「癒しながら癒される」雅子さまが歩まれる新しい皇后の道


文/編集部

国内外で絶賛される新皇后雅子さま

改元後、新たに皇后陛下となられた雅子さまは、トランプ大統領夫妻との面会、G20開催前後に行った各国要人との面会等の国際親善の機会を経て、現在、国内外のメディアから大変な称賛を浴びている。

特に、国内メディアでは、これまで皇太子妃であった雅子をバッシングし、中には誹謗中傷に近いような批判すらあったものの、現在では手のひらを返したかのように、週刊誌ネットメディア等を中心に雅子さまを礼賛する論調の記事が並ぶ。

このようなメディアや世論の変化を、天皇家に詳しいあるジャーナリストはこのように語る。

「雅子さまは皇太子妃時代には大変なバッシングを受けていましたが、実は国民の中には雅子さまを支持し応援する人も大変多く、そのようなバッシングを不当であると感じ、違和感を覚える方も多かったハズです。

現在の、週刊誌等による雅子さまを絶賛するような内容の報道も、手のひら返しというより、雅子さまの本来の人気や実力がメディアで正当に評価されるようになった結果なのではないでしょうか。」(ジャーナリスト)

[adsense]

雅子さまの苦難の道

皇后陛下となられて以降、大変なご活躍をされる雅子さまだが、適応障害が完治したわけではなく、今なお、その病の苦しみと戦いながら日々を過ごしているというのが現実だ。

また、超エリートの外交官としてキャリアの断念、皇族としての生活の期待と現実のギャップ、マスコミからの不当なバッシング、適応障害等々、ハーバード大学を卒業し外交官として活躍した輝かしい経歴とは裏腹にこれまで雅子さまの歩まれた道は苦難の連続であった。

しかし、そのような苦難の経験こそが雅子さまが日本国民からこれほど愛され尊敬される存在にしたのであると、先のジャーナリストは語る。

「適応障害といったご病気も含め、自らの様々な辛いご経験があったからこそ、苦境にある人の気持ちを思いやり、深く共感することが可能なのでしょう。被災地訪問などでも、誰もが皆、一様に雅子さまの優しさと思いやりの心に触れて感激していたようです。」

被災地を訪れた雅子さまの姿

陛下と雅子さまは東日本大震災発生以来、17年までに被災3県を3巡されている。

被災地で、人々は雅子さまの姿に感激すると同時に、雅子さまに励ましの言葉をかける者もあったようだ。ある皇室記者は、当時の被災地での様子を次のように語る。

「被災者の方々は、皆、被災地を訪れて下さった雅子さまの姿に感激すると同時に、“頑張ってください”“応援しています”といった声をかける人などもいました。

 “お互いにつらい思いをしたからこそ、私たちとより通じ合える”そのような感想を漏らした被災者の方もいたようです。被災地での苦しい生活を過ごす中で、雅子さまの優しさと、深い思いやりの気持ちに触れ、思わず涙を流す方の数も少なくありませんでした。

[adsense]

雅子さまの進まれる新たな道

苦しみの中、ゆっくりとでも回復されていく雅子さまご自身のお姿をありのままに見せるだけでも、励まされる人々はいるであろう。

他者の苦しみに心から思いやり、共感を寄せ、人々と共に苦しみ、乗り越えていく。これこそが苦しい日々を過ごされてきた雅子さまが見出した新しい皇后像といえるかもしれない。


16件のコメント

東北の大地震がご自分を取り戻されるきっかけとなったように推察されるンだっぱ

103
107

結婚から25年間 365日(閏年366日)24時間 144分、寝室 リビング キッチン バス&トイレット 床下(シロアリ駆除業者対応中)裏の物置の前(スズメバチ駆除業者対応中)朝の中庭(家族でラジオ体操中)、陰険で壮絶な遠隔いじめによーーーく耐えられました。
これからは神々しい皇后として輝きましょう。

162
2

小内様、2回続いての他のジャーナリストの記事で、小内様の安否を心配する声があったので、今回の記事掲載で、少し安心しました。
かつてない素晴らしい方の皇室入りで、嫉妬や妬み僻みによる雅子様バッシングがあり、今なお お苦しみとのこと、、早くお元気になられますように。

母の介護で離職した頃、うまく事が運ばず私自身落ち込んでいましたが、母の「ありがとう」の言葉にとれだけ救われたことか。老いていく姿は私の行く末をみせてくれている、お互いに「ありがとう」の言葉掛けで、穏やかに過ごすことができました。

「慰問に来てあげたわよ」ではなく、「癒し癒やされ」痛みを共有し お互いにの存在を「ありがとう」と思えることの大切さを、被災地の方々も感じられたのだと思います。

今、皇位継承有識者会議が開かれていますが、痛みの分かる人徳のある方が皇位を継承され、国民の尊敬に値する天皇制、令和のよが永く続きますようにと、願っています。

257
2

主要全国紙が社説で採り上げている。

10代8方の女性天皇は、全て男系であったと断じている。

直系にして男系長子敬宮(様)には、触れようと云う気配
さえ無い。

それでいて、傍系女子の宮家創設については語っている。
分担せねば成らぬほどの”公務”についての言及も無い。

”体裁”を整えるためには、男子でさえ在れば何でも良い。
と言っているに等しい。

男子優位の思い込み。女性軽視、天皇お”飾り”になって
いると気付かないのだろうか?

※ 重要な見落とし、深刻な誤認がある。

天皇は、漏らすこと無く、違えること無く、民の願いと
祈りを届ける掛替えのない仲立ちであり、「かみ」そのも
のでは無い。

昭和天皇の”人間宣言”なるものは、深刻な誤認が前提の
、『何を今更・・』な事で在った。

GHQ の早とちり、勇み足、フライングだったと想うの
ですが・・・。

78

今上天皇皇后両陛下がご成婚の時、「日本にこれほどお妃にピッタリの方がいらっしゃた」ということに感嘆し、喜んだものでした。当時のお二人の人気はものすごく、外国からの賓客を招いた晩餐会での、華やかで美しく、それでいて可憐な雅子さまは素晴らしかった・・・それがあの人とあの人の嫉妬心を駆り立てて、ちょっと信じがたいような組織的で陰湿ないじめが始まり、雅子さまはご病気になられた。
皇后陛下は「お辛いことがあったからこそ、弱い立場の人たちに心から寄り添える」と、今になって言われますが、この失われた20年の責任を総括し追及してからでなくては、次代の皇室を考えることなど、できないと思います。 まず、嫉妬に狂って一人の人間を病に至らしめた前皇后と秋篠宮家の責任を追及し、敬宮様への皇位継承を確定して頂きたいものです。

240

物静かな、当然自然な御感慨だと想います。
其れ以外在るべからずでも在ります。

今上陛下御即位後、日も浅いと云うのに、
見当違いな後継者論議など、不敬にも程が
有ろうというものです。

敬宮(様)への”人格否定”にも等しい。
女性蔑視については云うに及ばず!

”おとこ”のバカさ加減を、これ以上晒すの
は、ソロソロ止めませんか?

154

1月の「震災に大喜びして、『慰安ツアー』」のミチコ様の記事を思い出しました。「慈悲深い私に感謝させる」ために、いち早く被災地に出掛ける姿。かけ離れた所から、一方的に憐れみの言葉をかけ、感謝を求める姿に 「傲慢さ」を感じます。

医学の祖 ヒポクラテスは、「ありがとう」という患者に「病気の事や治療の仕方を学ばせていただき、こちらこそありがとう」と応えたそうです。お互いに対等であってこその 「癒し 癒やされる」関係、雅子様のお姿と重なります。

雅子様の 長い苦悩を乗り越えられた姿に 被災者の方々が「頑張ってください」「応援しています」と声をかけることで、立ち直る勇気が内から湧いてきての 感謝の交流……皇后という高い地位の方が、より近くに感じられたのだと思います。

新しい皇后として、確実に歩まれる雅子様を、微力ながら応援させていただきます。
小内様、いい記事をありがとうございました。

185

物静かながら、確かで見事な御こゝろ栄えに

こゝろ癒やされます。

     by お仲間に加えて頂きたい民

108

聖母マリアを演じて慈愛を気取っていたミテコは、雅子様の登場で内面からの輝きと慈愛をたたえた人柄に衝撃を受け、急激に沸き起こる嫉妬と憎悪に狂って醜くい上皇后に成り果ててしまったのだろうか?

元宮内庁職員のつぶやきで取り上げていた記事で「宮内庁の大失態」を読んだのですが、メキシコ大統領が来日されたときの歓迎式典で雅子様の紹介を上皇(当時の天皇)が飛ばして、隣にいた秋篠宮が紹介され、握手した事件です。
公式 の華やかな場面で無視されたにも関わらず、テレビ放映にしっかり残っているにも関わらず、何の問題にもされずのちに文春で友納さんというジャーナリストがこのスルー事件を掲載したところ宮内庁からの抗議のクレームがついたと言う記事でした。
更に1年後、宮内庁からの謝罪があり判明した事は宮内庁が間違っていてウソをついてたのです、

今上陛下が皇太子の時に行った、人格否定発言の事も、今まで具体的な内容が分からなかったのですが、この事件を指していたのでしょうか?てっきり男児を出産しないことかと思っていました。

数々の嫌がらせが有ったのですね。今は徐々にブーメランの現象が起こっていて良かったです。
悪鬼は成敗されて清浄な皇室になるように望みます。

140

「匿名」様

上皇様のすっ飛ばし事件ありがとうございます。

思えば、「人格否定発言」の出た時の最初の私の感想は、お舅さんが「男子に恵まれない嫁は嫁じゃないと扱っているんだなぁ」でした。

上皇様ラスボス説は、最近カーテン記事(3月17日の皆様のコメント)でも拝見し、

もしや?

と思い始めた今日この頃です。

61

有識者会議が始まり、政府の対応など発表されたものをそのまま読むと、非常に不快になってしまうのですが、深く感じ入ってみるとこんな風にも思えてきます。
今慌てて結論を出してしまうと、皇室で最も権限のある方や皇位継承の順位を持つ方がいる宮家の意のままになってしまうので、徐々にそちらの悪の力が弱まるのを待ち、自らの行動で墓穴を掘るように失態を犯し(あるいは心身の不具合で)、これではさすがに無理でしょうという流れになっていくのでは、などと思って自分を慰め納得させています。
マコムロ問題は秋家による国民へのハラスメントだ、という声もあり、長引くほどに心身に堪えます。
本当は、愛子さまにこそ!という風に円満に物事が進んでほしいのですが、それをそのまま通そうとすると大暴れする大権力者がいるので、政府もマスコミも怖いのでしょう。
こちらやヤフコメにコメントを入れつつ、後は静かに祈るしかないという心境です。
天皇皇后両陛下と愛子内親王殿下の本当のお力が、誰にも邪魔されることなく発揮されることを祈っております。

100

大権力者” ”政府もマスコミも怖いのでしょう”

幼稚な粉婆にそこ迄の力が在るとは、思えませ
ん。

しかし、不可解極まりない事に、現実はその様
に推移してまいりました。

皇室・皇族の威信をトコトン貶め、国民と分断し
ようという意図が働いているとしか思えません。

太ましい○タむすめの件に至っては、”遂に此処
まで来たか”でしかありません。

粉女が倒れてミセ様が、思考回路欠落女が喚き
散らそうが・・。特殊なモノからしか相手にされ
なく成った淫乱女が強情を張り続け様が・・。

本来ならば、安っぽく・みっともなく・取り沙汰
する必要も無い下らない事。むしろ隠すでしょ
う?

其れを御大層にいちいち報じて騒ぎ立てる。
”にほん”は、そんなに安くて小さい”クニ”に成
り果てたのでしょうか?

32

「癒しながら癒される」雅子様の記事をありがとうございます。他者の苦しみに心から思いやり、共感を寄せ、人々と共に苦しみ、乗り越えていく。

福島の女性が、雅子様から励ましを受けて看護師になる決意を固められ現在看護学校で学んでおられるとの記事を読みました。このコロナ渦でより一層その大切が認識される看護師という仕事です。頭脳も肉体も極限まで使う看護師さんたちの医療現場の環境が整備され「癒しながら癒される」職場になりますように。と願わずにいられません。

家庭でも職場でも令和の年号を目にする度に文字と重なって天皇皇后両陛下のお姿が浮かび、励まされ「自分なりにベストを尽くして頑張ろう」と思わされます。

令和の天皇皇后両陛下のお働きにより、日本列島が癒し癒されお互いをかけがえのない存在として大切にし合って行くことが出来る環境になって行きますように。

69

祈りにも似た、なんと美しいコメントでありましょう。

背筋を伸ばされる想いが致します。    m(_ _)m

40

コメントありがとうございます。

(看護師は)本当は高度な頭脳労働でありまた人を癒やす仕事でありながら、旧い価値観から単純肉体労働の枠に入れられ、また無理やストレスから虐めやパワハラが多く志があってもやめて行く人が多い職業です。

長年の虐めに耐えられた雅子様の存在により、日本の働く女性たちに「癒やし癒され」て行っていただきたいと毎日祈りの気持ちでおります。

40

小内様、皆様、おはようございます。

皇后陛下のお姿を拝見するだけで心が和まれます。

本日は歌会始ですね。天皇陛下や正統な皇族方とのお出ましを今から楽しみにしております。

令和の御代が末永く続きますようにお祈り申し上げます。

令和三年三月二十六日

41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です