯をかける、全裸にし写真や動画を撮る、性的な行為をさせ写真や動画を撮る、正座させた状態で足を踏み付ける、喉を手や紐で絞める、指を反らす、沸騰したお湯を無理やり飲ませる、御粥やインスタントラーメンだけの食事を強いる、大量の飲酒を無理にさせる、異物や汚物を食べさせる、女性性器に昆虫などを挿入する、食事時間を制限する、3日間くらいの絶食を強いる、水風呂に入れるなどの暴行や虐待を、日常的に繰り返しております。
    秋篠宮家女官らは川嶋紀子に逆らうことができず、川嶋紀子は女官らを意のままに従わせて支配しています。
    さらに、川嶋紀子は、女官を風俗で働かせ、上がりを上納させたり、相互に殺し合い(タイマン勝負)をさせたり、一般社会での万引きを強要したり、一般市民への殺人を教唆したりしております。
    女官を助けてあげてください。外国人記者クラブの方は、報道してあげてください。

    1262
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です