美智子さまは、国民が苦しむのを楽しんでいる 濱尾侍従の告発に上皇后さま「お怒り」


平成という時代を振り返るとき、時の天皇皇后両陛下(現、上皇上皇后両陛下)が災害のたびに慰安の旅に出られた。被災地での公務を通じ、勇気づけられた人も多いだろう。だがそれは本心からの公務なのだろうか?

濱尾侍従の告発

元東宮侍従の濱尾実さんは、上皇陛下・天皇陛下のお傍に仕えた方だ。宮内庁を離れた後は、評論家・執筆家として活躍され、皇室問題について歯に着せぬ発言を繰り返されたのでその名前をご存じの方も多いだろう。

そんな濱尾さんは、『AERA』1993年6月15日号に次のような一節を寄せた。

天皇家は「国民と苦楽を共にする」と言われているが、私には「楽」しか共にしていないのでは、と感じます。

具体的には美智子さまがコンサートや展覧会など、国民と“享楽”ばかり共にして、辛く厳しい国民の現状から目を逸らしているというのである。

平成という時代を通じ、災害のたびに慰安の旅をされていた両陛下のお姿を何度も見てきた人からすれば、この濱尾さんの指摘には違和感を覚えるかもしれない。だが、そのようなイメージは平成中盤から徐々に醸成されていったもので、御代替わりした後の数年間は「美智子さまは快楽主義」という評判がもっぱらだった。



怒り心頭の美智子さま 附:美智子さまお気に入りの週刊誌

美智子さまはオモテでは感情の起伏を滅多に出さないが、オクではストレートにその時の思いを表現される。この濱尾さんの記事にも当然怒り心頭だった(あまり知られていないが、この濱尾さんの告発が美智子さまバッシングの始まりであり、美智子さまが最初に激怒されたように記憶している)。

濱尾さんが寄稿した『AERA』という雑誌は朝日新聞系列の週刊誌であり、『女性セブン』や『週刊文春』よりも上品な趣がある。

それだけに美智子さまのショックも大きかったようだ。「女性週刊誌に何を書かれても、まともな方なら真に受けないでしょう。しかし、こういう媒体に取り上げられると、たとえウソでもマコトだと信じてしまう人も多いのではないでしょうか?」と真剣なお顔で宮内庁の担当に苦言を呈していた。しかし美智子さまがコンサートや展覧会などに行くことが大好きなことは、当時の職員ならだれもが知っていたので、表では「仰る通りです」と頷きながらも、裏では「大好きなんだから仕方ないではないか…」と呆れていたものだ。

ところで美智子さまの愛読書が週刊誌であることを、最近では宮内庁が公認しているようであるが、美智子さまお気に入りの週刊誌はなんであろうか?

もちろんそれは『女性セブン』『女性自身』『週刊女性』の三大女性週刊誌であり、その続いて『週刊文春』『週刊新潮』の二大週刊誌と『フライデー』など写真週刊誌がお気に入りだ。基本的に過激な見出し記事の週刊誌がお気に入りと考えてもらって間違いはない。『AERA』『週刊朝日』『サンデー毎日』といった意識高い系の記事が多い週刊誌はあまりお手に取られない。

意外にも月刊誌では『THEMIS』という陰謀論系の雑誌がお気に入りだ。この『THEMIS』は、基本的に定期購読者のみ購入することができる雑誌であり、書店流通がほとんどない特殊な存在である。まさか美智子さまや宮内庁が『THEMIS』を定期購読するわけもいかなかったため、店頭でも例外的に買える東京駅前OAZO「丸善」でこれを毎月買っていた。皇居から近いので便利であったが、まさか美智子さまに忖度して置かれるようになったのだろうか?(笑)



演技派女優「美智子さま」

私はこの濱尾さんの告発は、平成皇室のあり方を大きく変えたと思う。災害のたびに我先にと被災地に乗り込む美智子さまをつくったのは、まさに濱尾さんの「私には「楽」しか共にしていないのでは、と感じます」という一言があったに違いない。

もちろん現場でひざを折られ被災者と向き合う両陛下のお姿は崇高であることは間違いないし、これに救われ勇気づけられた人も多いだろう。

だが美智子さまは慰安中の写真うつりを大変気にされ、作業着の着用に難色を示されたりしていたことはあまり知られていない。だが、宮内庁のスタッフが「作業着をお召しになられたほうが、真摯さを感じ、好感度が高まると思います」と指摘すると、今度は私服でもよい場面でも両陛下共に作業着をお召しになるという逆転現象が生じだ。イメージ重視の平成皇室を象徴するシーンだ。

結局「国民と苦楽を共にする」といってもそれは演技でありショーなのである。これが平成皇室の本当の姿だ。国民の苦しみは、美智子さまにとっては「慈悲」をアピールする絶好の場所なのだ。


13件のコメント

確か浜尾侍従が、なるべく早く被災地に行かれて人々の苦難を受け止めるようにすべき、と雑誌で諫言されたところ、そこは取り入れて早々と被災地に行かれるようになったと記憶しております。

浜尾侍従は苦を共にするようにと提案されたわけですが、美智子様はそれは慈愛アピールにピッタリだわ、と採用なさったのでしょう。

376
1942

【だが美智子さまは〜作業着の着用に難色を示されたりしていたことはあまり知られていない。だが、宮内庁のスタッフが「作業着をお召しになられたほうが、真摯さを感じ、好感度が高まると思います」と指摘すると、今度は私服でもよい場面でも両陛下共に作業着をお召しになるという逆転現象が生じだ。イメージ重視の平成皇室を象徴するシーンだ。】

よく政治家がクリーニングお届けのビニール袋から出したばかりといった折り目がきっちり入った作業着を着て,長靴はきれいな物を履いているが,あれを見れば見え見えである。
不潔でいい訳ではないが,要は気慣れてないのである。『無理に着なくても』と何回も思った。
前天皇夫妻も同じ。
画像で見ると『どうせ,あの上着すぐ脱ぐんだろうな』と少し白けていた。
逆に一昨年の暮れに台風19号被災地に行かれた両陛下がきちんと上着をお召しになっていたり、若い皇太子ご夫妻の頃,地味めのスーツに長靴を履かれて機敏に動かれていたお姿は清々しかった。

お見舞いもいいが,一般でも相手の邪魔にならないようにと考えるのだ,『あの二人』はそのような事は全く考えなかったのであろうか?

408
1009

私は常々”被災地に出向けれるのは良いけれど、猫の手も借りたいほどの大変な時期に行かれるなんて何と配慮がない人たちなんだろう、、行けばそれなりの警備が必要になるし(余計な経費が掛かる)、災害復旧に携わっている人達の手を止めないといけないですね。お願いだから復旧の邪魔をしないで欲しい。じっとして居て下さい。貴方が移動すればまた、我々の税金から出ていきます。それでなくても毎年莫大な税金が貴方たちに使われているのだから”と思います。

昭和の頃御成婚当時は皇室に新しい風ともてはやされていたけど、令和の今では皇室の癌でしたね。

395
1902

女帝さまは最初の頃、被災地訪問とかしてなかったですものね。
浜尾侍従に告発されてましたね。
その後、被災地訪問かなんかして感謝されてありがたられたことに味を占めて最終的には一刻も早くですものね。
コンサートや映画、美術などの鑑賞系を公務にしたのは女帝さま。そのあとを引き継いでるのが秋篠宮家です。
宮家皇族であることを良いように謝礼金受け取りも女帝さまの入れ知恵かな?

浜尾侍従みたいな侍従はもういないのでしょうか?
ならぬものはならぬのですとはっきりと申し上げてくれる人はもう表れないのか。
これも女帝さまが気に入らない人たちをクビにしてきたツケですね。
そして、自らクビにはしてないけど、優秀な人たちを病気にさせたり辞めるように仕向けた宮家が原因ですね。

426
1886

何も知らなかった頃、雲仙普賢岳の被災地や阪神淡路大震災の被災地法問を見て、両陛下のありがたさを感じていましたが
当記事にあるような、メディア映りばかり気にされるところや、被災者や子どもを抱きしめたときに皇后さまの温度を感じられるようにと高価な生地をあしらわれたお衣装に重きを置かれていたなんて事実を知ると国民として悲しさしか覚えません。

本当に相手のことを1番に考えていたらできないことばかり。まあ、第三者からしたら、被災地に足を運ばれて有り難く見えても
大混乱の中でただでさえ忙殺されている現場に、両陛下訪問(あとありがたくない、あの宮家訪問)でたくさんの負担を強いるなんてあってはならないことですよね。。。

ありがたさ1割困惑と迷惑さ9割。
形ばかり国民に寄り添っていたから心からの崇敬がないのですよね。いくらメディア操作をしても、本物の国民への思いやり等、国民からの敬愛は作り上げられませんね。
令和の両陛下の真心がひしひしと感じられる昨今です。

あ、もちろん東宮時代から感じていましたけどね!
如何せんくだらん横槍が上と横から入るから)

380
1889

そんな念入りな演出の数々も、今では燃える皇室の燃料でしかないのですが。
くれぐれも、今上の御一家にまで延焼しない程度にお願いします(笑)。

それにしても、(当時の)皇后陛下の愛読書として、盛れば盛るほど善しとされる系の週刊誌をあげて隠さないとは。
開かれた皇室って、俗にまみれるという意味じゃないんだけど…(´-ω-`)

341
1888

小内さん、貴重な記事をありがとうございます。
『「国民と苦楽を共にする」といってもそれは演技でありショーなのである。これが、平成皇室の本当の姿だ。国民の苦しみは、美智子さまにとっては「慈悲」をアピールする絶好の場所なのだ。』

多くの国民は、平成時代は騙されていたが、今は皆、承知しています。
しかし、残念な方ですね。私利私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心はないのでしょうか。

308
1860

”自愛様”が、私利私欲を離れ、真摯に向き会うなど
有り得ない事です。

ダダを捏ね、やんちゃ撒いて暴れる幼児段階から
一ミリたりとも変われない、粗雑・幼児的存在です
から。

其れを60年以上放置し、処理できなかった時々の
政権・当局も又、 ”幼児以下” ?

90
1866

前皇后は、皇太子妃の時代にパラリンピックの成功に助力したり、沖縄の人たちとの交流に努力したり、「国民の力になりたい」という気持ちはあったと思う。行動的な人が「何でもできる」立場を利用してやりたいことをやってきた。戦後の「豊かになっていく日本」の気分と上手くマッチしていたのだろう。華やかは消費生活のアイコンのようになってしまった。しかし度が過ぎましたね。自分よりも素晴らしい太陽が空に輝くことを容認できなかった。残念ですね。晩年(失礼)の振る舞いが、これまでの称賛のすべてをぶち壊してしまった。高輪で静かに自省の日々をすごしてほしい。

224
1865

すっかりメッキが剥がれてしまった事を、上皇后はお分かりで無いのが残念です。
まだ国民は、上皇后のお出ましを待っているなんて、思ってません。政治にも口を出す、哀れで身勝手な強欲ばあさんと、ばれてしまいましたから。

167
1862

天皇ご一家の在り方が国民の心を癒してくれる。愛子様の卒業に際しての作文を読んで、こんなに、苦しんでいる人に心を添わせる人に育っておられることに感心し、ああ、両親の人間性がそうさせたのだと思った。男の子をもうけなかったという事で強烈ないじめに晒された現天皇夫妻のこれまでを思いやると、上皇夫妻が他人を思いやる心を持っていたら、もう少し違っただろうと思う。現天皇のかつての「人格否定発言」を思い出し、あれは悲痛な叫びだったのだと今頃思う。それを鞭打つ上皇や秋篠宮の無理解なひどい発言。あんな発言を許してしまったことを国民の一人として申し訳なく思う。上皇后と紀子妃のあり方などは見ていて情けない!秋篠宮はもともと中身のない人物でそんなものだと思うが、天皇の在り方を真剣に追及してきたと思われる上皇が、美智子妃にいかれていて全く無批判なのも情けない。秋篠宮家は皇室を潰すのではないか!PTSDと報道されたとたんに「眞子様お幸せに」などと言っては駄目だと思う!国民がしっかりして、皇室を育てることが肝要ではないか。
  

11
1

久しぶりに訪れて、不自然な下げポチの多さに、
改めてなんと無駄な悪足掻きを続けていたものか
と呆れる。

しかし、膨大な”告発”に、漸く悪足掻きと悟った
か、最近のコメントに下げポチが無い。

流石の悪評に、はした金で動いていた手下共も逃
げ出したか?

”平民”の声も無力では無い事の証明と想いたい。

6
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です