天皇陛下「靖国神社に親拝」の条件とは 宮内庁長官・侍従たちの証言を紐解く


文/小内誠一

終戦記念日を迎える

毎年8月15日がやってくると、メディアでは「終戦記念日」と表現されるが、言い方を変えれば「敗戦記念日」とも表現できる。この終戦記念日にあわせて毎年のようにテレビや新聞が取り上げるのは、「首相や政治家の靖国参拝」「天皇の靖国親拝」だ。すでに靖国神社は高度な政治問題に発展していて、国の要人が参拝することすら国内外から頻出を招くことになる。

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」という超党派の議員連盟があるが、政治家ともあろうものが一人で靖国参拝すらできとは情けない限りだ。なお右系・保守系に属する安倍首相ですら、参拝は2013年12月を最後にそれ以降は一度もできずにいる。

ところで右派・保守派にとって「首相の靖国参拝」は一里塚にすぎず、真の最終目標は「天皇の靖国親拝」だ。言い方を変えれば、天皇の靖国親拝は到底達成できそうにないので、ひとまず「首相が靖国参拝できないのに、陛下が親拝するはずない」ということにして、(これもまた達成できそうにない)「首相の靖国参拝」の実現にこだわるのだ。



記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

なぜ天皇陛下は靖国親拝しないのか?

靖国神社は何のために建立されたのか? それは天皇のために戦死していった者たちの慰霊と顕彰のためだ。ゆえに、天皇のために死んだわけではない者、たとえば明治維新で朝廷側と戦い死んでいった会津藩の兵たちは祀られていない。2016年に亀井静香氏(元自民党建設大臣大臣)と石原慎太郎氏(作家、元東京都知事)などの働きかけで「賊軍と称された方々も、近代日本のために志をもって行動した」と主張し、朝敵であっても靖国合祀の対象にするよう働きかけたが、拒否された。

この時の靖国宮司は徳川康久氏で、名字が示す通り、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜の曾孫にあたる。ゆえにむしろ朝敵の側の出自であり、徳川宮司個人としては「賊軍でも合祀すべき」という意向もあったようだ(島田裕巳「靖国神社・元ナンバー3が告発した「靖国が消える日」の真意」現代ビジネス2017年8月3日)。

にもかかわらず朝敵の合祀が否決された理由は、間違いなく日本遺族会や崇敬者総代会などの反発だ。そもそも靖国神社宮司に松平永芳氏を推薦し、A級戦犯合祀を後押したのは時の日本遺族会会長・石田和外氏(元最高裁長官、日本会議議長)であったことは夙に知られる(『靖国戦後秘史』毎日新聞社)。

靖国神社にA級戦犯合祀を進めるにあたり、松平宮司や石田氏は何度も宮内庁を訪れ是非を尋ねていた。宮内庁は陛下の代理人として「A級戦犯など合祀しては、陛下が参拝できなくなりますよ」と何度も警鐘を鳴らしていた。このことは宮内庁内でも有名な話で、私も先輩方から何度も聞いているから間違いない。しかし靖国神社はA級戦犯を合祀を強行し、これを境に昭和天皇は靖国神社に親拝しなくなった。



記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

侍従たちの証言

ここで重要となるのは、靖国神社側は、昭和天皇の代理たる宮内庁の警鐘を無視してA級戦犯を合祀した事実である。よって合理的に考えれば、昭和天皇が靖国神社に親拝しなくなったの理由は、靖国神社がA級戦犯を合祀したからだ。

ゆえに、保守派がもし「天皇陛下に親拝いただきたい」と心から願うのであれば、A級戦犯を合祀した靖国神社を責めるべきところである。しかし保守派にとっては「A級戦犯を合祀した靖国神社に天皇親拝を!」であるため、なぜか靖国神社を疑問視することはない。

なので昭和天皇が靖国を親拝しなくなった理由について、「A級戦犯合祀」を原因とするのではなく、「三木武夫首相が『公人ではなく私人として参拝した』などと発言したために、公的存在である天皇陛下が参拝できなくなった」という理論を構築している。

もちろん天皇が私人として参拝するのか、公人として参拝するのかは重大な問題であり、これも昭和天皇が靖国親拝をやめた一因として考えられるだろう。だが、やはり主原因はA級戦犯以外には考えられない。そこで侍従たちが残した日記などの資料を再読し、その根拠を上げていきたい。

富田メモ

昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を示した根拠として最も有名なのは富田メモだ。富田朝彦(1920-2003)は昭和天皇晩年の宮内庁長官を務めあげた人物として知られる。その富田長官が昭和天皇と交わした会話をメモの形で残していたのが「富田メモ」だ。次のようにある。

私は或る時に、A級が合祀され
その上 松岡、白取までもが
筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
松平の子の今の宮司がどう考えたのか
易々と
松平は平和に強い考えがあったと思うのに
親の心子知らずと思っている
だから 私あれ以来参拝していない
それが私の心だ

富田メモ

メモにある「松平」とはA級戦犯を合祀した松平永芳宮司の父(松平慶民)のこと、「松岡」「白取」とはそれぞれA級戦犯の松岡洋右と白鳥敏夫のことである。「だから 私あれ以来参拝していない それが私の心だ」という一文こそが、昭和天皇の気持ちを端的に物語っていよう。



卜部亮吾日記

富田メモが世に出たのは2006年。その年は小泉純一郎首相が終戦記念日に靖国神社を参拝したこともあり、このメモばかりが有名になったが、その他にも多くの証拠が存在する。たとえば昭和天皇と香淳皇后に仕えた卜部亮吾侍従の日記には次のような記述が確認される。

靖国神社の御参拝をお取り止めになった経緯

直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず(2001年7月31日)

『卜部亮吾侍従日記』第5巻、朝日新聞社

先の富田メモとほとんど同趣旨だ。この日記は平成13年(2001)のものであり、すでに昭和天皇が崩御された後のものである。つまり昭和天皇の靖国親拝取り止めの原因が「A級戦犯合祀」にあったことは、宮内庁内でよく知れ渡った事実であったことを裏付ける。

また昭和天皇の大御心に反してA級戦犯合祀を強行した松平宮司を次のように。

靖国合祀以来天皇陛下参拝取止めの記事 合祀を受け入れた松平永芳は大馬鹿(2001年8月15日)

『卜部亮吾侍従日記』第5巻、朝日新聞社

また松平宮司の評判は宮内庁内でも芳しくなかったことは、入江相政侍従長(1905-1985)の日記の中にもある。

長官室へ行き橋本徹馬氏が面会したいの件を伝へる。永田事件で国会などいろいろあるし、また靖国神社の松永(*松平)宮司が馬鹿なこと、浩宮様の御留学について反対を云ってきたとか。(1983年3月14日)

『入江相政日記』第6巻、朝日新聞社


小結

以上のように、昭和天皇が「A級戦犯合祀」を不快に思い靖国参拝をやめたことは、揺るがない歴史的事実である。そしてこの精神は平成、令和にも受け継がれている。

平成の時代、天皇陛下が神社を親拝なさるとき、そこにA級戦犯が合祀されていないかどうか確認を必ず取った。それが陛下の御意によるものなのか下っ端の私が知る由もないが、かなり慎重に徹底して確認していたので、少なくとも御意を忖度した行動であることに間違いはない。

とりわけ護国神社に陛下や皇族方が参拝されるときは慎重になった。宮内庁は靖国神社や護国神社などイデオロギー色の強い神社をあまり信用していない。電話確認では「A級戦犯を合祀していません。どうぞ安心していらしてください」と言っていたのに、実際には合祀されていたことがあったからだ。知らず知らずのうちに陛下がA級戦犯の祀られた神社を親拝してしまわないように細心の気を使っていた。

そもそも平成になってから皇室と靖国神社・護国神社の関係は希薄になった。上皇陛下はパラオ・ペリリュー島を訪れ戦没者を慰霊したが、靖国神社を親拝することはなかった。これが昭和天皇以来の大御心であるといわざるを得ない。

ゆえに靖国神社の天皇親拝が叶うとすれば、それはA級戦犯合祀取り止め以外に道はないだろう。


27件のコメント

S級戦犯がA級戦犯の霊を讃えることに何が問題があろうか
A級戦犯合祀なんて欺瞞でしかないンだわ

55
26

私は貴方をあまり信用しておりませんが、
今回の発言については、本質を衝いて居
られる思います。

分祀すれば事足りるというものではない。

只、殉国の士方を、戦犯・・、まして天皇
をS級などと断じる事には、決して同意致
しかねます。

更に、天皇とは私人であることを許され
ない神位の筈。

戦略こそ違え、己の営利栄達の為に振る
舞われた方など居られなかった筈・・。

親拝を拒絶される根拠で在るなら、無念
極まりないと存じます。

駄民の増感です。

17
2

徳仁天皇は大阪の靖国神社と云われている、大國神社に参拝すべきでアール®️⁉️

2
14

やっと意味が通じましたが、

合祀と分祀を打ち間違える
事など、

滅多に在る事では無い様な
・・・・。

貴殿の心底、測りかね申す。

26
1

こういうウヨサヨワードはIME変換で記憶されると気分悪いのでコピペで済ましている
だから間違えてしまったンだわ

8
5

昭和天皇がなぜそこまで
A級戦犯合祀(反対)にこだわったのか?

学びたいテーマがまた一つできました。

39
3

すみません、下げポチ押してしまいました!
間違えた時に訂正出来るようにならないでしょうか?

39
1

この問題

やたらAI さん 過敏?

はねられまくりです。

文章工夫して再度トライします。

40
1

戦争への道を進ませた人を戦争に巻き込まれた人と合祀することは、時の天皇としてはどうしても受け入れられなかったのではないか。
自分にも責任があるのに、それを容認することは、平和を希求すると決めた戦後を、象徴天皇として生きることと相矛盾することになるから。

73

匿子様

わたしの浅薄な知識では

昭和天皇陛下は戦前 立憲君主であられましたが時の内閣のご意向を尊重されていた=戦争を止められなかった。

終戦の詔は軍部や当時の政権の反対を押し切ってのご英断と聞きました(映画だったのかも)。

戦争中 天皇陛下のためと若者を戦場に駆り立て
た方が一方におられ、

それを辛いお気持ちでご覧になっていたのが陛下だと私は、これまでのものの本を読んで理解しておりました。

69
3

追記です。 出典 未確認です。うろ覚えですが書かせてください。

1
天皇様「無私」のご人格。お小さい時からの帝王教育として 時の人格者さん達が心を込めてご教育されたとのこと。(昭和天皇様然り)

2
その 無私の器であられた昭和天皇様が 「これがわたしの心だ」と側近に漏らされる。

3
八百万の神と対話し 日本とその国民の幸せを祈っておられたものは戦後からではありません。

4
1945までの10年以上の間一番お辛かったのは陛下では?

45
4

指導者であった方々が、報国の臣であった事に
疑いはない。戦略観が違っただけ。

其れを御承知なればこその、天皇の苦悩だった
でしょう。

無理矢理な事後立法で裁かれた方々を、大した
抵抗もなく”A級戦犯”と既成事実化した事こそ
問題なのでは?

そんな昭和陛下が、合祀を境に親拝を止められ
た事に、不遜ながら一点のくもりを感じます。

【ムダグチ】と揶揄され、戦後も一貫して保身
言い訳で終えた将軍も居りはしました・・・。

真に裁ける者が居るとしたら、日本人だけであ
ると言った人も居られました。

               駄民の繰り言

9
4

監視・統制されていることを、御承知の
うえでのコメント。お見事です。

物柔らかな御言い回しながら、目一杯の
皮肉も又、御秀逸。  m(_ _)m

今後にも期待申し上げ、及ばずながら、
勝手に御同行させて戴きます。

41
2

「先の大戦の」様 またコメントくださった「一読者様」

コメントありがとうございます。

「先の大戦の」様の、「無理矢理な事後立法で裁かれた–」につきましては、インド人判事パール氏の言葉が多くの日本人の共通の記憶となっております。私も存じ上げております。

ただ いろいろな立場からの論評によれば

パール判事は西欧列強のやり方に対して正義を持って主張されたのであり
決して日本人の被告を弁護したわけではないと、パール判事の文書を読まれた方が残された記事もあるようです。

「陛下の御心の一点のくもり」。
はい たしかにそうだと思います。

史実についての評価や見方は 時代や見る方向性によって変わって見えるのは当然です。

だからこそ「これがわたしの心だ」と。

誰がどういう風に論じたとしても、
それに関する陛下にとって御心は揺るがない。

一読者一国民としてそのお心は計り知れないのですが、想像してみたのが最初のコメントです。

そして それを上皇陛下も尊重されて
今上陛下もそれをお守りされているという事実を
小内様の記事で読ませていただきました。

11
2

結局、国民も政治家も、不完全だらけだから、何でも飲み込ませてしまう「天皇」という制度が必要なんだろう。
日本人はいつ、この人身御供を必要としなくなるのだろうか?

26

【人身御供】・・・・重い言葉です。

日本人は何時? にとどまらず、

人は何時? で在ろうかとも想
います。

極限的”哲学”であろう・・・・とも。

20
3

一読者さま。

私などは、前天に、そんな高い精神性在ったかなあ・・。
なのですが。

貴方様の場合、どなたをも貶めない御配慮。敬服致し
ます。

8
1

「だから 私はあれ以来参拝していない それが私の心だ」
靖国神社親拝に関して
昭和天皇の大御心は何より大切にされるべきであると思います。

自分の親族身内も戦争で色々な経験をしていますし自分も子どもの頃には戦争の話しを聞かされましたが、個人的には靖国神社は未来的に、戦争博物館のような施設として存続する方向性が望ましいのではないか?と思ってます。(長い長い目、歴史の目で見た何時の日にか、ということです。)

祀られている方々も本当は英霊と呼ばれ信仰の対象などにされることよりもただひたすら安らかに眠りたい、そして子々孫々に至る平和の道を願っておられる筈です。 
現在のコムロさん問題に始まる秋篠宮家の姿、美智子様紀子様の姿が戦没者の方々の慰霊になるとはとても思えません。(災害も戦没者の慰霊もファッションショー)

今上天皇は、水に関する専門的な書物を出版されるなど、文武両道の大変優れたお方です。外交官として活躍されていた雅子皇后の優秀さは言うまでもありません。

先の大戦をどのように子孫に語り次いで行くのか?
きっと国民に一番納得の行くお姿を見せて下さると期待しております。

42

何時もながら、均衡在る御達観だと思います。

忘れ去るのではなく、無念・怨念をも超えて
いつの日か・・。

靖国の御霊は既に、英霊であるか、戦犯とし
て扱われたかを超えて居らるのでは・・。

只々、しずやかに、平安に・・でありましょう。

18
1

コメントありがとうございます。

根拠なき精神論により泥沼化した先の大戦。
美智子様、紀子様のステータスばかりを重要視し論理がすっぽり抜け落ちている思考回路がその時と同じに思えるのです。

25

”すっぽり抜け落ちている” 何時もながらお見事です。

そのうえに、気狂いじみた血税の濫費・・。

之に怒らずに、何に怒りましょう!

14

思考回路様

コメントありがとうございます。
日本人の霊性の源である皇族の中にこのような人たちがいては、虐めやパワハラが蔓延る筈です。

令和の天皇皇后両陛下が居てくださって本当に良かったです。

15
1

戦争は上からの命令系統で行われます
逆らうことが出来ません
だから、二度と戦争はやってはいけないのです

32

そうですね。
国民の方に目を向けず、政治家との繋がりを大切にするような方には
要注意ですね。
どんな日本にしてしまうやら。
平和への考えをしっかり持ってらっしゃる敬宮さまこそ、皇太子にふさわしい。

20

コムロコム へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です