雅子さまの「お手振り」は「ドライで素っ気ない?」ついに始まった天皇家バッシング


文/編集部 (2019.10)

天皇皇后たる者、一時もお手振りを止めるべからず

今月22日に「即位礼正殿の儀」を控える天皇皇后両陛下は、現在揃って日々のご公務に臨まれている。9月には、28日から1泊2日の行程で、国体開会式ご出席などのため、茨城県へ行幸啓されたのだが、令和初となる特別車両を連結した『お召し列車』でのご移動に思わぬケチがつけられた。

「両陛下は日章旗と菊の御紋が掲げられた列車にて、目的地の常磐線勝田駅へ、およそ90分かけて移動されたのですが、その際、沿線の各所で両陛下のお姿を一目見よう、と多くの市民や鉄道ファンが列車の通過を待っていました。ですが、その際、車両の一部でカーテンも下げられ、お姿が窺えない形になっていたことが問題となったようです」(皇室ジャーナリスト)

当初、一部のネットユーザーがこぼしていた不満が週刊誌等でも報道されたことで大きな騒ぎとなったようだ。



お手振り事件の真相

SNS上の書き込みから始まった「お手振り騒動」だが、後に、天皇皇后両陛下が電車からしっかりとお手振りされている写真もTwitter等で続々アップされ、あたかも、天皇皇后両陛下が見守る市民を無視されたかのような間違いは訂正された。

現在、公務の日程は短縮され、これまで平成の時代には基本的に2泊3日の日程で組まれていた公務も、1泊2日でスケジュールが組まれるようになった。そのため、今回の公務においても東京駅を10時過ぎに出発し、勝田駅到着までのおよそ90分の間、両陛下は車内でご昼食をとられたようだ。

短縮された日程の中で、周りの職員との打ち合わせも兼ね、時間をかけて召し上がるため、その間は、もちろん立ち上がってお手振りなどは出来ない。そのために、駅を通過する際にもお手振りが出来ない時もあったようだが、それでも、市民の期待に応えるために、可能な限り立ち上がってお手振りをされている。



心無い週刊誌報道

それでも、週刊誌報道の中には、辛辣な内容も少なくなく、週刊誌記事の中には、「人生に一度と思ってお召列車を撮影に。(中略)カーテン閉まっていて残念」「今の上皇がしてきた対応と比べると、明らかにドライ過ぎて残念極まりないですよね……」さらには「誠意が感じられない」といったネット上の批判的な書き込みの数々を紹介するものまであった。

あたかも、現在の天皇皇后両陛下が上皇上皇后両陛下よりも、体力や誠実さといった面で劣っているかのような書きぶりであるが、今後は、このような天皇家へのバッシングが強まる可能性は低くない。

かつて、天皇陛下の皇太子であった時期に『週刊新潮』では「皇太子殿下、ご退位なさいませ」と題する論文が掲載され話題となったこともあったが、週刊誌の記者や編集者の中には、いまだに天皇家に対して批判的な政治的に信念を持つ者も少なくないのだ。

改元後しばらくは、週刊誌等でも皇后雅子さまや愛子さまを称賛する内容の記事が多く掲載されたものの、政府が、「皇位継承順位を変更しない」という方針を発表し、秋篠宮殿下が自らの立皇嗣を国の内外に宣明する一連の国事行為である「立皇嗣の礼」を来年4月に控えている現在、このような「反天皇家派」とも呼ぶべき勢力が息を吹き返す可能性は低くない。

天皇家の名誉や尊厳を守るためにも、このような心無い報道や不当なバッシングに惑わされないよう注意が必要である。


15件のコメント

問題のすり替え工作が始まりましたね。
国民はバカじゃないのでこんな猫パンチには騙されません。
問題の本質も貴女方もちゃんとミテますよ〜。

こちらでも気に入らない/都合の悪い発言は削除されるのでしょうか?笑

310

サイト等に普通に書かれているが;
所詮、ミテゴンババァもキーキーオバハンも父方の沿革を探れば⚫⚫⚫⚫⚫出身のダイナソー。
しかしながら、(倫理上)政府は反対出来ないが、皇室・宮内庁は器が大きい?

112

美智子サマが 日本赤十字社総裁てあった時の、赤十字募金200億円が 行方不明たそうですね。

何処へ⁉️

157

1年半前の記事ですね。
今は状況がだいぶ変わりブーメランとはおめでたい。
来月にはいよいよ天皇家が皇居にお引っ越しされるとか。待ち遠しいです。

301

令和4年には皇室は平和に戻る、との占いを見ました。
こういう占いに期待を込めています(心の安定のためかもしれませんが)。
眞子様や秋篠宮家の長引く問題がある中で、皇居に引っ越しが完了され、天皇陛下の祈りのパワーが溢れることを願ってやみません。

283
1

>かつて、天皇陛下の皇太子であった時期に『週刊新潮』では「皇太子殿下、ご退位なさいませ」と題する論文が掲載され話題となったこともあったが…

今こそ、
「皇嗣殿下、皇族離脱なさいませ」と書いてください。

283

この記事の時よりも数段秋篠宮家を批判する声は大きくなっています。
それはもう挽回が不可能と言って良いレベルです。
両陛下と敬宮さまは変わらずに粛々とお過ごしください。
捏造して誹謗中傷を企もうとすぐに何が正しいのかは証明されるものです。

248

上皇后や紀子の得意技

マスコミ使っての印象操作

やればやるほど、自らに跳ね返ってくるということを学習してないのですね。うましかサンですね。

お二人の目頭の長さや邪悪な微笑みは、まるで実の親子のようにそっくりです。

黒田清子サンは上皇后に全く似てないのに紀子サンはそつくりです。
わざとらしい所作も古くさいダっサイデザインの衣装も。

雅子皇后陛下の足元にも及ばない。

216

執念深い事か。

こんな幼稚な印象操作が何時までも通用すると
信じて疑わぬ頭の悪さ。

我々を侮り続けている証でも在る。

ほんとに人間だろうかと疑いたく成る程の業の
深さ。86にして未だ此のレベル。驚異的。 ^_^

136

産まれてきたのが間違い。

存在が許せない。

其れが未だにノサバッている。

在るべからざるい・の・ち。
・・・?

43

抹消したいほどの存在。

其の基準は・・?

其処まで考えさせる程の
存在ですなあ。

歴史に残るかも・・。本人
も望むところかも。^_^

44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

稲生雅亮
元時事通信社編集委員、宮内記者会会員。明治大学卒業、時事通信社東京本社入社。大阪、千葉、岩手など地方支社局勤務の後、昭和48年本社に、同年宮内庁担当。昭和52年編集委員に。平成8年退社まで宮内記者会会員。昭和天皇崇敬会会報『昭和』に定期執筆。そのほかに、人物往来社や秋田書店などの皇室専門書を執筆、テレビの皇室特別報道番組、新聞、雑誌座談会など活動は多岐にわたる