美智子さまは「今もキリスト教徒」 御所の地下に「秘密の礼拝所」


美智子さまはクリスチャン家庭に育ち、大学のキリスト教系の大学を卒業された。もちろん美智子さまも皇室に入られる前まではキリスト教徒であった。皇太子妃、皇后となられてから後に、どのような信仰をお持ちであったのか、度々議論になる。だが間近で見てきた者として、美智子さまは今も筋金入りのクリスチャンにしか見えないのである。その逸話を紹介したい。

美智子さまと信仰

美智子さまは昔も今もクリスチャンだ。それがこの記事で言いたい結論だ。結婚したというだけでそうそうに心まで改宗できるものでもない。今でもカラオケで歌うのはキリスト教の「聖歌」である。

買われるCDも、クラシックの宗教音楽が多い。お気に入りは、アヴェ・マリアであり、1年に5,6枚は買わているように記憶している。公務で能や雅楽を鑑賞される機会が多いが、それらのCDを購入されたことは私の知る限り一度もない。もちろん頼まずとも演奏家から能や雅楽のCDが送られてくるのだが、それらは開封されることなく地下倉庫行きとなる。

女官たちと合唱団を結成し、内内のパーティで讃美歌を披露されたこともある(1998年夏のこと、曲名は失念してしまった…)。皇室に入られてから、昭和天皇がご存命の間は、信仰を発露する術が限られていたので、女帝となってからその本領が発露されたように思う。思えば昭和の時代に「美智子さまのキリスト教信仰に昭和天皇が苦言を呈された」という報道が流れることがあり、その火消しに宮内庁は必死になったが、この必死さが逆に情報の真実性を力強く裏付けてしまったというのは皮肉でしかない。

ところで香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。いろいろな想いがあったのであろう。(余談だが、美智子さまのお気に入りはカール・ベーム1971年録音版だ)



皇居は教会?

こんな逸話に欠かない美智子さまとキリスト教の関係。住まわれていた御所は、キリスト教の教会がイメージされていると噂されたが、「さもありない」というところだ。この御所の設計に美智子さまはあれこれ口を挟まれていた。

また、御所の中に礼拝室があったのではないかと噂が流れているが、実際そのような部屋がある。御所の西側は私室となっているが、そのなかでも北側の地下部分は完全プライベート区域となっており、年に一度女官が入れるかどうかというレベルだ。

だが、御代替わりに伴い御所(現、仙洞御所)から引っ越す必要が生じ、荷物の目録をつくるためにこのプライベート区域にも職員が入る必要が生じた。しかし、美智子さまはこれを執拗に拒んだ。その理由は簡単だ、ある一室の隅にキリスト教関連の書籍や十字架などが地下室に山と積み上げられ、さならがカテドラル(聖堂)のようになっていたのだ。

美智子さま曰く「独身時代に荷物をここに置いてままで、散らかってるの」だそうであるが果たして――。少なくとも私には秘密の礼拝室にしか見えなかった。

本地垂迹を熱心に勉強されていた美智子さま

私が美智子さまが未だキリスト教の信仰を捨てていないと確信する理由は、皇后となられてから「本地垂迹」(ほんじすいしゃく)の理論を大変熱心に勉強しており、ビックリするような発言をされていたからだ。

本地垂迹とは、「日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考え」(Wikipediaより引用)のことである。

つまり「天照大御神=大日如来」なとど解釈することによって、神道と仏教が矛盾なく共存できるようにした理論だ。外来宗教である仏教が布教先の現地宗教と混淆するにあたって、7世紀ごろの宗教家たちが考え出したものとして知られる。このような考え方が広く浸透したので、日本では長らく神道と仏教が併存できたのである。

美智子さまはこの「本地垂迹」を、とある「ご進講」で知られるや、これに大変な興味を持たれたようだ。「ご進講」に呼ばれた講師は、その後、お茶会に招かれるのが通例である。そのお茶会の場で、美智子さまはその講師に「本地垂迹は現代でもあるのでしょうか? たとえば神道とキリスト教との融和はどのようになっていますか?」と聞かれた。その講師(有名な歴史学者)は「そのような試みもございます。宗教多元主義的な考えでございまして、宗教は様々に存在するがそれぞれの宗教が持つ意味は同じであるというような理解がございます」と。美智子さまはさらに「その場合、キリストと天皇の関係はどうなるのでしょうか?」と問われ、講師は「天皇はキリストであるという考え方もございます」と回答すると、美智子さまは大変満足げに「では、キリストに祈るということは、実は天皇に祈ることと同じなのですね」と総括された。この総括に歴史学者は「そのような考え方もございます」とだけ答えた。

キリストに祈ることは、天皇に祈ることだからOK理論

私はこのお茶会の会話を傍らで聞いていて冷や汗が出た。というのも、美智子さまのキリスト教好きを知っていたからだ。

その数か月後、美智子さまは御所内での内輪のパーティで聖歌を披露されると「讃美歌を捧げることは、日本の神々や天皇に祈ることと同じなのよ」と仰った。

それからというのもの美智子さまは堂々と人前で讃美歌を披露されるようになった。そのような美智子さまの姿を拝して、私は言い知れぬ不安がこみ上げ来たのを覚えている。

そして、私の危惧は現実のものとなった。

美智子さまは地下室にカテドラル(聖堂)をつくっておいでだったのだ。 美智子さまのキリスト教信仰は今もない続いていると確信している。


21件のコメント

教会のような御所、写真で見たことがあります。
地下の祭壇も、その通りなのでしょう。

国民の税金で、教会に似せた豪奢な御所を建て、
地下の祭壇で、自分の罪を悔い国民の幸を祈るのではなく、
自欲を満たすための黒い祈りを捧げていたのですね。

イエスキリストの教えは、ミテコさんとは真逆です。

人に見せるために部屋に十字架を飾るのではなく、心の中に十字架を。
たくさんの人の前で祈るのではなく、隠れて祈れ。

ミテコさんにとって宗教はファッション。
宗教を求めるほどの苦悩を抱え、祈りを求める人は、
地下に祭壇などつくりません。

どこまでも軽佻で、国民の税金の無駄遣いをした人。
ミテミテのミテコさんです。

198
3

高齢者様に同意します。

キリスト教の神は、唯一。
聖書を読めば分かることです。

日本を、そして皇室を思っていたら、次男の家に皇統を移してはいけないという危機感は、前皇后には全くなく、むしろ、皇室の存続を危機に落とすために企みをしているとしか思えません。まさに、神をも恐れぬ所業の数々。
裏で、初孫の結婚のために画策するのは、やめていただきたい。国益に反します!
天皇陛下のお言葉の後、マスコミが結婚は既定路線と報道したり、TVで芸人やタレントが応援するようなことを言ったりするのは、不敬です。目にするのも、不快。
しかし、そういう流れにできるのは、一人しかいませんよね。

200

野良猫さん

皇室を侮辱する書き込みを放置し、内部情報をべらべら喋る口の軽さは公務員としてあるまじきだらしのなさ。

自分が見たわけでもないのに「私は見た」と言う虚言癖。

そもそも、本当に宮内庁にいたのかすら怪しい。

そんな小内の人間性ですか?

そりゃあ、最低のクズで間違いないでしょう。

結局、ここに集まってくる連中ってのは権威とか肩書きに弱い俗物で、
自称『昭和天皇の御落胤』『ニセモノの有栖川宮殿下』に騙された人達と同じですね。

2
32

忍(しのび)様
数ある反対派のコメントの中では、きちんと論理的にコメントされていて、じっくり読ませていただきました。
小内様については、元宮内庁、後はどんな経歴の方なのか、分かりません。宮内庁の中のことも天皇家や宮家の事情も職員のことも、私には知る方法もありません。
理非曲直の前のサイトでも、小内様の記事を読んで、何故OBの方が、今のことを知っているのか、不思議でした。
でも、皇室忖度で、あることを無いように、無いことをあるように書いてる内容ではなく、小内様の人間性が表れている文章、理と非、曲と直、なるほどと思いながら読んでいます。
人間性って大切ですよね。
例えばICUを出てるのに英語が理解できない人であっても、人間的に素晴らしい方、信頼できる言動をとっている方であれば、いいと思っています。実際は❔❓️
他にも、いろいろ忖度や皇族特権で事実が曲げられてるのでは⁉️と思うようなことに、理非曲直の記事は応えてくれています。
多分、小内様の人間性で、今も宮内庁の方との繋りがあり、新しい情報が入っているんだと思っています。
様々な報道全てを鵜呑みにするわけではなく、きちんと記事を読み、考慮することも必要ですが、理非曲直は参考になる素晴らしいサイトだと思います。(コメントはよく弾かれますが┅)

42

新約聖書にはイエスキリストを信じる信仰を持つその人自身が生ける神の神殿である。と書かれています。

また、信仰者の心の内側に宿る神の聖霊を悲しませてはならない。

神様は高慢な人から遠ざかり、謙遜な人に恵みをお与えになる。とも書かれています。

国民を欺き、自分を飾るために税金を浪費する美智子様の行いが、クリスチャンの行いだとは思えません。

181

美智子さんは、クリスチャン? クリスチャンは、美智子さんにとってただのお飾りにすぎませんね。美智子さんの今までやってきたことは、とても信仰心の深いお方のする所業ではありませんよ。信仰心の深いお方は、慈悲深く、己に謙虚で、他人に思いやりを持っています。二人の息子にも依怙贔屓をして、孫にも依怙贔屓をして、多くの献上品を隠し持ち(強欲)、国民の税金を己の欲求(豪華衣装、豪邸など)を満たすために贅沢三昧した。嫉妬に狂い、雅子皇后を貶めた。「ところで香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。」とのことですが、信仰心のある人が、なぜ自分の姑が亡なったときにモーツアルトの「怒りの日」を聞くんですか?普通は喪に服し、「悲しい曲」でも聞くでしょう。自分に対して批判したものには、執念深く恨み、底意地の悪さを感じますよ。私はそんな美智子さんに激しい嫌悪感を抱いています。美智子さんみたいな人は、だれにも好かれません。そして心のなかでだれもが批判していますよ。かわいそうな人です。平成時代、あなたに逆らうと怖いから、またお金を得るためか、地位を得るためかにあなたに忖度してきたんですよ。それもあと少しで終わりますよ。あなたの所業はばればれですから。

180

結婚前のクリスチャン報道に泣き崩れた❗️アレは嘘だったのね。常陸宮殿下に聖書を渡して昭和天皇に叱責されたのに常陸宮殿下が悪い様に言ってましたね。地下のは礼拝堂で無く黒魔術をしていたのでは❓皇室の魔女騒動も有りましたね。クリスチャンとは、穏やかで慈悲のある人‼️と思っていたけれど妄想だったかな?クリスチャンの嫁に次男のお印は『栂(罪人の磔の木)』意味深いお印ですね。クリスチャンなら、天皇墓陵には入れませんね‼️

133

ミテコさまが敬虔なクリスチャンで祈りを捧げていただけならば、どんなに良かったことか
あの地下礼拝室では毎週末サバトが催されていてカッパが・・・うぅこれ以上は書けないンだっぱ

41

私は クリスチャンでもないし、一般教養程度にしかキリスト教についての知識しかないのですが、

講師がおっしゃる
「それぞれの宗教が持つ意味は同じ」
「その場合、キリストと天皇の関係は?」
「天皇はキリストであるという考え方もある」

—–

とのコメントの意味を考えると、

「キリストは神ではない」一般常識として。
「キリストは、人間のために、神が使わされた神の子」とキリスト教では位置付けられている(多分)。

なので

一般人は、キリスト教の絶対神に祈りを捧げるときに、
身近なキリストやマリアを思い浮かべて祈っている(と思う)

一方神道の神は 日本の山川草木、あらゆるものにやどる神。八百万の神。アマテラス様はそのトップ。

天皇様は 人間代表で八百万の神に祈っておられ、一般人はそのお姿を通じて、日本の八百万神に接している気分になる。ちょっとゆる〜い関係。

「究極の聖」と「一般人」を「繋ぐ存在」としてのキリストと天皇は同じと言えるかもしれない。

と講師の方は答えられただけだと思うのに

「では、キリストに祈るということは、天皇に祈ると同じことなのですね」

という発想は、我田引水 牽強付会では?

今まで上皇后様にはさほど、是も非もない感情でしたが、今回の記事拝見して、心の底から

「アホやん」と思いました。

政治権力なくてもその国のトップがアホであったら他国は足元見ます。

こういうご様子を拝見すると、
上皇様が、昔、自民党ではないにしても保守系大物ジジイのわがまま(私利私欲)で
お隣大国のお偉いさんとの面談をねじ込めたことを思い出しました。

今上陛下雅子妃にお代替わりされて本当によかったと思いました。

106

粉婆が存在しなければ、入内以来の低俗・悪辣は
あり得ないし起こり得なかった。

今と成れば、婆一人が消えても、下劣・悪辣な
諸々は残る。

未だに婆をアゲアゲしている手先共諸共一纏め
に消滅してくれないものか。

つくづく因業な婆である。

44

高齢者様の意見に同意です。

>自欲を満たすための黒い祈りを捧げていた

これまさに!
敬虔なキリスト教で日本国と国民のために祈られていたのなら、また少し違っていたでしょう。
自欲のための祈りは、キリストには届かず、真っ黒の闇の存在につながっていたのでしょう。
だから現在まで、異常な事態がまかり通っていたのです。
これまで知らなかったとはいえ、怖いです。
でも、なんだかこのことを知って様々なことに納得しました。

それから、本地垂迹ということですが、私の浅い知識で恐縮ですが
例えば仏教でいう観音菩薩がキリスト教でいうところのマリア様
という風に理解するとわかりやすい、ということで
異教徒間での相互理解であると思います。
だからといって、キリストに祈れば天皇に祈るとの同じにはなりません。
そういう認識で天皇家に嫁ぎ、皇太子妃、皇后として60年も過ごされてきたのかと思うと、あまりの衝撃に言葉もありません。
戦後日本の国力が下がったから、このような妃が嫁がれたのだ、という話もありましたが、それにしてもこれはないです。
一番傍で長くお過ごしだった前天皇陛下は、このことをどう思われていたのですかね。

45

「あちらは、何と言っているの。」
と、言いなりだったようですが。
思うことがあっても何も言えなかったか、言っても相手にされなかったのか。

50

不快に想われるほど露骨に、チャブを子供扱いして
居たと伝わります。

相手を○カと決め付け、周りを慮ること無く振る舞
う婆の幼稚・鈍感・下劣。

権威を利用され、相手にもされていないであろう前
天の”残念”も又、此処に極まる。

46

「確かに読んだNo」様

カーテンサイトで 別のケースで
ネットでねちっこく絡んでくる人には
放っておくに限るというアドバイスを見ました。

今回もそれがいいようですね〜

37

一読者様へ

ありがとうございます。
そうします。
このブログが長く続き、小内様もお考えや最新情報を自由にアップできるようになることを願っています。

22

そうしましょう!

でも、小内様は、カーテンサイトに記事新たに出されて、きっちり反論されていましたね!

22

呆れた方 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です