皇統の男系維持は“多文化共生(ダイバーシティ)社会実現”のために必要である


文/宮本タケロウ

男女平等のために女系容認

皇位継承の議論では皇位を継ぐのを男性・男系に限った点が“男女差別”であり、「ヨーロッパ王室では古い女性差別をなくすために直系長子継承に変更した」など欧州王室が引き合いにだされて、批判されることがあります。

“男女平等”は近代的な概念であり、現代社会では守らなければならない大切な価値観であることは間違いないですので、確かに「ヨーロッパ王室では直系長子!だから日本も!」という主張には説得力があります。

しかし、それぞれの国や地域に固有の王権やリネージ(系譜)という文化に男女平等という理性的な論理を当てはめてよいのかという問題も同時に生まれます。

日本の皇位継承が男尊女卑に基いて行われてきたことは事実ですが、それを、近代的価値観やグローバリズムの潮流に基いて、変えて良いのでしょうか。

今回は、日本とは文化的背景の全く異なるアフリカ(南スーダンのヌエル人社会とガーナのアサンテ王国)の事例から、“王権やリネージの文化とグローバリズムの関係”を考えてみたいと思います。

まず、ガーナのアサンテ王国から紹介しましょう



女系で続いた王朝、アサンテ王国

日本の皇室は「皇統は男系の男子がこれを継承する」と決まっていますが、反対に「王統は女系の女子がこれを継承する」と決まっている王家があります。

西アフリカ、ガーナのアサンテ王国(アシャンティとも)という王国がそれにあたります。

実は、西アフリカは男尊女卑の社会で家の当主は男性がなりますが、その継承においては母系制であり、伝統的に、当主(男性)の姉妹の息子が跡継ぎになるという社会でした。当主の息子が跡継ぎにならない理由はなぜかと言うと、男は妻が生んだ子を本当に自分の子であるのかを証明できない一方で、女は自分が産んだ子を間違いなく自分の子であると客観的に証明できるからです。

アサンテ王国も同様で、女系の王朝と言っても、女王が君臨するわけではなく、アフリカ一般の母系制社会と同様に、王の姉妹の息子が王位後継者となりますが、珍しいのは「王」とは別に「王母」という地位があって二つの権威を両立させる政治システムがあることです。

「王母」は「在位中の王の母」を意味せず、「次の王の母たる王族の女」という概念で、多くは王の姉妹が「王母」に即位します。

例えば、王が崩御した後はその息子ではなく、王の姉妹の息子(女系の甥)が王に即位することになっていて、そしてその王の崩御後は、さらにその王の姉妹の息子が王位に即位するのです。

アサンテ王国の系図を見せましょう。

(阿久津昌三『アフリカの王権と祭祀』及びGhanaCulturePoliticsを基に筆者作成)

系図の見方は数字が王、アルファベットが王母、〇が王母でない王族女性です。

系図を見ての通り、アサンテ王家はMaanu(マヌ)という女性が始祖の王朝であり、代々女系でマヌの血をつないでいるのが一目瞭然かと思います。例えば、第12代王母アマ・セニャ・ニャコ(系図のL)は、母の母の母(曾祖母)に遡って王母位を継いだので、日本で言うと傍系宮家から皇位を継いだ光格天皇と同じと言えるでしょう。

また、王母は特定の家系の男子と結婚しなければその子供は王位に付けないとされていました。これは天皇が五摂家等としか結婚できなかったのと似ていますが、しかし、第6代王母アマ・セワ(系図のF)は貴賤婚をし、そして貴賤婚で生まれたクワク・ディワ1世(系図の9)が王に即位しました。

さらに、次世代の王と王母を生むために、結婚・離婚を繰り返した例もあります。



王母位は、王統に属する女系の女子が、これを継承する

どうでしょうか。曾祖母に遡っても、貴賤婚をしても、再婚を繰り返してでも、その子供が王や王母に即位するというのは、女系の血統こそが正統であり、始祖の女性マヌの血を引くからに他ならないと言えるでしょう。

アサンテの王権を研究する論文にはこう書かれます。

王母位の継承方式は、基本的には、直系=垂直(母子)型をとっている。直系継承が不可能な場合には離婚という強硬手段に訴えてでも傍系継承によって母性の機能を維持しようとしたのである。言い換えれば、アサンテの系譜は、擬制的なものを含んだ血脈の系譜的連続性における無窮性を表しているのである。

阿久津昌三『アフリカの王権と祭祀』、197頁

このアサンテ王国は20世紀初頭にイギリスによって行政的には滅ぼされましたが、象徴的な王家としてはイギリス植民地時代も生き残り、現在のガーナ共和国でも伝統的な王家として存在します。

日本の皇室とは正反対に、「王統は、女系の女子が、これを継承する」という王家が実在することをお分かりいただけたでしょうか。



南スーダンのヌエル人社会

さて、同じサブサハラアフリカでも、南スーダンのヌエル人社会はガーナと異なり、男系リネージが基盤の社会です。

ヌエル研究論文『エ・クウォス』(橋本栄莉、2018年)の「他者に出会うことは祖先を辿ること」という節にてヌエル人社会のこのような伝統が書かれます

ヌエルの典型的な挨拶の一つが、全く見知らぬ人物に名前を尋ね、その父たちの名前を尋ねていき、そして自分と他者の距離を把握するというやり方である。ヌエルの人びとの名前は、次のように自分の父系の祖先を辿ることで表現される。

自分の名前ー父ー祖父ー曽祖父ー曽祖父の父ー曽祖父の父の父…

したがって、互いに自分の父系の祖先の名前を順々に名乗り合っていけば、必ずどこかで同じ祖先(始祖)に辿り着く。ヌエルの人同士であれば、このように父から始まる祖父の名前を辿っていくことで、目の前の人と自分の「親族関係」(mar)を把握する事が出来る。

橋本栄莉『エ・クウォス 南スーダン・ヌエル社会における予言と受難の民族誌』九州大学出版会、2018年、123-124頁

ヌエルであれば自分の父系の祖先を知らないということはあり得ないことで、それは初対面の人と深い関係(恋愛、婚姻)を作る時に、相手のリネージ(系譜)を確認するためだそうです。父系の祖先を基盤にして、他者との関係を構築するというシステムですね。

これを人類学の用語で「分節リネージ体系」と言います。

そしてこれが、ヌエル人社会の”コスモロジー”ともつながっています。

ヌエルの人びとは、たとえまだ幼い者であっても自分の名から出発し、自分の父系出自を最後の祖先、即ちこの世に初めに誕生した「人間」やさらに人間を創った「世界」を意味するホアにまで続く、自分の父、母の父系の祖先の名を覚えているという。(中略)

そのため、われわれを含む世界のすべての者は、彼らの親族体系の中でいつか繋がる、遠い「親戚」として捉えられている。

同上、124頁

このような世界観を持つモラル・コミュニティでは、小さな子供でも”先祖辿り”が自然に暗唱できるらしく、6歳の子供にでも「あなたは誰?」「それは誰?さらにそれは誰?」と聞くと、例えばこう答えるそうです。

わたしはニャショル(自分の名)。ニャショル・シャール(父の名)、シャール・ショット(祖父の名)、ショット・シャアール(曽祖父の名、以下同)、シャアール・二ィエール、二ィエール・ダン、ダン・クアール、クアール・クアス(最小リネージの始祖の名)、クアス・ゴール、ゴール・クウォック、クウォック・ニャン、ニャン・ディナイ(低地ヌエルの始祖の名)、ディナイ・ゲー(ヌエルの始祖の名)、ゲー・ラーン(人間の始祖)、ラーン・ホア(世界)!

同上、125頁

父系の祖先の名前を辿って、最後には人類の祖とこの世界全体にまでたどり着く世界観がヌエルの人の伝統であると言えるでしょう。



ヌエルの父系コスモロジーも近代の産物?

なかなか複雑な社会だなと思いますが、ヌエル研究の祖とも言える『ヌエル族の宗教』を記した人類学者のエヴァンズ・プリチャードの報告によれば、1930年代のヌエル社会はせいぜい3代か5代前までの先祖を辿るだけであり、それ以上の先祖は遠い神話の存在と見なされていました。

しかし、現在は5代以上前の先祖も、遠い神話的祖先ではなく、実際の祖先であるかのように語られます。なぜより遠くの祖先まで辿るようになったかは、はっきりとはわかっていませんが、おそらく、前近代までは人々の居住地域が同一で、遠い先祖まで把握していなくても他者との関係が自明であったものが、近代化により都市への移動などが起こったことによる「距離と背景の知らない他者と出会う機会の増加であろう」と前掲の橋本論文には書かれています。

皇統の男系継承も文化

現在の皇室は”万世一系の皇統”や”男系”を基に語られますが、恐らく古代の天皇には自分が「神武天皇以来の万世一系を継いでいる」という自覚はなかったでしょう。古代乱立した女帝の時代には、母方の血統も重視されて皇位に就くことも多く、また8世紀の養老継嗣令では「女帝の子も親王である」と規定されていたことから、それは明らかです。

このような「緩やかな男尊女卑」により、なんとなく男系で継がれていたのが古代以前ではありますが、しかし、古代の中頃~後半から日本は中国から男系で継がれる”氏やの制度”を受容するなどし、遅くとも古代後期・中世初期には皇位は男系で継がれるのが当然であるという観念が形成されました(『女帝の古代史』(成清弘和)及び『日本古代の女帝と譲位』(遠藤みどり))。

そして、中世には男系の”世襲宮家”という、何代離れても、数百年離れていても天皇と擬制の父子関係を結ぶ(親王宣下)という慣習が創造され、近代に至りました。

現在のヌエル社会が遠い祖先まで父系で辿って他者との関係を規定するのは近代の産物ですが、だからと言って、それを「ヌエルの本当の伝統ではない」と言い切ることは不可能でしょうし、あくまで分節リネージ体系に基づいている以上、ヌエル社会の大切な文化の一形態です。

アサンテ王国の母系もヌエル社会の父系も皇室の男系も、それぞれの社会に大切な文化と言えるでしょう。



多様な文化をグローバリゼーションから守ろう

それぞれの国や民族に固有の王権やリネージ(系譜)の文化は人類にとって大切な文化遺産だと思います。

これを、男女平等や合理性の観点から、「アサンテ王国は、男の王の子供が王になれないのはおかしい」「王母がいなくてもDNA鑑定すれば、王との血縁関係はわかる」、また「ヌエル社会が父系で親族関係を規定するのは男女差別の風習だからやめるべき」としたら、合理的であるかもしれませんが、伝統の破壊だと思います。

日本の皇室はその継承の伝統を守るべきだし、アフリカは王母の母系継承やヌエル社会の父系コスモロジーの伝統を守るべきでしょう。

それぞれの民族に固有の王権は、グローバリゼーションが進んだ現代社会にあっても、世界はなお多様であると改めて気づかせてくれる貴重な文化遺産と言えるのではないでしょうか。


23件のコメント

済みません。タケロー読むと血圧上がるので読んでません。

文化の多様性って、日本文化に男系男子の文化なんてありません。そして皇室だって時代と共に変わってます。平民から嫁を貰ったり変わりましたよ。

日本文化は普通に娘に婿を貰ってますよ。そして家を存続させてきた例は多数。

216

こうなれば次期天皇は車イス♿で有りながらも御老体に立ち上がってもらいましょう!
【常陸宮義仁殿下】貴殿が次期天皇です。

37

皇統1万年の歴史の礎(いしずえ)と成る ヒサヒト君が⚪同⚪性⚪害ならどうなる?
子孫は諦めるのか?
天皇即位後【新年の儀】【新内閣官僚任命式】等の儀式にはロープ・デ・コルテのロングドレスにティアラを着けて臨むのか?

73

昭和電工の新潟水俣病のレポートを
読みたい!!
早く読みたい!!
まだかなぁーー

145

発⚪⚪⚪の悠仁くんを単独天皇では無く、愛子ちゃんと夫婦両天皇制にすれば良い。
《政略結婚の中世ヨーロッパで多々例が有り》
悠仁くんと愛子ちゃんが結婚して、その男子♂が皇統1000年の歴史の礎(いしずえ)創れば良い。
《従姉弟同士は結婚OKの筈》

4
207

汚らわしい事をコメントしないで下さい。

私は男女平等の観点から敬宮様に継承を望むものではありません。

が,宮本タケロウの言うように日本は【緩やかな男尊女卑】ではなく,あの森さん遠見てわかるように、国の中枢は,【露骨すぎる男尊女卑】です。
それにコメントにあったように,日本は古来から『男系で続いて来た』というのは大きな間違いであり,皇統は巧みに姿形を変えて,弛まなく続いて来ました。
それを言うなら,男系男子だけで続いて来た証拠を示すべきでしょう。
継体天皇はWikipediaによれば

【『記紀』によれば、15代応神天皇の5世孫であり越前国を治めていた。本来は皇位を継ぐ立場ではなかったが、四従兄弟にあたる第25代武烈天皇が後嗣を残さずして崩御したため、大伴金村・物部麁鹿火などの推戴(すいたい)を受けて即位したとされる。戦後、天皇研究に関するタブーが解かれると、5世王というその特異な出自と即位に至るまでの異例の経緯が議論の対象になった。その中で、ヤマト王権とは無関係な地方豪族が実力で大王位を簒奪して現皇室にまで連なる新王朝を創始したとする王朝交替説がさかんに唱えられるようになった[2]。一方で、傍系王族の出身という『記紀』の記述を支持する声もあって[3]、それまでの大王家との血縁関係については現在も議論がある】

5世の孫って【曾孫の孫】ですよ。
当てになるの?
今もって議論があるというのに。
【皇后は21代雄略天皇の孫娘で、24代仁賢天皇の皇女であり、武烈天皇の妹(姉との説もある)の手白香皇女である。継体には大和に入る以前に複数の妃がいたものの、即位後には先帝の妹を皇后として迎えた。】Wikipediaより

血筋を考えて読めばかなり乱暴な話。
そんな荒技を駆使して皇統は続いて来た,秋篠だって典範では継承出来ないのが分かっているから【特例法】なる物で形をつけようとしたから儀式として【立皇嗣の礼】がどうしても必要だっただけ,国民は誰一人望んでないのに。

海外の例ォ持ち出さずとも日本史を研究,それより先に私や他の皆様とも約束した【昭和電工の新潟公害のリポート】はどうなった⁉️

それと一昨日のニュース,両陛下はお手元金より今冬期の大雪災害地に金一封を贈られた。
こんな尊い大御心をお持ちの両陛下の姿を見てお育ちになられた長子,男系女子である敬宮愛子内親王殿下に継承して頂きたいという国民のに願いは至極当然であり,皇室史上最大のスキャンダルを抱えたギリギリ内親王を擁する秋篠家,諌めようともせず結婚を認めると発言,陛下に公式に『国民の心に沿うように両親と話し合うように』と宣言されても何も従わず、子供たちには忖度三昧で,先日の北九州のコンクールでの悠仁の作文,宮本タケロウは読んだのかな?
物書きの端くれと豪語するなら,是非これも全文紹介して,読評を掲載したよ。
これであなたの物書き具合も分かるというもの。

ほんとに,宮本も秋篠一家も【おとといおいで】だわ‼️

52

悠くんの実の父は 明仁さんだよね。
愛子さまの祖父は 明仁さん。

悠くんは、愛子様の叔父にあたるので、結婚は、…ちょっと 無理❗️

116
1

忌まわしい事ながら、貴方の御推論が
最も事実性が高そうであります。

此の事ひとつを採っても、ミテ婆一派
の大罪・凶業の罪深さを想う。

69

勿論、従兄弟は結婚OKであっても、血族でなかったとしても、14:32「匿名」さんのコメント内容には 反対です❗️
冗談や悪乗り❔、にお相手しました。

白猫むったんの動画、良かったですよ。ご覧になってください。

24

叔父と姪は法的には結婚出来るのでは?
出来なくとも愛を貫き子孫を作りなさいませ⁉️
昔、榮倉奈々が主演のドラマが有った様な気がする!

4
93

真理子さんのコメントへの返信機能が無いのは
どうして? 時折在りますよね。

※ 法の許容範囲で在るか以前に。

何故、敬宮とヒサ坊を結びつける想定迄想定迄
せねば成らないのか?

そうまでして守りたいもの、護るべきものとは
・・。何でしょう?

敬宮の御意思・尊厳・人格を否定する事では?

59

現行の『日本国憲法』では3親等以内の血族の結婚は、養子であっても禁止されています。
ただ、『大日本帝国憲法』では三親等であっても、結婚できました。

47
2

冒頭の写真
オータム・ナマズ文仁、キョトンと何を驚いた顔してるんだろう!
◎逹◎◎で⚪⚪疾⚪トンボ悠仁、やはり血筋 黒田サーヤに(特に子供の頃)ソックリね。

100
2

そうですかぁ?
メガネ外した紀子母にそっくりだと思いますよ。
輪郭も。

95
1

上皇さまにはどこをとっても似ていません。顔の輪郭・目・鼻・口・耳・額・髪の生え際。
体格・仕草等及び、陛下また黒田清子さんにも似ていません。
美智子さま、皇嗣さま、眞子さまには似ています。
やはり「DNA鑑定」は必要になるでしょう。

160
2

夜這いも寡婦殉死(サティー)も女性性器切除も伝統文化ですから守りましょう
人権やグローバリゼーションの名を借りた植民地主義者どもによる伝統破壊に抵抗しよう
ま、そういうことなンだわ

20
25

結局 世の中の女性天皇派の割合は
「A宮家」への不信任割合ではないかと思います。

男系男子に限るか
女性天皇を容認するか
女性宮家を認めるか
皇女制度取り入れるか?

これらの前提に
A宮家存続 とするか
A宮家継続 とするかで

各問題へのYesNoの割合変わってくるような気がします。

秋篠宮様が 徳仁親王様のように清廉潔白で分別があり

紀子様眞子様佳子様が 雅子様見習って国民の大変さに目を向けて
悠仁様が学習院で普通に通っていたら

女性天皇支持率下がると思います。

–男子限定派は きっとネットのニュースなど見ないのでしょう。

を置くと

違った議論になるはずです。

71

昨日のコメントに付け加えると、いとこは四親等なので結婚できますが、父親同士が兄弟の場合は血族としての血が親くなりすぎるということで、忌避されることが多いということです。
もっとも、敬宮様の場合はこのような政略的な結婚ではなく、ご両親のように唯一無二の方と結ばれていただきたいと思いますが。

46

ご紹介ありがとうごさいます。
日本の天皇制は発展途上国であるアフリカ諸国の部族の慣習のごとくのものであり、近代社会からはかけ離れたものだということですね。
日本国の象徴なんて大それたことは返上し、宗教法人にでもなって、伝統だけを守ればいいと思います。もちろん男系継承守りたいないなら守ればいいわ。

遠い昔、今のようにネットが普及していなかった頃に聞いた話になりますが、
美智子さまのお産みになったのは女の子で、ほぼ同時期に妹さん夫婦に男の子が産まれたそうです。
男系男子を重んじる皇室ではどうしても男の子が欲しかった美智子さまは妹さんの子どもと自分の子どもを交換したらしい。
との話を聞きました。当時は単なるガセネタだと思っていたのですが、皇室の話題が盛んに上るようになって、ネットで 美智子さま 妹さん 旦那さん
で検索してみると、昔聞いた噂話の信憑性はあると確信しました。
●宮さまは美智子さまの妹の旦那安西さんに顔立ちや雰囲気がとても似ていらしたのです。
●宮さまのお子さまが美智子さまの妹さんの恵美子さんの若い頃に似ていらしたのです。
安西さんの親、祖父母、曾祖父、曾祖母を遡っていけば、更に●宮さまや●宮さまのお子さまに似た方がいらっしゃるのかもしれません。

野良猫 さま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

宮本タケロウ
物書きのはしくれ。千葉県在住。反原発、反米軍基地、反ヘイトが主義です。自衛隊さんありがとう。韓国が好きなので韓国語できます。雅子皇后陛下の悪口は許しませんし、秋篠宮家への中傷も許しません。 メール: takero.m@hotmail.com