美智子さまに「怯える」子供たち 恐怖の皇后、慈愛はいったい何処に


カメラの前では静かな笑みを浮かべる美智子さまだが、実際にはかなり怖い方であることはあまり知られていないようだ。そんな美智子さまの知られざる「一面」を紹介したい。

怖い美智子さま

物事に細かくネチネチと職員を責め立てるといえば紀子さまのお姿が思い浮かぶ。秋篠宮家が「ご難場」として知られ、離職率が高いのは偏に紀子さまのご性格による。秋篠宮家はブラック企業そのものなのだが、労働組合を結成して抗議したという話も聞かない。まさにやりたい放題の環境だ。

一般人が皇族になると、結婚したその日から「さま」「妃殿下」と呼ばれるようになるため舞い上がってしまう人は少なくないようだ。紀子さまもそんな一人であり、なんとあの美智子さまもそうであった。

テレビや週刊誌に出てくる美智子さまは、皇后としての務めを果たし、国民に寄り添い、慈愛に満ち夫である陛下を支える「良妻賢母」そのもののであった。だが人間である以上、般若の面もある。



美智子さまの知られざる一面

美智子さまの知られざる一面と言えば、テレビカメラのないところでは悪態をつかれることが多いことだ。準備されているはずのお召し物が遅れたりすると「チッ」などと舌打ちされる。若い女性職員に絡むことも多く、美しい独身の女性職員に対して「マニキュアなんかして…。ここは女を売る場所ではありません。浩宮に媚び売ろうとしているの」などとウザ絡みしていたことは今も鮮明に記憶に残る。その女性職員はその場では「申し訳ございません…」と言っていたが、数日後退職した。

当時は、皇太子殿下(現、今上陛下)の結婚遅れがメディアでよく取り上げられていたが、その原因は美智子さまのこのような「困ったお母さんぶり」が背景にあるのではないかと思う。

皇室の世界はヒエラルキーがすべてであるので、皇族に嫌われたら宮内庁職員はやっていけない。普通の会社ならば、理不尽な上司は懲戒処分を受けたり更迭されたりするのだろうが、皇室にそのようなシステムはない。

不敬を承知で言うが、そのような特殊な環境こそが、美智子さまや紀子さまといった「モンスター」を生み出してしまったのではないかと考えている。



子供から泣かれる

そんなカメラ映りばかり気にされる美智子さまだが、子供の直感はごまかせないようだ。皇族方は公務の折に、子供の接する機会が多い。子供は日本の宝であるからこれは当然であろう。

美智子さまも「映りが良い」ので「子供と戯れる私」という構図を大変好んだ。

だが、本性は隠せないのだろうか? カメラ映りばかり気にされる美智子さまに子供たちがなつくことは殆どなかった。

下の写真は全国植樹祭のもので美智子さまお気に入りの一枚だ。当日、本当は黄色の服をお召しになる予定だったが、園児たちが青色の制服だと知って急遽、赤色に服にお着換えになった。もちろんそのほうが「映える」からだ。

美智子さまにとって「国民に寄り添う」とは「カメラ映りが良い」ことなのだろう。


29 件のコメント

  • 皇室という特殊な環境が美智子さまや紀子さまといった「モンスター」を生み出したのではなく、自己愛パーソナリティ障害の人が集うのが皇室という環境だということだと思います。

    自己愛パーソナリティ障害について、ネットで情報を拾うと、
    ・自分の価値を過大評価し、自分は特別であるという空想をいだく
    ・無条件に賞賛されたいという欲求がある
    ・共感性の欠如
    が特徴です。ありえないほどの特権意識を持っていたり、他者が自分をどう見ているかに敏感なのは自尊心が崩れやすいからです。「カオナシ」と評価している人もネットでいました。自分というものの芯がないんです。他者と自分の区別がないから他人の業績も平気で盗む。とにかく自尊心を保つためには手段を選びません。他者を利用し、嫉妬深いのも特徴です。

    嫉妬対象の猿真似も特徴的行動で、こういう人の頭の中では自分こそがオリジナルと思い込み、真似のオリジナルである嫉妬対象を抹殺するのだそうです。最近の天皇家リングコーデの猿真似や衣装被りの数々もこうした病理から理解すれば納得です。相手を好きだから真似てみる、のは正常の人の反応です。ですが彼らは嫉妬対象の真似をするんだそうです。

    こういう性格の偏りのある人にとって、皇室とはどういう存在でしょうか。それこそ喉から手がでるほどほしい環境なのではないでしょうか。
    皇室に入りたくてしかたない連中はこの「強度の性格の偏り」を疑うべきですね。

    442
    1811
  • 天皇陛下が浩宮様だった幼少の頃、妊娠中(礼宮)なのに高いピンヒールを履いてカメラの前でポーズしてた美智子さんの写真を、今は閉鎖された皇室サイトで見た時は呆れ果てました。

    横にいる浩宮様はカメラ目線の美智子さんに手も繋いでもらえず、特注したマタニティー衣装の裾を寂しそうに握りしめていました。
    子供に対し愛情のひとかけらも感じない、本当にひどい写真でした。

    子供さえ自分の引き立て役。
    昔から自分本位で女優を演じてたんですね。

    礼宮(実妹の子供)と紀宮(女官の子供)という説が事実だとしたら・・。

    表向き(仮妊娠中)は、お腹に詰め物をして妊娠したように誤魔化して、当時、ピンヒール履いて着飾ってあちこち出掛けまくってたのも納得。

    今も国民を騙し続けてる女優。
    罪深いですね。

    434
    1804
    • 妊娠中でもメーガン妃もピンヒールを履いていたように思います。中にはそんなお母さんもいるんでしょう。希少だとは思いますが。

      礼宮と紀宮は美智子様のお子様だと思います。礼宮の御胤は上皇なのか、疑問を持っておりますが。眞子様があまりにも森某氏に似ておられるので。

      295
      1767
      • すがるような思いでお尋ねします。

        宮時代の今上陛下を除いておられ
        ますが、経緯を詳しく。m(_ _)m

        今上陛下婆の【腹に非ず】を熱望
        しているからであります。

  • 美智子様が若い頃、当時の皇太子(上皇様)とご旅行された先の旅館での話。
    美智子さまが、階段を先に登っていた皇太子のお尻を叩いて「早く行ってよ」と言っていた。それを見てた旅館の経営者は後に、「なんだあの女、嫌な女だ。テレビや週刊誌と違う。俺はあれから大嫌いになった。」と友人に言ってのを思い出した。

    498
    1751
    • 驚きました。公務先で見掛けた紀子様のはしたない話は何度か目にしましたが、美智子様は上皇にとても強気だったのですね。

      ミーと上皇が呼ぶ声が聞こえるインドの動画で、上皇が美智子様に話し掛ける際に、とても遠慮がちな様子で後ろからツンツンと腕をつつきながら、向こうを向いた美智子様に声を掛けていらっしゃったものがありました。完全にかかあ天下の雰囲気でした。

      388
      1738
      • ばば:威嚇と恫喝で錦の御旗を引きずり回す猿使い。

        じじ:意思薄弱でエロいだけの・・・・・。

  • 前皇后が演出過剰で浪費家であったという事に対しては、「おやまあ・・・」であるが、心配なのは雅子皇后が国民から尊敬されるほど、あの人とあの人の嫉妬をかい、また閉じ込められてしまうのではないかということです。
    皇后の「医師団」と称する人々は、本当に皇后さまの味方なのでしょうか?
    抗うつ薬など、飲み続けるとかえって良くないそうです。友人の娘さんも「精神科の治療に行った後、様子がおかしくなる」と心配しています。天皇皇后両陛下の置かれている環境は、ご自由に医師や治療方針を選択できる環境ではないように思います。ドタキャンを繰り替えるように仕向けられているのでは?
    なんだか時代じみていますが、病むほどに嫁を追い詰める前皇后の激しさを思えば、あり得ることです。
    小山内様、お食事やお飲み物、お薬など、すべての安全を気にかけてくださる侍従のかたはいらっしゃるのでしょうか?

    438
    1732
    • 私も同様に懸念しております。

      皇太子時代は申すに及ばず、令和に至った
      今でさえ、

      今上御一家の、身の安全さえ確保されて
      居ないのでは・・と、憂えております。

      何故之ほど迄に堕ちて歪められてしまった
      のか?

      7
      1309
  • すみません、「ドタキャンを繰り替える」ではなくて、「ドタキャンを繰り返す」よーに仕向けられているのでは、ということが言いたかったのです。
    体調が悪くなるように仕向けられているのでは・・・と本気で心配しています。愛子様のことも心配です。
    天皇ご一家を慕う職員の方々は、みな良い方でしょうが、「悪」に対しての用心もしっかりお願い致します。

    378
    1750
    • 新年のご挨拶のビデオ録画でも同じような事を思いました
      たしか宮内庁の方へ上皇后が雅子皇后が出ることがないようとの思し召しをかなり強く伝えられたと書かれていて、相変わらず足枷をされているからお出になられないのではと思っていました
      今上陛下と皇后はそれでも敢えてお二人でお言葉を述べられたのだと思いますが、雅子皇后の緊張感からまだ美智子皇后の思し召しが強いストレスになっているのだと感じました。未だにトラウマになる程
      長年にわたり恐怖感を持たれる仕打ちをなさってきてる、それが今でも いや前よりも感情が抑えきれなくなって慈愛の仮面をかなぐり捨て愛子さままで表にでないよう要求される
      恐ろしいことです

      263
      1738
      • 御目に掛かることは愚か、近づく事も叶わぬ
        庶民でさえ、之ほど懸念・憂慮せねば成らな
        い現況。

        元凶は誰?何処?何故? ですねえ。

        元凶:婆&手先共 何処:高室内 
        何故:○狂い婆の嫉妬

        背後に巨悪が控えて居るのかも・・・・・。

        民度が高いと賞される我ら民草如何します?

  • 光あれば、闇あり。山あれば、谷あり。 
    最近の皇室から、感じること。それにしても闇が深すぎる。

    一連の事件は、あまりにも俗っぽくて、
    一般人に皇室について興味を持つための、いい機会を与えてくれました。

    宮家の制度が戦後廃止されて良かった、と心から思えます。
    ふさわしくない宮家の浄化を希望します。

    408
    1726
  • 試し乗りで男性経験が豊富だった方にとって、
    前天皇を操ることなど、
    赤子の手をひねるよりも簡単なことだったのでしょう。

    ほんとに見た目ばっかり。
    平成時代はすっかり騙されて、悔しいやら情けないやら。

    令和になって、ほんとによかったです。

    362
    1730
  • 美智子の本質を表しているスナップですね。
    美智子にとって国民は自分の引き立て役、特に子どもたちは格好の素材なのでしょう。

    それにしても平成の闇は深い。
    雅子様のご健康が守られますように。雅子様のご活動が妨げられることがありませんように。心を込めて毎日お祈りしています。

    362
    1733
    • 憧れ、優れたものを称えるのは、すなおなこゝろ
      だと思います。

      信じられない程【邪悪】なものを【目撃】した今、

      【汚物】【害毒】を排除する術を学びましょう。

    • 皿婆の残させた映像・画像の数々。全てに
      コメントを付けたい。

      貴方の採り上げられた画像についても。

      赤皿含め、全身赤ずくめ、加えて高い
      ヒールの革靴で、園児と奔る姿。

      ”象徴”的です。元気だったんですねえ。
      体力だけは人並み以上は今も変わらず。^_^

      ”つれあい”はと探せば、遥か後方から
      ”髄者”の如く、満足げな笑顔で追っか
      けの様に・・。

      情けない! みすぼらしい! に尽きる。 

      8
      1334
    • 血染めの服を着た山姥が、どの子を食べようか吟味してる様に見えました。怖いよ〜。

      21
      1736
  • 今はもう引退している伯父が児童福祉施設で働いていた折、当時の皇太子ご夫妻(現上皇ご夫妻)が慰問にいらして、伯父が案内とご説明をさせていただいたため、お美しい皇太子妃さま()を案内する写真を我が家の家宝とばかりに祖母が大切にしておりました。

    障害児なんかどうでもよく、慈愛に満ちたアテクシ、が最重要だったのでしょうね。
    今上陛下と皇后さまを案内ならばなんと栄誉なことでしょう。自然な慈しみや親しみが感じられる天皇ご一家と違い、筆頭宮家のわざとらしい娘御の子どもかわいがりポーズとおばあさまそっくりですね!
    ばあさまのほうが気高き自愛に満ちている分、ひどいかな。

    241
    1733
    • 写真を家宝の様にされていた祖母君さまと
      貴方様との隔たり・・。凄まじい現実。

      情報の御提供有難うございます。

      こんな実態報告が、実態を暴きます。重ね
      て有難うございます。

      知らされない、識りえない”庶民”の支えに
      成ります。 m(_ _)m

      5
      1308
    • 追記
      治療に通っている病院に、この時に他の場所で撮られたと思しきお写真が院内に飾られているのに気づきました。

      皇太子(現上皇)が遠くからお呼びか、振り返られているのにミテコさまはおひとりで赤絨毯の上をモデルウォーキングしてました……

      149
      1733
  • 自分をよく見せるため、写真撮影のために子どもたちを自分の小道具にしたり、本当に困窮している被災者をアクセサリーにしたり・・・。
    モンスターなんて可愛いものじゃないですよ。
    悪魔ですよ。
    今度は、老いて認知機能が衰えてきた上皇陛下まで、アクセサリーにし始めてますね。

    274
    1730
  • 小内さんの記事を多くの国民に観てほしいと思います。

    『一般人が皇族になると、結婚したその日から「さま」「妃殿下」と呼ばれるようになるため舞い上がってしまう。紀子さまもそんな一人であり、あの美智子さまもそうであった。
    普通の会社ならば、理不尽な上司は懲戒処分を受けたり更迭されたりするのだろうが、皇室にそのようなシステムはない。そのような特殊な環境が、美智子さまや紀子さまといったモンスターを生み出してしまった。』

    このような皇族への宮内庁職員の方々の対応は、常人では耐えられないことも多いかと思います。
    以前、皇族の結婚は周囲の判断はあったが、戦後は無くなりつつあり、特に眞子さんの結婚相手は周囲の判断は無く、皇室には不向きかと思います。

    92
    1741
  • カメラの前で笑顔で慈悲を気取っても 子供たちの純粋で清らかな心の前では
    般若の本性は見透かされてしまうのでしょう。

    66
    1743
  • 川嶋紀子は、平手、雑誌、テニスラケット等で殴る、足蹴りするなどの暴行を加え、スタンガンを押し付ける、頸部に手刀を加え気絶させる、タバコの火を押し付ける、アイロンを押し付ける、熱湯をかける、全裸にし写真や動画を撮る、性的な行為をさせ写真や動画を撮る、正座させた状態で足を踏み付ける、喉を手や紐で絞める、指を反らす、沸騰したお湯を無理やり飲ませる、御粥やインスタントラーメンだけの食事を強いる、大量の飲酒を無理にさせる、異物や汚物を食べさせる、女性性器に昆虫などを挿入する、食事時間を制限する、3日間くらいの絶食を強いる、水風呂に入れるなどの暴行や虐待を、日常的に繰り返しております。
    秋篠宮家女官らは川嶋紀子に逆らうことができず、川嶋紀子は女官らを意のままに従わせて支配しています。
    さらに、川嶋紀子は、女官を風俗で働かせ、上がりを上納させたり、相互に殺し合い(タイマン勝負)をさせたり、一般社会での万引きを強要したり、一般市民への殺人を教唆したりしております。

    川嶋紀子は女官の誰かが逃げ出すと全員で探しに行かせ、最後は家族にまで追い込みをかけると公言していました。
    女官は女官の実家家族に危害が及ぶことが怖かったのと、女官自身も逃げ出して、もし見つかったらと思うと怖かったのです。それとあと、不思議なことに、女官は、わずかながら川嶋紀子に対する尊敬の気持ちも残っていました。そうした事情が重なり、逃げ出せなかったようです。

    女官らは、川嶋紀子を恐れ、常に川嶋紀子の機嫌を窺って行動するようになり、また、川嶋紀子が女官相互に暴力を振るわせたり、凌辱をしたり、互いに監視させたりしたことから、女官らは相互不信に陥り、互いに密告を怖れて共同して川嶋紀子に反抗することができなかった。このように、A家の女官らは川嶋紀子に逆らうことができず、川嶋紀子は女官らを意のままに従わせて支配した。

    若手女官、新人女官たちは共同生活を強いられていました。川嶋紀子に命じられた先輩女官から、全裸され、凌辱され、大声で怒鳴りつけられ、夜通し殴られるなどして反抗心を奪われた末、川嶋紀子に奴隷のように従わされていました。

    女官を助けてあげてください。外国人記者クラブの方は、報道してあげてください。

    1741
    • ここには下げポチ無くて、上げポチだけ。上のコメントの下げポチと ほぼ同じ数。
      分かりやすい 嫌がらせ。
      時々、コメントの本意を理解できてないようなポチもある。
      日本語が正しく理解できていない 外国人アルバイト❓️ 日本語も英語もきちんと習得出来なかった鬼孤❓️

      14
      1095
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です