紀子さま「逆上」で、職員が「うつ病」休職に 「悠仁のために、あえて嫌われ者になっているのです


文/編集部(2019.10)

儀式でのミスが話題に

青空が覗き、虹が差した「奇跡の即位礼」から一週が過ぎた。

国内外の要人を招いての「祝宴の儀」も無事に終了し、御代替わりに伴う重要儀式は、11月10日に延期された「祝賀パレード」、その前日に開催される「国民祭典」、そして11月後半に予定される「大嘗祭」の三つのみとなった。

テレビ中継などでは「滞りなく」進んでいる一連の即位礼だが、細かいミスやトラブルも見られたようだ。メディアでは、のびり幡が風に煽られ外れてしまったことや、宮内庁職員が儀式の手順を間違えたため安倍首相の万歳の所作にも影響が出てしまった。

これらのミスやトラブルについては、すでにメディアなどで盛んに取り上げられており、ご存じの方も多いだろう。



秋篠宮ご夫妻ご立腹

のぼり旗の落下は不可抗力とはいえ、儀式の所作・手順間違いは人為的なミスだ。さらに、即位礼正殿の儀で所作を間違えた宮内庁職員は大ベテランであったこともあり、防げたミスであったことは事実だ。

だがこのミスに最も怒ったのは、天皇皇后両陛下ではなく、なぜか秋篠宮殿下だった。ミスした職員を“鬼の形相”で睨めつけ、儀式が終わった後に“キツイお灸が添え”られたことが、メディアを賑わせた。なぜ殿下はお怒りになったのか? その理由を、ある宮内庁職員は次のように打ち明ける。

「秋篠宮殿下は宮内庁と折り合いが悪い状況が続いています。昨年の誕生日会見では『大嘗祭を身の丈にあったものにしてくれと、宮内庁にかけあったのに、取り付く島がなかった』という旨の発言をなさったことがこれを象徴しています。

眞子さまの結婚延期問題についても、秋篠宮家と宮内庁が協力して対応すべきところですがこれも巧くいっていません。秋篠宮殿下としては、ここまで事態がこじれた原因は宮内庁の怠慢にあるとお考えのようですが、宮内庁としては自由を重んじ干渉を嫌がられた秋篠宮家の家風を重んじただけだという思いがありまして…。

今回、即位礼正殿の儀で手順を間違えたのは宮内庁職員にもちろん責任がありますが、これを“鬼の形相”で睨めつけ“お灸を添え”られたのは、いわば一種の憂さ晴らしのようなものだと考えております」(宮内庁関係者)

小室圭さんは秋篠宮ご一家に不和を起こしただけでなく、宮内庁との軋轢まで生み出してしまったようだ。



紀子さま逆鱗!

秋篠宮殿下が激怒したように、別の場所では紀子さまもまた激怒したそうだ。「饗宴の儀」で、次のような出来事があった。

「饗宴の儀の初日は、諸外国の要人らを招いての祝宴となりました。もちろん英語のみならず、フランス語やスペイン語などでの応対も必要になり、外務省の特別チームと宮内庁が共同して接待にあたりました。ですがこの連携がうまくいかないこともありまして……」(前同・宮内庁関係者)

宮内庁は国際交流に、外務省は宮中儀式に不慣れなのは致し方ない。ましてや数十年に一度あるかどうかという一大イベントだ。

「ブータン国王ご夫妻を案内する段になり、当初、間違った席に、しかも末端の下座に着座させてしまうというミスがありました。すぐに気が付き正しい席に案内しましたが、ブータン国王ご夫妻といえば、秋篠宮家と親密なことで知られます。してはならない大変失礼なミスでした。

このミスが紀子さまに伝わるや、饗宴の儀の終了後に、案内を担当した宮内庁職員は紀子さまに呼び出され、『どう責任を取るおつもりですか? 本件は宮内庁人事部に伝えておきます』と一時間にわたりご叱正いただきました…(前同・宮内庁関係者)



職員は休職へ…

ミスを紀子さまから厳しく攻め立てられ、この宮内庁職員は酷く気落ちしてしまっていたという。紀子さまの厳しさは非常に有名だ。

「紀子さまは日頃からお言葉が厳しいので、注意を受けた宮内庁職員が気落ちして休職や離職してしまうことも時々あります。今回ミスした職員も、大変厳しいご指導を紀子さまからいただき青ざめてしまい、精神的に動揺して倒れこんでしまいました。翌日から有休をとっています…。聞くところによればうつ病のようになってしまっているとか。

このような事態は今回に限りません。環境に耐えられず辞めていった職員もかなりいます…。そのため秋篠宮家は“ご難場”で、関わることすら嫌がる職員が多くなっています。紀子さまご自身は『私は、未来の皇室のため、悠仁のために、私はあえて嫌われ者になっているのです』と仰っていますが…。あまりにも厳しすぎて、ついていけねいというのが現実です」(前同・宮内庁関係者)

悠仁さまを立派な天皇に育てたい。そのためには「自身はあえて嫌われ者になってでも皇室をよりよくしていきたい」という思いが紀子さまにはあるのだろう。その思いが宮内庁に届く日はくるのだろうか?


13件のコメント

『自分に甘く他人に厳しい』典型のご夫婦、ということでよろしいですね?
不安になる・気分が落ち込む言い方を、気づかずに言ってしまうのは、性格というかそれこそ人格ですね。
悠仁さまを思うお気持ちはわかりますが、職員さえも味方につけることができないのであれば、先行きは推して知るべし。
皇室をよりよくしたいとお思いなら、静かに天皇陛下ご一家をちゃんとお支えしてください。
いくら男系男子である悠仁さまがおいででも、現在の問題で宮家自体が危のうございますよ。

267
1

宮内庁職員や国民に嫌われるのも厭わず
悠仁の為を思って それ程厳しく出来るのなら

先ずは 悠仁の為に 眞子と小室圭の婚約(内定)を破棄、破談とし
眞子如きに嫌われてみればばよい!

それすらも出来ずに 毎度 職員の方々を鬱に追い込む程 叱責するのは
お門違いもいいところ !!

186

20:48 (追記)
悠仁の為に 敢えて自分が嫌われ者になっていると云うと聞こえはいいが、

人望が全く無い紀子が 嫌われれば嫌われるだけ、
同時にズルヒトも 嫌われる事に気が付かないのだろうか?

紀子が何をしようが、ズルヒトに天皇の重責は無理!

149

【「自身はあえて嫌われ者になってでも皇室をよりよくしていきたい」という思いが紀子さまにはあるのだろう。】

こんな嘘っぱち情報記事を載せるなら,今何が起こっているかをリサーチして下さい。
あてにならないコムロシ【逮捕】【NYで勾留】がネットに流れていて,ここ1週間ほど変わっていません。
そうかと思えば,かなり信憑性ある動画のライブがなされなかったり。

今,本当のところで何が行われているのか❓

198

コメントさせないし‼️坊ちゃんを支えてくれる筈の職員を、病気にさせるパワハラホーチキ‼️アホの姉妹では、支えになんてならない事もわからんちん!コムケイだけで無く、妹彼氏も宮邸に居座っているとか❓でもさ、口汚い言葉使いはやめた方がいいですよ‼️お里が知れるから‼️
言論統制は止めないと‼️全ての意見を聞く耳を持つ事が賢くなる秘訣だよ‼️

190
2

天皇皇后両陛下だったら、大変な行事をサポートした職員を労ってくれそうなところですが。

感謝するどころか、体調に響くほどに職員に怒鳴り散らす。
こんな紀子に帝王学を授けられるヒサが、帝王になれるとは到底思えない。

222

漏れ聞こえるところによると、上◎后様もかつてはそうだった(甲高い声で叱責、左遷など)らしいのですが、本当なのでしょうか?
同じ気質なので気があうのでしょうか。

66

皇室は日本人の霊性の中心地。
平成30年間に日本に蔓延した苛めとパワハラのルーツはミチコキコの人間性を無視した完璧主義と異常なまでの自己偶像化にあるのではないかと思っています。

職員さんたちに圧力をかけ、瞬間最大風力を発揮させようとしているのだと思いますが、そんなことをしていては人材が潰れてしまいます。

上に立つ方々には天皇皇后両陛下のような、春の光のような暖かさでご指導いただきたいです。

169

それって本当に悠仁さんのためですかねぇ・・・。
あえて嫌われ者、ではなくただの(ものすごい忌み)嫌われ者だと思いますが。
そして、悠仁さまだけなのですね。マコカコどこいった?なんだかなぁ。ずれまくってますね。

150

そうなのです、マコ様カコ様のために、ってあまり聞かないです。
しつけ(お辞儀ちゃんとしろとか?)が厳しいとの話ですが、男子をもうけた途端に「ひさ、ひさ」じゃ子供の信頼失いますよ。
もうご自分の子供どころか国民から信頼されないって、呆れます。
未だに女性宮家創設には意欲的(政府も)らしいので、結婚させたら何も言わせないって強気な感じださらに嫌。

62

バカほど偉ぶりたいのでしょう。退職者は数知れず自死も3人でしたっけ?
思いやりのカケラも無いクズ夫婦。

157

やはり、皇室に入ってはいけない人だったんですね。
どんなに上昇志向が強くても、皇室に入るのはありえませんよ。
人には適材適所、持ち場があり、身の丈に合わない高すぎるところでは、自分の良いところも活きないし、周りを振り回して大迷惑をかけるどころか崩壊にまで行ってしまうのが今の現状です。
身の丈って大事なんですねぇ~。
今ならギリ間に合うかもしれないので、一家揃って(両親弟姪も)皇籍離脱してください。

112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です