秋篠宮さま「立皇嗣中止」を申し出も、紀子さまは陛下に「猛抗議」


文/編集部

立皇嗣が迫る

4月19日の「立皇嗣の礼」が迫っている。昨年の即位礼から4ヶ月が経過し、一連の儀式はこの行事で終了となる。

今回の立皇嗣は、平成の立太子の礼を踏襲しながらも、21日の饗宴の儀では回数や招待客を減らし、立食形式を取り入れるなど簡素化の方向で調整が進んだ。

しかし、現在国内で感染の拡大が危惧される新型コロナウイルスの影響を受け、皇族方の公務も取りやめが相次いでいる。立皇嗣の礼では特に、多くの賓客を招く「饗宴の儀」の大幅な簡素化が検討されている段階だ。



国民は冷ややか

さて、昨年安倍首相は「(皇位継承に関する)一連の儀式の最後を飾る立皇嗣の礼が、国民の祝福のなかで行われるようお願いしたい」と鼓舞したが、国民の反応は陛下の御即位の行事と比べても非常に冷ややかだ。

言うまでもなく、眞子さまのご結婚問題に関して何一つ進展が見られないことが、秋篠宮家の評価をガタ落ちさせてしまったためである。

「殿下は一昨年の会見で『きちんと問題をクリアにして、多くの人から祝福を受けること』を結婚の条件に挙げました。しかしこの会見から1年以上が経過しても、秋篠宮家ではこの件を話し合われている様子すらありません。小室さんとの結婚、そしてNYでの暮らしに固執する眞子さまへの説得は困難を極め、既にご夫妻は結婚やむなしと諦めています。眞子さまはそんなご夫妻を尻目に、益々小室さんへの思慕を深め、小室さんのみを心の支えとされています」(秋篠宮家関係者)



陛下の“延期”ご決断におどおどする秋篠宮殿下

そのような状況の中、宮内庁関係者からある情報が入り込んだ。なんと、秋篠宮殿下が「立皇嗣」を中止する方向で動き出されたというのだ。

「先日、仙洞御所で陛下と上皇さま、秋篠宮さまが一同に介する機会がございました。現在国内で感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を重く見て、陛下が上皇さまに『一般参賀を中止する見込み』と報告する場も兼ねていました。

陛下は事前に学者らからこの事態に関してのヒアリングをされていたため、厳然と『非常に深刻な事態が予測されています。残念ですが、一般参賀は中止とします』と上皇さまに理解を求められました。一方、その様子に、同席した秋篠宮さまはおどおどされ『え、俺の立皇嗣はどうしたらいいと思う? 中止にしたほうがいい?』『兄さんはどう思うの? 父上は?』と陛下と上皇さまに意見を求められ…。

陛下は今後の状況次第であり、最悪の事態となった場合は延期もあり得ると毅然と仰っしゃりました。それを聞いた殿下は、残念そうとも安堵されているとも取れる表情を見せられ、『だったら中止のほうがいいな。紀子には兄上から説明してくれないか?』と求められたのです」(侍従関係者)



紀子さまからの入電

その後、この件はどうなったのか? 秋篠宮家周辺の人物が、後日談を語った。

「この三者会談の翌日、侍従宛に紀子さまがお電話を入れられました。『陛下に謁見を!』と強く求められたため、何とか取次頂いたようです。

紀子さまは陛下に、立皇嗣の中止などあんまりではないか、夫は弱気になっているだけだ、といった話をされたとのことです。また、規模縮小でも構わないから、延期や中止になどしないでほしいと求められたようです…。おそらく陛下も大変驚かれたことでしょう…。陛下の一存だけで決められることではなく、経過を見ながら政府と連携しなければならない事柄ですから…。何れにしても、立皇嗣を挙行できるかの瀬戸際です」(秋篠宮家関係者)

悠仁天皇を悲願とされる紀子さまにとって、立皇嗣の挙行は重大な“通過点”となる。それだけに、社会情勢をいささか軽視されている面もあるのかもしれない。


7件のコメント

暫定皇嗣の妃であるホーチキさん、貴女はあくまでご主人の暫定皇嗣を補佐する妃(妻)で、何の権限もありません‼️でしゃばらずに『ハウス‼️』畏れ多くも天皇陛下に直談判とは、栂の宮にも呆れる‼️過ぎた事でも怒りが湧く!コムケイの事も貴女主導で始まった事‼️坊ちゃんの心も悲鳴を上げてるのに理解出来ずに、詰め込み教育‼️聞くところによると、帝王学❓と称して経営学を教えているとか?皇族が商売するの❓英国を真似て 暫定皇嗣ブランドを売り出すつもりかしら❓笑笑

156

冒頭の写真
オータム鯰さんはエライ白髪ね。
当時から かなりの白髪、鬼嫁キー子に精神が参っているのね。

処で、抱いてる赤ん坊は誰の子?!

28

皇嗣殿下は、そもそも天皇になどなりたいとも思ったことないと思うのです。
そのお気楽さで、好きなことを発言しているのが面白かったのかと。
ところが、お妃である紀子様が男子を産んで「天皇はこの子よ!」になってから、どんどん追い詰められた。
酒と薬が頼りになり、二進も三進もいかなくなり。
カワシマの言いなりとなり、こんなはずではなかったとしても、もう進退問題にまで発展してしまいました。
ある意味紀子様もご病気かもしれません。
紀子様も当時の雅子様の代わりに、色々と活動はされたかと思いますが、結局「私はやれるのに」精神で、寄り添うことができずにいました。
それは数々の報道を見てきて今があります。
立皇嗣の礼を急いで行ったこともマイナスでした。
コロナ禍の中、皆疲れています、お金を湯水のごとく使った印象は拭いきれません。
不敬ではありますが、まず娘さんである眞子様のご結婚問題を直ちに白紙にし、その後次期天皇にふさわしいかどうかの国民のジャッジを受けていただきたく存じます。

151

キコさんはご病気ですよ。というか、秋家と上皇夫妻全員ご病気です。
雅子皇后陛下が適応障害と診断されたときに主治医は「他に治療が必要な人がいます」とおっしゃられたのですよね。
キコさんの迷言「ワタシハゴビョーキデハアリマセン」当時はなんて酷いことを言うんだ、と疑問だったのですが今でははっきりわかります。「貴方は付ける薬がないほどの重大な病気です。」

187
1

自分に「ゴビョウキ」なんてゴを付けるのは、おかしい。
どなたかのマネして、やっぱりこの人、紀コーリアン??

134
1

わかる人にはわかるということですよね。
上皇后様も紀子様も「劣等感」という呪縛から逃れることはできない。
だからといって、他人を巻き込み傷つけてはいけない。
他人を思いやってこその自分だ、ということに気づけずに一生を終えるのかもしれないです。
そんな風に思います。

146

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です