雅子さまイジメの主犯は誰か? 「人格否定発言」の裏側


「浩宮の乱」と呼ばれた当時の皇太子殿下(現、今上陛下)の異例のご発言。それは、苦しむ雅子さまをかばうものだった。当初メディアは雅子さまに同情的で主犯探しが始まったが、徐々に「雅子さまバッシング」に繋がっていく序曲となった。この「人格否定発言」とは一体何だったのだろうか?

結婚後の雅子さま

美智子さまバッシングがあったように、雅子さまバッシングもまたあった。そしてこちらのほうがより長期間にわたり、より激しいバッシングとなった。雅子さまはご成婚後から即位直前までの25年にわたってバッシングを浴び続け、その攻撃の度合いは2006~2016年あたりがピークだったのではないかと思う。

2004年に皇太子殿下(当時)は、記者会見で「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」という異例の発言(人格否定発言)をし、メディアのみならず宮内庁、天皇皇后両陛下さえも驚愕させた。平成の時代、私は天皇皇后両陛下(当時)周辺の役職を転々としていたが、確かに宮内庁内で「雅子さまを訝しがる」声はあった。正直に告白しよう、私もその一人であった。

雅子さまは海外留学なども長く、バリバリのキャリアウーマンであり、皇室のなかでも明らかに“違い過ぎる存在”だったため、旧来的な価値観に縛られている宮内庁と度々衝突があった。美智子さま以上に、雅子さまは新しい時代の先駆者だった(今から思えばそのような方を伴侶に選んだ今上陛下の肝の据わりには敬服せざるを得ない)。



宮内庁と東宮の対立、雅子さまの人格否定

宮内庁としては「男子のお世継ぎが優先で、公務などは控えめに」という要望を度々東宮職に伝えていたが、雅子さま(そして当時の皇太子殿下)は「自由にやらせてほしい」という立場を崩さなかった。この両立場の衝突が、宮内庁による「雅子さま人格否定」に繋がったのだ。つまり「いくら学歴があっても、石女(うまずめ)は不要」といったような発言がおおっぴらに宮内庁内で囁かれるようになった。雅子さまは“美智子天皇”との折り合いが今一つであったため、この雅子さまの人格を否定する流れは一層加速した。

なぜこの時、美智子さまは雅子さまを庇わずに、人格否定の流れを黙認したのだろうか? 当時は解らなかったが、今でこそよく解るような気がする。美智子さまは、雅子さまを恐れていたのだ。美智子さまは姑と折り合いが悪く、皇太子妃時代は常に一歩引き下がり我慢を強いられた。だが自身が即位するや、香淳皇后に“意趣返し”とばかりに様々な措置を取った。「いずれは私も皇太后になり、雅子さんが皇后になれば同様に追い詰められる」――。そのような思いが美智子さまの胸中を巡ったに違いない。

だがここで――そのような恐怖を抱きながらも――美智子さまが雅子さまとの仲を改善しようとしなかった事実は興味深い。これは推測でしかないが、美智子さまは紀子さまと良好な関係を築いていたことがその背景にあるのではないかと思う。将来、自身が皇太后になっても秋篠宮家が自分をサポートしてくれるに違いないから、東宮家(当時)は放置してもよいという算段があったということだ。

女性週刊誌などをはじめ、毎週のように信じがたいような嫁姑合戦や醜聞が皇室から漏れ伝わり驚く人も多いだろう。だが、はっきりいって皇室はこういうスキャンダルの塊なのが事実だ。立場も立場であり、世間一般の常識(場合によっては法律までも)が通用しないため、毎日のように浮世離れしたエピソードが生まれているのである。

(いずれ書くが、「週刊誌なんて誰も信じないから、週刊誌レベルのことはしても大丈夫」と思われている節のある皇族もいらっしゃる)



皇太子殿下「人格否定発言」の周辺

このような雅子さま蔑視の潮流は、ある意味、美智子さまのお墨付きを得た形でどんどん加速し、「雅子さまより紀子さまのほうが上」というような雰囲気さえ生み出した。今から考えれば皇太子妃よりも宮妃のほうが格が上などおかしな話だが、これがまかり通ってしまうのが「平成皇室」の恐ろしさだ。

「石女(うまずめ)」などと揶揄された雅子さまのご心労は計り知れない。その時、私は何もできなず、むしろ傍観することを良しとしていた。この罪悪感に今も後悔の念が堪えない。もちろん個人個人としては雅子さまを応援し、同情する宮内庁職員もいたことは事実だ。だが「宮内庁」という組織そのものが、雅子さまの人格を否定していた事実は動かせないと思う。本記事タイトルの結論を言うが、雅子さまをイジメていたのは「宮内庁」という組織に他ならない(追記:コメントでいただいたが、もし主犯を一人だけあげろと言われるのであれば、言いにくいのであるが、もちろんそれは宮内庁にモノが言える立場にある方だろう)。それが私の結論だ。(余談になるが、平成の終わり、令和が始まるころには、職員が個人個人としてだけでなく「宮内庁」という組織そのものが雅子さまを支える動きになったことはうれしい限りだ)

このような雅子さま「四面楚歌」の状況で、唯一声をあげたのは皇太子殿下(当時)だ。忘れもしない2004年の会見の場で「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」とメディアに告白した。これは本当に勇気のいるご発言だったと思う。それと同時に、雅子さまへのプロポーズの時に仰った「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」という言葉を貫いたのだ。皇太子殿下(当時)の誠実なお人柄を端的に示すもので、今思い出しても涙が出る。



私も同罪だった

だが正直に告白したい。このような心境に至ったのは、「人格否定発言」が起きてから10年以上たってからだ。皇太子殿下のご発言があった当初は「未来の天皇になり象徴となられるお方が、日本ではなく自身の配偶者の心配ばかりしているのは如何なものか」と複雑な思いを抱いていた。

言い訳したくはないが、私と同じ考えを持つ人は、保守派と呼ばれる人たちを中心に当時多くいた。 保守派重鎮の西尾幹二「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」(WiLL 2008年5月号)や、保坂正康「秋篠宮が天皇になる日」(文藝春秋 2009年2月号)、橋本明『平成皇室論』(朝日新聞出版 2009)、山折哲雄「皇太子殿下、ご退位なさいませ」(新潮45 2013年3月号)のなかで、雅子さまを庇う皇太子殿下(当時)の態度が天皇として相応しくないとばかりに叩き、離婚や退位すら薦めるという暴挙に走った。

さすがに私はここまで過激な意見は持っていなかったが、宮内庁は旧態依然とした場所だ、やはり当初は保守的な考えを持っていた。この考えが変わっていった理由は一つではなく色々ある。何かをきっかけに一度に変わったのではなく、徐々に10年ほどかけて徐々に変わっていったのだ。

今思い返すと次のような経緯があったと思う。バブルが崩壊して、企業戦士という言葉がもはや死語になり、ブラック企業や過労死などが社会問題となった。この時、「会社のために家族を犠牲にする夫と、会社よりも家族を大切にする夫のどちらが尊いか?」としばしば考えるようになった。答えは明らかだろう。皇太子殿下は、まさに本来あるべき家庭像を身をもって呈したのだ。妻を守れない方が象徴になるよりも、妻を必死に守る方が象徴になったほうが尊いと私は信じて疑わない。

このことに気付かされてから私は皇太子殿下を心より尊敬するようになった。


45件のコメント

小内さま
この記事は以前にも拝読しましたが、何度読むにつれても腹が立ちます。
前M様は、敵わない方だと認めた訳です。
今上天皇は本当に良くぞお守りして下さった。

一言で、25年…というけれど、とてつもない時間ですよね。当時、雅子様擁護のコメントを書くと半端ない返しでした。
しかし、雅子皇后様はご一家でその時間も耐えて耐えて耐え抜いた訳です。敬宮愛子様を立派に子育てし、勉学に励み、語学力も衰わせず、凄い事だと感じました。
皇后陛下が雅子様で本当に良かった…。
令和が長く長く続いて欲しいです。

516

結婚以来25年間 365日 24時間 1440分、リビング 寝室 台所 洗面所&トイレット クローゼット 床下〈シロアリ駆除業界の立ち会い中〉裏の物置小屋の前〈スズメバチ駆除業界の立ち会い中〉朝の中庭〈家族と職員でラジオ体操中〉、スマホで卑劣な遠隔イジメを続けていたのかしら?
悪鬼羅刹の行為だわ!

86
2

長い長い苦しい時間をよく耐えられました。
魑魅魍魎達はいずれ消え失せ皇后と光輝くでしょう。

142

がんばれー雅子さん!!
魑魅魍魎に負けるな!
風邪にもCORONAにも負けるな!

131

苦しみも哀しみも、一秒過ぎれば過去に成る(仁)ですね!

77

雅子様をいじめていたのは、旧態依然とした宮内庁。
つまり宮内庁という「組織」がいじめの張本人という論調ですが、
疑り深くなっている昨今は、
「ほんと? 誰かに命令されてない?」と反射的に思ってしまいます。

今上陛下ご一家の素晴らしさに慧眼されてよかったですが、
10年の歳月をかけなければならないほど、
小内様ご自身も、旧態依然とした組織の価値観に染まっていた、
ということですね。

そうした中にあって、小内様に、
「美智子さま以上に、雅子さまは新しい時代の先駆者だった(今から思えばそのような方を伴侶に選んだ今上陛下の肝の据わりには敬服せざるを得ない)。」
と言わしめる今上陛下の素晴らしさ。

25歳で天皇に即位した昭和天皇の孫に相応しい肚の据わり方であり、
幾筋もの未来を見通す眼力の持ち主であることを、
国民として嬉しく思います。

皇統を腑抜けに移すなど、あってはなりません。

452
1

高齢者さま、賛同いたします。
宮内庁という組織が主犯だった?
でも当時の東宮家の方々と秋篠宮家と、近くで見ている人々からしたら人物の差は歴然だったでしょうに。
(小内さまは、東宮家にはお入りになったことがないのでしたね)

今上天皇ご一家の素晴らしさ。
Netflixの「ザ・クラウン」を見ると、出てくる王族次から次へとロクデナシばっかりだなあ、と驚嘆します。(あのドラマを見ていた収穫は、「皇室でこんな酷いことが行われてるのよ」と話しても「まさか」と真に受けなかったうちの夫が信じてくれるようになったことです)そんな中でマトモさを保っている人々もわずかですがいます。
多くの反面教師の存在を乗り越えて、皇室・皇族のあるべき姿をしっかり体現するお姿にただ尊敬の念を持ちます。

281
1

じゅんじゅん様

ありがとうございます。

>でも当時の東宮家の方々と秋篠宮家と、
>近くで見ている人々からしたら人物の差は歴然だったでしょうに。

普通なら誰でもそう思いますよね~。
なので「忖度? 命令?」と疑ってしまったのですが、
仰るように、「青ポチ」チェックかもしれませんね(笑)。

173

補足です、
ひょっとして青ポチ集団が来るかどうか実験してらっしゃるんでしょうか?

170

不思議に思いましたのは、紀子様に老後は見て貰うから、雅子は必要ないと思われた美智子様ということ。
香淳皇后は華子に老後は世話になるから、美智子は要らないとは思われなかった。香淳皇后と華子さまは非常に良い関係だったことは、いろいろな記述や写真などからもハッキリ分かる。お二人はとても自然体で交流されている。美智子様はいつもお澄ましで、姑に対する愛情というより義務感満載の雰囲気。

美智子様は紀子様をアテにして、雅子様を皇室から追い出したいとさえ思われていたように見受ける。現に美智子様と親しい人達、たぶんお茶会に呼ばれた人達は離婚や廃太子などと書きなぐっていた。

私のような一国民は宮内庁が頭の固い連中で、雅子様は苦労されていると思っていたが、そういう宮内庁の雰囲気を是としていたのは美智子様であり、明仁天皇だった。今はそれがはっきりと認識しています。

364
2

歴代の宮内庁長官も又、酷い人ばかりだったし‼️其れに追従するマスコミ(宮内庁記者)も酷かった‼️彼等は当時皇太子殿下だった天皇陛下を『息子❗️長男‼️』と呼び皇后陛下のことは『雅子』と呼び捨てにしていた‼️そんな彼等が偉そうに皇室ジャーナリストを名乗るのは片腹痛い‼️(今は、誰かの指示で秋篠宮擁護をしている❗️)上皇后に忖度しまくりの羽毛田❗️大嫌いです絶対カレンダーは買いません‼️ソロソロ宮内庁も解体して内閣府の皇室部にして会計監査も厳しくすべきです。縁故採用や天下りを許しては行けません❗️

385

婆とアヤメと○タ姫は、自分が既に”さらし者”で
在る事さえ気付けないでいる。

○ホのアーヤでさえ気付き、人前に立つのを嫌が
り、怖れてさえ居るというのに・・。

本質的に”欠陥品”で在る事を露呈している。

欠陥品の正しい処理法は・・?

264

此処では、”婆”と云うだけで通じるよ。有名に成ったね。^_^
”ゆめ”が叶ったんじゃない?

以前は特別な身分に喰らいついて注目されていただけ。
今はアンタの”実力”だよ。誇らしいだろう?

ん? 嬉しくない? おかしいねえ? 素直じゃないね。
捻れているねえ・・。

注目され、関心を持たせるためなら、人の道に背く事
も、何でも在りを積み重ねて来たのに?

227

あのことについては庇わなかったミテコさまも薄情とはいえ
根本的にはナルヒトのアチラの能力が問題だったンだっぱ

74
116

ミッチーも男の子は産んだけれども、○生活には御不満を持っておられたようで。
単にヤル気満々で来られてムードもへったくれもなかったんでしょう。お茶会ではそんな下世話な不満までおっしゃっていたとか。もともとのお好みの高身長男性ではなかったのもあったのでしょうか。

61

『皇太子である以外、何の魅力もない男』とほざいたと
伝わるミテコ。

弟宮と華子様御成婚に、『何で俺の嫁だけ平民なんだ』
と喚いたと言われるチャブ。

我が身を棚に上げて、どっちもどっち。

利用されるだけで、小馬鹿にさえされている気配の前天
に、何か得るところは在るのでしょうか?

29

こちらの記事は複数回掲載されていますが,読むその時の事情が違えば,感想も新たになって来ます。

初めて読んだ時は前天皇夫妻も秋篠家も宮内庁,政府もなんと酷い事を❗️と怒り心頭でした。
再度冷静になって読むと,先日の国会中継で社民党の福島議員と『夫婦別姓選択制の反対取りまとめ要請文』を地方議会議員に送った丸川さんの不快極まるやり取りを思い出します。

丸川さんには全く期待していないので,あんな程度だと納得していましたが,問題はそのBackで笑う自民党の男性議員達。
彼らは忖度を受ける立場、女性の不利益や出産での女性のプレッシャーやストレスなど関心無いでしょう。
子供は無事産まれて当たり前,男の子は産まれて当たり前,【当たり前】ポーズは男の特権とばかりに踏ん反り返る姿勢で女性のストレスに気持ちを寄せず,金銭的利益になる前天皇夫妻への忖度に,何も考えずに乗ったのでしょう。
だから悪気もないので,反省もない❗️
その最たるものが森さん発言,彼らは忖度を受けた答えだけ貰えれば物事は進むと思っているその姿勢が老害であり,戦後と殆ど変わっていない日本の歪みでもあります。

当時の皇太子ご夫妻は果敢に戦った,いえ国民と戦った訳ではなく訴えて下さった。
政府も宮内庁も,今上家よりとりあえず暫定継承1,2位のいる秋篠家を大切にしていましたが,解っていますか、今上ご一家なしでは国民の敬意は得られないですよ?

今皇室と国民を繋いでいるのは今上ご一家です。
秋篠家が継承するなら,明日にでも『天皇制不要』と訴えられるでしょう。

前皇后,よく聞け❗️
あなたの言った通り,皇后様だけのお苦しみではなく,国民の半分である女性全体の苦しみです。
継承問題も『男子一択』の今のままにしたら,日本は血の巡りが悪くなって沈没するでしょう‼️

286

丸川珠代がテレ朝アナウンサーの頃、男性上司と不倫。テレ朝に断りもなく出馬し、冬季オリンピック民放女子アナ各局の代表CMが、丸川の身勝手のせいで全部撮り直し。

軽井沢の別荘敷地にある巨木が倒れ、隣人宅の屋根を直撃。450万円の修繕費が発生したが、丸川から謝罪もなく被害の補償についても、秘書からメールで「賠償責任は発生しない」の一点張り。

環境大臣の頃、面倒な役割は副大臣の男に全て丸投げしてた、名前だけ大臣。知名度だけ高いが、テレビに映ったり、目立つ事が大好きな仕事しない税金泥棒です。

こんな身勝手極まりない女がオリンピック大臣やってる日本。
自民党の長老達に気に入られる為、野田聖子も橋本聖子も強大な権力を持つ森会長らにはシッポ振る取り巻き。

みんな自分の地位が危うくなるのを恐れ、ゴマをすってチョロチョロと長老達のご機嫌を伺ってるだけ。
これではいつまでもたっても日本女性の地位なんて上がりません。

亀井静香など男性長老の強い反対で、婚姻届に夫婦別姓を選べる項目をいまだ増やす事さえ出来ず、世界から笑われている遅れた日本。

男系男子のみという明治時代の偏った皇室典範を変えさせまいと、紀子が安倍晋三や菅総理に根回しする狡猾さ。

天皇皇后両陛下のように政治には一線を置く高潔な精神は持ち合せていない、異常な野心を持つ平民上がりの女2人が暗躍する皇室。

マスコミからのバッシングにも耐え、悪夢の平成を生き抜いてくれた天皇御一家には感謝しかありません。

215
3

”根上町の恥”が政界で大きな顔で幅を効かせる
珍妙。
”皇室のダニ”が、未だにのさばっている奇怪さ。

それに尻尾を振り続ける志低きモノ達。

貴方の御解説のとおりです。

まともな庶民は大声を上げたりはしませんが、
ひと摘みの半端者達の喚き声や強引さに押し切
られるのは、そろそろ止めにしましょう。

110

お金の為に下げポチ付けても,ここを訪れる方達は特に何とも思いません。
どうぞどうぞ,お入り下さい。

下げポチ付けて,どなたかからお金を受け取って下さい。

そんな事しても何もならないし,お金を受け取ったら考えて下さい。
もし若い方が多いなら,あなた方の雇い主は日本を沈没させる旧弊側の人。
これから若い人が生きる為に,日本の血の巡りを良くして自分達が生きる為には何が大切なのか,どうしたらいいかいいか。

今日の『元宮内庁職員のつぶやき』,動画やコメント全てに賛同いたします❗️

244
4
セックスだけが天皇の条件なら檻に入れてただ繁殖だけさせときゃいいんじゃないの より:

下げポチ隊って、ミテコじゃなくてキーコに雇われてるんじゃないかと思う。
理由は単純なんだけど、キーコの方がミテコより更に頭が悪そうだから。

52

アホらしいほどの下げポチ工作。

ミエミエで無駄なことをヤラせ
るなんて、

余程のバカでもない限り・・。^_^

婆も礼女もイイ勝負。^_^ ^_^

33

下げポチを盛大につけている人達ってどんな人だろうと考えてみる。
お金で雇ったとしたら誰か? 皇室のあの方とあの方か? それとも超保守のあの団体か、または宗教を仕切っているあの本町か。それともあの党の超保守議員団体か。
いや、お金で雇われているのではなく自主的にやっている可能性もある。皇室のあの方やあの方の後ろにいる、日本でイヤな目に遭ってきたという○○や○○の中の一部の過激な人達か。

ここに意見を書き込んでいる、皇室を清浄なものにして欲しいと願う人達に下げポチを必死でつけている人達は、いったい何を願っているのだろう。皇室破壊?

132

手先・道具に成り果てた者達に、願いや考えが
在るとは思えません。

ミエミエで何の効果も無いのに、バカみたい
に続けている。物笑いのタネ。

気になさいますな。時間の無駄です。

26

思い出します。

今上陛下のご発言の当時のことが!

伝統的な当時の家族とは 
 パパ 企業戦士 
 ママ 短大卒 専業主婦
 子供2人。一姫2太郎。
 ママ 結婚の時、または遅くても第一子妊娠したら退職。
 パパママの双方の両親 ご近所さん 親類縁者は お天気の話をする様に「 〇〇ちゃん ご結婚されたんですってね? お子さんまだ?」

30代の退職せず働いていた女性は、職場で「お局様」と揶揄されていた時代です。

1985年 男女雇用均等法導入
何が変わったか?

20代の男女の給与の差がなくなって、
専業主婦できるのは、年の差婚か
エリートサラリーマンをゲットした女性ぐらい。

その結果、
男性パートナーは 女性パートナーが働くことに反対しなくなった。
優秀な女性たちは、職場で能力発揮していたから。 友達夫婦。(最近の20代-30代ののカップルは 女性の給料当てにして、生活設計してます)

でもこのころは 0歳児保育施設は限られていたし、育休制度も充実していなかった。

やっと仕事を任せてもらえるようになった時に
職場をやめて6年(小学校入学時)後、
同じ職場に戻れる訳がない。

そのため、産まないことをキャリアパスのために選択した女性が増えてきた。

そういった女性に、古い家族制度で生きていた人たちは、当たり前のように言いました。

「早く子供作って ご両親安心させたら?」

余計なお世話!

—-

2021年の今、
保育園の待機児童問題もありますが,
でも とりあえず 育休2年は認められ 復職も制度上は可能です。

世の中で 子供のない夫婦も増えて
それに対して親類縁者は 「仕方ないわねぇ」
といって表立ってはコメントしないようになったようです。

男性パートナーも働きかた改革のおかげで育児に協力しようかという機運も芽生えてきたようです。

—-

でも あえて言いたい(!)

ナルちゃんが決死の思いで発言された時
それを心から「そうだ!」と思った人、
自分たちの心を代弁してくれたと
思った人がいたんです。
でもそれは少数派で

世の中の多くは、
天気を話すように
「お子さんまだ?」という人たちだったのです。

そして今 雅子様のご回復 ご活躍を なによりも喜んでいるのは、あの時少数派だった仕事と家庭で揺れ動いていた女性たちだと思います。

小内様

当時のお立場で多数派の中におられたことを
後悔されておられるようにお見受けしました。
当時は 時代の変わり目であり、仕方なかったと思います。

今は、
愛子様が十分にご活躍されるための道ならしのお役目を引き受けておられるようにお見受けします。

愛子様が活躍できるに日本は きっと世界と肩をばらべるほどにジェンダーによる差別が減った社会だと思います。

頑張っってください!

 
 

212

汎くて深い御認識。敬服致します。

小内様への御配慮と感謝の御言葉も、
流石であります。

希望を失うまいと思えました。

民度の高い庶民に支えられた日本に、
一歩づつの明るい未来と進歩が無い
筈がありません。

110
1

山田真喜子さんは「断らない女」をやってきて、コネを沢山作って官僚の中で可愛がられ、政治家にも重宝され出世された。 
いったい世の中の女の何割が「断らない女」になれるんだろうと思うし、なりたいと思うんだろうと考える。
とりわけ政治家のオジサン達は古臭い。特に与党側。女は若く結婚して当たり前、子供を産んで当たり前、夫の姓に変更して当たり前、男にとって都合の良い女で当たり前。そして宮内庁も旧態依然の思想の人達が喜んで働く職場に思う。

そんな人達が日本を牛耳っているし、皇室を牛耳っている。
時代は少しずつ変わっていくし、変えていかねば立ち行かなくなる。

誰もが敬宮愛子様に天皇になって貰いたいと願う状況ではないと気の毒だ。国民を分断させるような状況を作った秋篠宮が統合の象徴とは片腹いたい。それなら、もう皇室は要らない。敬宮愛子様には自由に羽ばたいていただいて、皇室は私的宗教団体として信者さん達のクラウドファンディングで生きていったらいい。

140

小内様
いつも楽しみに閲覧させてもらっております。

皇室には全く興味や知識も無かったのですが、昨年、GoogleのAIからのオススメとしてこのサイトを知りました。
あまりに辛辣なコメも多く信じられませんでしたが、自信たっぷりなコメ主達の文章から興味を持ち、いろいろnetで調べるうち無関心ではいられない気持ちになりました。

今回のテーマとは話が変わって申し訳ないのですが…

私のように、まだまだ知らない方は多いと思います。
Yahoo!知恵袋というQ&Aのサイトでも時々、皇室関連の質問が出るのですが…
昔よりかはマシになりましたが、回答を適格に答えられる方が少なく、また、男系男子、秋篠宮推しが多いように感じます。
そこで、お願いです。
私ではまだ知識も浅く理詰めで回答できない為、是非、お詳しい方にこのサイトに時々お立ち寄りいただき払拭してただきたい、よろしくお願いいたします。

120

よく訪れて下さいました。

ご意見の交換が出来ることを楽しみにしています。
私も平成の頃は何も判らず,当時の雅子様バッシング報道が出る度に心配で心中穏やかではありませんでした。
雅子様ファンでしたが,当時の私の脳内では『美智子妃殿下』という昭和のワードが支配しておりましたので。
小内様の記事を読み,それまで抱いていた平成への違和感が納得へと変わっていきました。

ところで私の親族は男系男子派です。
皇室の話をすると喧嘩になるので,お互いにしないようにしていたのですが,親族は【陛下が眞子の結婚を認めた報道】を信じていた様で,私が宮内庁に電話して『眞子が勝手に両陛下の名前を使った』と回答を貰った話をしたら,先日の誕生日会見を見て『陛下はご立派だった』と言っておりました。

このように真実が少しずつ広まってくれば,今上ご一家への支持はもっと上がり、国政も変わらざるおえないでしょう、というのが私の願望です。

陛下のお歌
『岩かげに
したたり落つる山の水
大河となりて
野を流れゆく』

〜のように。

138
1

皇室に巣食う一部不心得共の、歪みや偏りなどは
当たり前に感じ取れます。

其れを糺そうともしない当局や政権への失望、
不審も又、自然に。

御身内の認識不足・誤認を正そうと為されている
貴女さまの御熱意と、地道な御努力に頭が下がり
ます。

93

浩宮さまと雅子さまが天皇皇后になれば明仁と美智子以上の天皇皇后になるのは
明らかでしたし、何より美智子さんが自覚していたと思います。
アホのアーヤを溺愛していたのもありますが、秋篠宮夫婦なら自分達より劣った
天皇皇后になるし、美智子さんの思い通りに動かせますからね。
「ああ平成の両陛下はやはり素晴らしかった」と国民も偶像化したままであの世に逝きたかったのでしょうね。
自分より優れた皇后陛下への妬み根性は想像以上だと思います。はっきり言います。
雅子さまの人格否定の果ての人格破壊は美智子さん主導で行われた犯罪行為です。

159

自分より優れたもの美しいものを許せない?

幼稚単純、無礼無分別、支離滅裂・・。加えて
不格好、姿勢がわるい。

あんた以下なんてそんなにいませんよ?

取り敢えず五体満足。其れに感謝して誠実・
じミチに生きることも出来たであろうに・・・。

97

旧態依然とした保守的な組織に、それまでの空気を変えてしまうような優秀な方が新参者として現れれば、組織が一体となってバッシングするのは皇室に限らず、どこにでも見受けられます。美智子さまの慈愛の名に隠れた悪行の数々が露呈された今、雅子様苛めは美智子さんの優秀過ぎる嫁に対するジェラシーが最大の原因と見られているけど、宮内庁全体の認識とかお世継ぎ問題に関わるマタハラとか、複雑に絡み合った挙句の苛めだったと推察します。
美智子さまは圧倒的な国民の人気を(今思うと浅はかだった)得て、やりたい放題だったけど、雅子さまに至ってはメディアも挙って批判し、国民から誤解をされていて本当に気の毒でした。
今でもガセネタに振り回されて、真実が見えない時がありますが、東宮家派の方のブログで、その検証能力の高さに驚くことがあります。
今日発見したのは、昭和62年10月、昭和天皇が逝去される直前の入院時に当時の皇太子夫婦が、なんとアメリカへ外遊し、ボストン近郊で牛車に乗ってはしゃいでいる写真の下に、当時まだ立太子もされていない浩宮様が初めて国事行為の代行を緊張した面持ちで勤められている記事。
礼宮の喪中婚約発表を許しただけでなく、大事な国事行為すら息子に押し付けて海外旅行してたなんて。
「私たちは私的に海外旅行したことは一度もないけど、サボり嫁は療養と称してオランダ旅行した」なんて、どの口が言うかです。でも、この当時はメディアもしっかりとした報道をしていたのですね。

168

人目につかない祭祀は、当然の様にサボりまくって
居た事は識っていました。

そんなタイミングでそんな事を! ですね。

秘めやかであろうが大切な事。報ずべきものを報ず
る。そんな気骨ある報道機関も健在だった事を知り
、救われる想いが致しました。

情報提供有難うございました。 m(_ _)m

136

私も2~3年前まで「美智子様」呪縛にかかっていました。

小内様の記事からもですが、
皆さまのコメントからもたくさん学び、
新しい視点と情報を得ています。

とても勉強になり、共感することばかりです。

ありがとうございます!

124

【ミテコの呪縛】。婆のアゲアゲ情報しか流さ
れていなかったのですから、無理もありません。

情報の捏造・隠蔽、世論誘導の罪深く、悪質な
事を今更に・・。

小内氏の勇気・御尽力。有難く、感謝致します。

30

「女性が入ると話が長くなる」話が長くなるのはそれだけ女性の意見が押しつぶされて来た長い長い歴史があるから。

女性を押しつぶした忖度をあたり前のことだと考えている。(そして忖度を職業にして女性の足を引っ張りながら生きている女性も多い)
森さんの地元は浄土真宗のお膝元ですが、浄土真宗を広げた蓮如は5回結婚、27人子どもをもうけています。全て正式な結婚だそうですが、最後蓮如72才の時に22才の妻を迎えている。

だからこそ勢力は拡大し蓮如は上人と呼ばれる地位にあるわけですが、この5人の妻と27人の子どもたちのことが全くと言っていいほどに語られないことに長年疑問に思ってました。

現天皇陛下の最大のご功績は、雅子様を見初め、6年と言う長い時間をかけてご成婚されたことだと思います。

そして「雅子さんのことは僕が全力でお守りしますから」のお言葉通りに雅子様を大切にされ素晴らしいプロトコールで守っておられるお姿に国民は感動の涙、希望の涙を流しているのです。

131

〉将来、自身が皇太后になっても秋篠宮家が自分をサポートしてくれるに違いないから、東宮家(当時)は放置してもよいという算段があったということだ。

長年の疑問が解けました。
そういうことだったのですね。
自分のことばかり、自愛の人ですね。

私は3年くらい前まで、ヤフーコメントで前皇后の批判を読み、「皇太子さまを産んだ方をわるくいうなんて」とコメントし、たくさんの下げポチをいただき目が覚めました。
その後、こちらの前のサイトを知り、真実を知りました。

ローマ法王に似せたというマントの衣装を見て奇妙に思ったこと。
やたらにお出かけばかりされること、様々なことの謎が解けました。
これからも皆さんと共に両陛下と愛子様をお支えしていきたいと思います。

94

私は小内様がご自分を振り返り述懐される部分が好きです。

私も「この家族はなぜ噛み合わないんだろう」と思っていましたが、深くは考えませんでした。ただ雅子様がサボりとは思っていませんでした。病を得た人をかくも追い詰める皇室という制度に疑問を持ちつつ、そのままになっていました。

それから二十年余が経ち、内親王の結婚への固執からのサイトを知り、皇室の禍々しい歴史、ある種の毒親のような圧迫を知りました。
あの時見る目がなかった自分を反省し、小内さんの述懐をたどりながら、今度こそは自分も失敗せず声を上げたい、と思っています。

色々あろうとも、これからも必要なサイトだとおもいますので、どうぞ頑張ってください

88

まさか高室内で、人の道に外れた事が、
平然と執拗に繰り返されているなど
誰が想いましょう。

利の為か、脅迫されてか判らねど、追
随報道者、識者きどり共の罪も深い。

怠惰のゆえか無能のゆえか、為す処の
無かった当局・職員の責任も重い。

41

真実を知りたいイチ国民 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です