愛子さまの「結婚観」と、眞子さまの「恋愛観」 どうしてここまで違うのか?


かつて最も国民から愛された眞子さま佳子さま。とある御仁は、佳子さまを「インペリアル・アイドル」と褒めちぎっていた。だがそれも過去のこと。眞子さまがお相手選びを間違えたことですべてが一転した。はたして皇族に求められる「結婚観」「恋愛観」とは何なのだろうか?

皇族に相応しいお相手とは?

多くの国民は皇族方には、その品位に相応しい方と結婚していただきたいと願っている。とりわけ男性皇族が結婚する場合には、お相手の女性は皇籍に入ることになるため「審査」がある。しかし時代とともにこの審査の「基準」も一般人の平均に沿うようになってきている。

美智子さまは初めて皇后となられた一般国民(非元華族・非皇族)だったが、それでも大金持ちの一族であり、「平凡な国民か?」と言われればそうではない。雅子さまも同様で、たとえ一般人でも、ご本人はスーパーエリートで、親族郎党も皆それなりの地位にある方だ。

かかる意味で最も「平凡な国民」だったのは、紀子さまだ(とはいえ親や兄弟は大学教員であり、その収入は日本人の平均より高いのだが…)。

しかし国民は紀子さまが「平凡な国民」ということで邪険にしたことはなく、その結婚を祝福していた。今になって紀子さまが批判されるのはそのあり様が、「国民の象徴たる一族」に相応しくないことに由来する。



良識のある方ならば国民は必ず祝福する

よって、良識を備えた方であれば、たとえどのような身分・立場・門地の人間であっても、お妃として国民は祝福するに違いない。まして国民から貴ばれる皇族が「この人なら間違いない」とお選びになったからには、国民がそれを信じないというのはおかしな話だ。

このように考えると小室問題の本質が見えてくる。婚約発表があった当初、ほとんどの国民は「あの眞子さまがお選びになった方なら、良識ある方に違いない」と信じ、お二人の未来を祝福していたに違いない。

しかしこの国民の思いは裏切られた。小室圭さんの母・佳代さんとその元婚約者との間に起きた金銭トラブルが発端だ。佳代さんが出した「とりあえず10万円程お願いできますか」「パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事」という異様な文面のメールに国民は仰天したし、責任をもって説明すべきところを小室母子は沈黙を守り逃げてしまった。ここで逃げずに、誠実に対応していれば国民感情は今と違ったものになっていたろう。

この「眞子さまのお相手なら大丈夫と信じていたのに裏切られた」という感情こそが、小室問題が秋篠宮家への失望にまでつながったと考えている。



国民の怒りは当然だ

ところで秋篠宮家を弁護するわけではないが、殿下は「佳代さんの金銭トラブルの解決すること」のみならず「国民に説明責任を果たすこと」を大変強く望まれていた(らしい)し、何の説明をすることもなくフォーダム大学に勝手に留学したことにも激怒していた(らしい)。

しかし事実として、トラブル解決も説明責任も現時点で果たされていない。眞子さままでダンマリを決め込んで、虎視眈々と嫁降するチャンスを狙っている。おそらく眞子さまにとって国民の期待は「重荷」なのであり、美智子さまではないが「周囲の雑音」なのだろう。小室圭さんは、国民の「余計なお世話」を振り払う絶好の機会なのだ。

かかる意味で、国民が眞子さまに寄せる想いは「辛い片思い」になった。そして佳子さまに対する国民の期待もまた「片思い」だったと思わずにはいられない。やはり佳子さまにとって国民の期待は、ダンスのレッスンに集中できなくさせる「周囲の雑音」に過ぎないのだろう。

国民も馬鹿ではない。うすうす姉妹の本心、ひいては秋篠宮家の本心に気が付いていてる。これまでの国民の期待が強かっただけに、裏切られたときの反動も強いのは当然だ。その責は秋篠宮家にあると言わざるを得ない。激しい国民感情が交錯するのも当然のことだろう。



愛子さまの「恋愛観」は如何に

異性への愛は人間にとって本能的なものであり、これを抑えるのは容易ではない。ゆえに「結婚問題」にこそ、その人の本性、その家の教育が顕れると言っても過言ではないだろう。眞子さまにおかれては「一夜の恋愛」と「生涯つづく結婚」を混同しているきらいがある。

眞子さまは、己がリビドーのうごめくまま、国民よりも小室圭さんを選んだのだ。思えば父・秋篠宮殿下も、昭和天皇の喪中のなか「紀子と結婚できないなら皇籍離脱する!」と騒いで結婚を強行した過去がある(今となってはその時…と思う国民は多いだろう)。血は争えないとはよく言ったものだ。佳子さまもダンスレッスンの講師(既婚者)と懇意だとスクープされているし、サッカー部の先輩といろいろあってスクープされていた。秋篠宮家の家庭教育はいったいどうなっているのか?

一方、浮いた話を聞かないのは、愛子さまだ。この差は何なのか? やはり家庭教育であろう。もっとも週刊誌報道によれば、通称「のび太君」と呼ばれる男性と夏休みを過ごされたことなどがスクープされている。 そののび太君は、学習院の元生徒で現在は名門私立高校に進学し、高身長のイケメンに成長しているそうだ。

しかしこののび太君は、愛子さまの「恋人」というよりも、家族公認の「友人」であり「親友」なのだと拝察する。というのも皇族方の恋愛というのはトップシークレットなので、一緒にいるところが堂々と撮られているということは、そもそも「恋人」ではない可能性が高い。

果して愛子さまはどのような結婚をされるのであろうか? しかしそのお相手は必ずや国民が納得する人物であるに違いない。天皇家は厳粛たる空気のご家庭だ。愛子さまが「恋愛」と「結婚」を区別できないはずがない。だからこその私の懸念は、皇統問題などに配慮して、愛子さまの結婚の選択肢が狭まることだ。


27件のコメント

小内様もだいぶ遠慮がちに書かれてのことだと思いますが、紀子さまとの結婚の時点でも大々的なメディア活用による、祝福ムードがあったとはいえ、
心から祝福したいと思えない秋篠宮ご夫妻の婚約、ご結婚でした。
くわえて、眞子さまと小室氏の婚約内定会見?ですが、あの時点で私は祝福しておりませんでした。
職業差別ではないですが、皇女とは違うとはいえ、
パラリーガル(しかも週5フルタイムでもなかったですよね?)で、会見で特筆すべき点が海の王子の時点でアリエナイと思いました。
きっと多くの国民も、違和感を感じたかと思います。
後に登場される守谷慧さんのときは非の打ち所のない素晴らしい方だと思いましたもん。

四季折々のスポーツだのジャズピアノ奏でるだの、言葉の表面上はエレガントな趣味を嗜み、皇族のフィアンセにふさわしい風を大風呂敷広げてた小室と違って、
実際にスポーツを楽しんでいたり、社会活動をされていて、児童福祉に励まれる絢子さまと本当にお似合いで、心から祝福したものです。

秋篠宮家は本当に一つも、素直に祝えないし、受け入れがたいことばかり国民に押し付けてくる。。。
そんな方が国民の象徴になんておかしなことですね。

596
1058

【今は昔】
『今となっては昔の話になってしまったが』笑い話として聞いて頂いても結構です。
昔は学生である間は親の『庇護』の下で暮らしているので,親からの『扶養家族』の一喝で,行先,誰と一緒か,門限,食事は必ず家族一緒に同じ時間(もちろん仕事ので父親は別として),食事中のテレビは消す,同じ物を食べる等々,働くまで窮屈に思って暮らして来たが、何も文句等言えなかったです。
それが時間が経つにつれ,そのような言葉は死後,化石となったのか?,友人のお嬢さんが終電が無くなったので,わざわざ都内に母親である友人が車で迎えに行った話を私は懐かしく聞いておりました。

そんな中,ミヤヒの川島紀子時代,夜中まで家に帰らず御所に居たとか,彼(文仁)を連れて家に帰ると二親がワザと出かけて家を空けるなど,私の年代の常識では考えられないです。
また大学で結婚相手を見つけるように秋篠家では言われていると聞き(本当かどうかは不明),『学生の本分』はあの家の辞書には無いのだと感じました。
『学生の本分』は『今やるべき事をやりなさい。』という意味。親が子に伝えるべき大切な教えです。
普通にそれを教え伝えた家と,親がそれを知らず,他人に預けっぱなしにした家の違いでしょう。
敬宮様は未成年で学生,親がそれを考慮して公務に出さないのは当然の事,それによって敬宮様は守られているのだから。
ともかく敬宮様には継承もしてほしいが,結婚なさり,普通の家のように当たり前の事をお子様に伝えて,お幸せにお過ごし頂きたいです。
それを見て,国民も共に幸せを作る努力をいたします。
それが皇室の一つの役目ではないでしょうか。

403
1063

学生時代から衝動が抑えきれず構内でも破廉恥行為の二人、火事現場のラブホから下着姿での飛び出し、大麻吸引
これ等の行為はどれを取っても言い訳出来るのでしょうか?
犯罪行為を犯していることさえ分からない両親の元で育った今の娘達を見て自分達の生き様の結果だったと思いませんか?

439
1033

眞子様、佳子様が最も国民に愛された、という出だしから違和感がありますが、それも小内さまの立場ではそう書くしか仕方なかったと拝察いたします。

恋愛と結婚は別というのは少し違うようにも感じます。ちゃんとした方はちゃんとした人を愛して結婚に至ると思うのです。たとえ恋愛はしても、どこかで気が付いて何か合わないと感じて結婚にまでは至らないことも多いものです。

やはり眞子様には小室圭さんのような人が合うんだろうと思えてしまいます。秋篠宮家が色々と強欲そうですから、眞子様も強欲さに違和感が無いのだろうと。そして姉を応援する佳子様も。

天皇家は全く違う家風に感じます。なので愛子様が小室圭みたいな人に恋するなんて、絶対に有り得ません。
要は男であってもダメな男はダメな女と気が合うし、ダメな女はダメな男と気が合うのでしょう。どうしても合わなければずっと一緒には暮らしていけません。

やはりどう考えても天皇家で皇統を繋いで行くべきでしょう。堕落した皇族を仰いでもいいのなら秋篠宮家でもよいのでしょうが、そんな国民は決して多くはないと思います。

452
1039

「長い道のりでした」
雅子様がプロポーズをお受けになった時、天皇陛下はおっしゃつたそうですね。ゆっくりとじっくりと時間をかけて会話を紡がれたのでしょう。
雅子様は全ての日本国民が心から敬愛することの出来る素晴らしい女性です。
どなたか以前にコメントしていらっしゃいましたが

「苦難が忍耐を、忍耐が品性を、品性が希望を生み出します。この希望は無くなることがありません。」

本物の希望を与えてくださる存在なんです。

紀子さんは(多分お父様の影響から)若い頃にメディアを操つたり手練手管を使うことを覚えてしまい、そのことによつてご家庭の中に混乱がやって来てしまったのだと思います。

450
1031

<婚約発表があった当初、ほとんどの国民は「あの眞子さまがお選びになった方なら、良識ある方に違いない」と信じ、お二人の未来を祝福していたに違いない。

私はあの時、座右の銘を聞かれて
「let it be …でしょうか」、眞子さんを月と例え、綺麗な月を見ると宮様を思い出し…。小室氏を太陽と例えたコメントに寒気で祝福は出来ませんでした。やはり最初の直感で大丈夫だろうか??と感じた人は多かったと思います。
秋篠宮さまが宮内庁からの調査を断った事は責任重大ですね!そして前皇后も然り。

458
1038

もし本当であったならおかしな話ですよねえ。

曲がりなりにも皇族の婚儀に関わる事を、
当該宮家にお伺いしてから始める?

断られたからと止めてしまう程度の事?

粉婆・アホ宮一家が、如何に皇族・皇室を安っ
ぽく・軽く考えて振る舞っているかの証。

宮内庁も、今の儘であるなら、無能・不要の
部局で在る事を露呈している事でも在ります。

311
1033

敬宮さまならば天皇陛下のようにきちんとしたお相手を選ぶと私は信じてます。
眞子さんが相手を選び間違ったと言うのは、ある意味で男親と同じようなタイプを選ぶと言う言い伝え通りかもしれません。もしくは男親が選んだタイプかも?
秋篠宮も変な言い方しますけど、ある意味で小室に似てる部分ありますから。
小室は宮妃に似てると言いますが、秋篠宮にも似てると思います。
小室を純粋培養(世間知らずとも言う)にしたのが秋篠宮であり、眞子さんなのでしょう。
だから、お似合いなんです。
片側が皇族でなければこれほど似た者同士はなかなかいませんよ。
片側が皇族だから問題になってるだけで、皇族じゃなければ何の問題ありませんでした。

敬宮さまに関しては信じてますし、国民が目を光らせる。敬宮さまのご学友もいますし、今上陛下の時みたいにご学友が目を光らせ、お守りします。

385
1022

”皇族で無ければ何の問題も無かった”
⇒ 話題性など在った筈もない。

其れ以前に、”皇族で無ければ” ⇒ 
粉女もノーパン女も、顎の小男も、
接近する事さえ在り得なかった。

皇族、皇族モドキに無能・低資質が混
在したが故です。

皇族認定厳なるべし。ましてモドキ
に於いてをや m(_ _)m

265
1039

貴重な記事をありがとうございます。

『国民も馬鹿ではない。うすうす姉妹の本心、ひいては秋篠宮家の本心に気が付いている。これまでの国民の期待が強かっただけに、裏切りられたときの反動も強いのは当然だ。その責は秋篠宮家にあると言わざるを得ない。激しい国民感情が交錯するのも当然のことだろう。』

本当に、多くの国民は怒っています。この宮家は、いつも最後の詰めが甘く自滅している。これでは、将来の象徴天皇家は無理かと思います。多くの国民が軽蔑し反対します。

371
1035

小内様の御懸念「皇統問題を配慮して、愛子様のご結婚の選択肢が狭まること」。まさにその通りだと思います。花の顔も10年も20年もそのままではないでしょう。

生まれた時から、某A家のお嬢さんたちは結婚したら一国民になるから 大学で好きな結婚相手を探してきなさいと教育され、それを実行。

ところが某A家の長女が選んだか、引っかかった相手が性悪で、次女はとばっちりで、自由恋愛自由結婚に制限がかかっている状況。

一方で愛子様は
現行法で有れば、結婚すれば一国民になるはずだけれど、10年前にお蔵入りした改正のための意見書では女性宮家当主となる可能性もあり、更に国民の次期天皇の期待も高まっているにもかかわらず、今後の成行に関する決定権は御本人にもご両親サイドにも、あるとは言えない。

恋愛も結婚も一人ではできません。
好きになるのは一人でもできるけど。

10代の恋愛だったらピュアな二人の気持ちが有れば、将来や相手の立場なんてものともせず 恋愛成立するかもしれないけれど、

20代以上になったら、お相手が「一国民で真面目でそこそこの地位が有ればいい」のか、お相手に相当の覚悟が必要になるのか、はっきりさせてあげないと、いくら愛子様や周りの方が「いいな」といっても、相手が二の足踏みます。

天皇陛下が雅子様とご結婚されるまでに「長い道のり」だったということですが、愛子様はそれ以上になる可能性もあります。

会社や知り合いの30代で彼氏がいない未婚の女性たちの話を聞いていると「優良物件」は中学生時代にすでに売約済みになっているとか。
(なので30代肉食女子は、既婚者にも手を出すのかも)

愛子様とお年が合う、素晴らしい方々は今まさに
そういった肉食女子に虎視眈々と「優良物件」とみられていると思います。

早く、愛子様の立ち位置を決めてさせあげるよう
国会議員さんたちが動いてくれるといいのですが!

ペットの交配でも「相性」あります。
旧宮家の男性という、人格も考え方、性格もわからない方を候補に考えるのは愛子様に失礼です。(これは次の議論ですね)

142
1048

結婚は(優良)物件探しですかあ。そして、
恋愛と結婚は別・・も、当たり前の時代なの
ですか。凄まじい時代に成っているんです
ねえ。

敬宮殿下の婚儀が、如何に複雑・困難な事で
在るかを理解させていただきました。

御人柄好く、資質豊な宮様を御いたわしく
思います。

あれも、これも、それも、全ては粉女が起因
なのでしょうか?

169
1035

コロナ禍の中で、日本政府の対応について「プランB」の不在を嘆く声があると言います。未知の事象への想像力の欠如。
更に慎重になりすぎて対応がゴテゴテに回っていると。

男性である天皇陛下のご結婚相手候補選定からご結婚まで10年以上かかっています。

愛子様のお相手探しにはもっと多くのハードルがあるのでは? 想像力が必要です。

家柄とか、お人柄以上に、お相手がその時フリーである必要があります。

例えば スケートの羽生結弦選手。
姿形もうるわしく、学歴も高いし、国際性もあるし、精神性も高そう。
こういう方だったら愛子様のお相手として申し分ないと 国民の多くが思っても
その国民の中には適齢期のお嬢さんもいます。
今26歳。10年後、フリーである可能性はどうでしょうか? 

ラグビーのリーチマイケル氏。
日本人以上に日本の精神性を理解し リーダーシップもバッチリ。32歳。既婚 子持ち。

そういった「素敵な男性」は万人にとっても「素敵な男性」であることを やはり宮内庁様には意識してほしいです。

男性の場合はが結婚対象女性の年齢は、10歳年下でも15歳下でもOKかもしれませんが、女性の場合は、10歳下は 国民の皆さんはよく思われないかも。男性の場合のお相手候補は年々(ご結婚されて)減るかもしれませんが、新たに適齢期になって補充されるのです。でも、女性から見たお相手候補は、年々他の人と結婚するとすれば 減る一方 補充なしです。

また、「立派な素敵な男性」にとって将来の自分の立ち位置が不明な境遇へは、自ら進んで入っていかないと思います。

こうした状況に更に拍車をかけているのは、某A家の政治家との癒着のような気がします。

71
1033

天皇家は厳粛というかとても暖かそうだし、その家庭環境で愛子さまはとても心が満たされていそうだし、家庭には何が大切かというのをちゃんとご存知でしょう。
なので、自分の中の欠けた何かを満たしたくて、とか、周りを見返したくて、というような結婚などしない。きっと。

254
1033

敬宮様がお幸せな結婚と、皇太子となられることの両立がかなうことを祈っています。 そのためには、よく研鑽を積まれて、責任あるお仕事なども経験されて人を見る目を養い、時間をかけて相手を確かめることが必要でしょう。どうかメディアの方々は、下衆な好奇心で敬宮様を追い回さないでほしい。皇后陛下の「お妃候補」時代の追っかけはひどかった。 どうか敬宮様に落ち着いた環境を、と願わずにいられない。

288
1038

間違えて下げポチを押してしまいました。ごめんなさい。このコメントには全く同意します。上げポチに訂正です。

109
1046

卑しい心根の者共が、
無礼の振る舞いに
及ばぬ様、

私もこゝろより祈念
致します。

211
1038

秋家の皆さんに一番聞きたいこと
 「狡い行い」について当たり前と思っているのか
又は小室親子と同レベルで秋家も狡く生きているのか?
そうでなければ今の現状は有り得ないと思う

164
1059

眞子さんと小室氏がお付き合いを始めた時に、タクシー代も無い男を!来ると直行で眞子さんの部屋で長時間過ごさせる❗️其の頃に何故止めなかったのだろう❓銀行も法律事務所のコピー係の男を何故に留学させたのか秋篠宮は説明責任が有ります!眞子さんは初孫で美智子さんがお世話係をつけて我儘いっぱいに育ち!佳子さんは、お腹にいる時から夫婦仲が悪かった(タイの愛人疑惑❓)紀子さんは、宮内庁に夫婦仲の取り持ちを頼んだ❗️
全て優柔不断な秋篠宮夫婦の責任‼️
天皇家は、何時も穏やかで拝見するだけで心が和みます。敬宮愛子内親王殿下には女帝の相が有り22歳頃から活躍され42歳で良い方向に変化されると占いに出ているそうです。敬宮愛子内親王殿下が42歳で天皇陛下になられると云う暗示でしょうか❓是非に実現して欲しいと思います。

171
1041

眞子内親王は、川嶋紀子の嫡出子
臨済宗僧侶の息子に似ている。

佳子内親王は、非嫡出子。
お腹にはいません。

1798
4

>佳子内親王は、非嫡出子。とのことですが、父親は父親はどなたでしょうか?
>悠仁親王には、古代天皇の遺伝は渡っていない
というような話を読みますと、佳子内親王の父親も当然のはずの方ではないのでしょうか?

15
1785

佳子内親王の父親、悠仁親王の父親は、女官の父親、もしくは、女官の弟が有力視されている。
一旦、家庭用ごみに出されたティッシュペーパーにくるまれた精液で、人工授精されて二人は生まれたと言われています。
ですので、秋篠宮家は、男系ではだれも天皇の血を引いていないです。

1784
4

嬰児のころ誘拐され、暴行、凌辱、拷問され、リンチに参加させられ、
性接待を強要され、大きくなった佳子内親王のことを思い、
郷(さと)のおじいさん、おばあさんが、泣いていますよ。

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて、
忘れがたき 故郷(ふるさと)

1767
8

世襲女官家の女官が、マインドコントロールの手法として、
・女官のリーダー格のみが、ターゲットにやさしく接し、他の女官が冷たく、残酷に接し、唯一の味方だと思わせる。
・ターゲットにはなにも知らせず、資料などのメモも取らせず、女官のリーダー格が指示したとおりに動くかどうか確認する。
・反抗的な態度、敵意がないかどうかを確認のため、サブリーダ格が、反リーダー格を装い、ターゲットにリーダー格の悪口を言わせる。
・ターゲットが悪口を言ったら、徹底的に、痛めつけ、凌辱し、睡眠をとらせず、無理難題のみを与える。
・従順に、リーダー格の奴隷に染まるまで、吹き込み、ほのめかしを続け、睡眠時にもそれを続ける。
・ターゲットが全ての価値観が崩壊し、リーダー格の奴隷に染まる。
・性接待を強要され、風俗でバイトさせらえ、上納金を取られる。
・リーダー格の命令で、ターゲットは実家に元気で暮らしている、つつがなく暮らしていると手紙を書かせる。
・全裸の写真や、性的行為の動画を撮影し、いう事を聞かないと公開すると脅迫する。
・睡眠中に、薬物投与する、もしくは、食事に覚せい剤、幻覚作用のある薬物を混入し、薬物依存にしたあげく、リーダー格から薬物を入手せざるを得なくし、従わせる。
・女官の宿舎に、盗聴器、盗撮カメラを仕掛け、悪口を言ってないかどうか監視する。
・暴行直後に、頸部圧迫、鼻口部閉塞され、低酸素脳症にして、一時的な記憶障害を発生させ、事件の発覚を隠蔽する。
・逃げた女官は、見せしめで、痛めつけ、リンチする。
を学んでいるのです。秋篠宮家は怖いです。
宮司の娘を、宮家のために出し、奉公させたつもりでしたが、娘は、人格崩壊し、家で引きこもり、リストカットして、もう、娘は散々な目にあわされました。

1056
5

平成から令和への譲位前後から皇室に興味を持ち始めたニワカにはなんとも信じがたいというか、いっそ誹謗中傷ではないかと言いたくなるコメントがあります。
嬰児の頃に誘拐〜とか、マインドコントロールとか…
皆さん自信たっぷりに書かれてますが、ソースは何なのでしょうか?
秋篠宮家への不満はたっぷりだし廃宮になってほしいし敬宮様の立太子を望んではいますが、こちらのコメントの一部には着いていけません。

17
1038

他では書けない内容盛りだくさんです。
これだけそろっても、A家は続いている。もう限界にきている。あとは文春で調べて書いてください。
・文仁親王殿下は女系男子(北朝崇光天皇17世の娘の子)
・川嶋紀子が殺人教唆、拷問マニア、アルコール中毒、セックス中毒、覚せい剤中毒
・川嶋紀子が宮内庁長官西村と不倫交際中で、セフレ以上の関係
・女官Bが大量殺人、大量死体遺棄、配偶者は皇宮警察官、愛知県と岐阜県の宮司連中と凶行共犯
・女官Bは、眞子内親王の姉、佳子内親王の母、悠仁親王の母
・女官Bは、趣味と実益を兼ねて風俗バイトで生計を立てていた
・女官Bは、知人の男に手を出し、指を詰めた。
・女官Bは、佳子内親王を産んたが、佳子内親王が幼児時に虐待にあい、やむなく自分も女官として出仕するようになった。それから、自らも虐待され、転落人生を送るようになった。
・女官Bは、家庭用ごみに捨てられたチリ紙から採取し、人工授精で、佳子内親王と悠仁親王を産んだ。
・佳子内親王は、女官Bの自宅付近の病院で生まれた。
・悠仁親王は、女官Bの自宅の隣接した都市の市民病院で生まれた。
・眞子内親王がどの天皇とも血がつながっていない
・佳子内親王が売春で稼いでいる。嬰児の時、誘拐されて皇室入り
・悠仁親王が川嶋紀子による首絞めで低酸素脳症となり後遺症に苦しむ
・悠仁親王は北朝崇光天皇20世
・悠仁親王は、5人いる(全員、元気でやっているかどうか取材して、伝えてほしい)
・死体遺棄場所は、女官Bの自宅付近と福岡という場所の可能性もある(福岡は九州ではない)

雑誌が、記事にできない報道協定が、皇室を救っているとは思う。
やはり、民間人経験のある皇族を、新しい宮家を創設し、戻すべきなんじゃないでしょうか。
皇室を、立て直しませんか。

1094
5

文春とか正気ですか?基本的に女性週刊誌に書かれていることは信用していません。記事内容も二転三転、どれが真実だかどれもまがい物なのか。
それにあなたも「雑誌が、記事にできない報道協定」と言ってるではないですか。どこを調べろと言うのですか?
悠仁様の影武者説、ああ、敬宮様にもありましたよね影武者説。ばかばかしい。まるでかつて風評被害に遭われた天皇家(当時は皇太子家)の焼き直しではないですか。
女官Bですか、彼女は誰の種で人工授精で産んだのですか。そして何故秋篠宮家が彼女の子を攫ったのですか。それに佳子様を産んだ後に女官として出仕したようですが、その後またしてもティッシュ(略)で悠仁様ですか?そう何度も同じ手を使うとか、創作にしてもお粗末ですね。

結論、あなたの仰ることはどれもこれも眉唾でしかなく、誹謗中傷と同じ類と見ました。
秋篠宮家憎しが過ぎるのも考えものですね。

13
1002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です