なぜ雅子さまだけ叩かれるのか 美智子さまと紀子さまの「実家との濃密な関係」は美談に


文/小内誠一

不思議な雅子さま報道

いよいよ12月9日は雅子さま57歳のお誕生日だ。コロナ禍で先行きが見通せない今だからこそ、雅子さまの笑顔、力強い生き様は国民に勇気を与える。

思えば令和になり週刊誌の構図は全く逆転した。平成時代、美智子さまと紀子さまは「慈母」として大絶賛されていたことは記憶に新しい。一方で雅子さまは何をしても週刊誌からバッシングの対象になっていた。

今回は、その典型例を紹介したい。すなわち雅子さまと実家との関係だ。皇族としても人間である以上は、嫁いだ後も連絡を取り合ったり、時に食事をしたりすることは当然であるように思える。だが雅子さまがご実家(小和田家)と連絡を取り合うと、どうしてか「小和田家に皇室が乗っ取られる」とばかりに非難された。一方、紀子さまがご実家と連絡を取り合っても、なぜか称賛される。美智子さまに至っては、実際には実家と懇意にしていたにもかかわらず、なぜか今ではご実家とのお付き合いがなかったことに歴史修正されてしまったいる。

今回はこのダブルスタンダートならぬトリプルスタンダードを紹介したい。

ご実家と連絡を取り合うだけでバッシングされる雅子さま

まずは、雅子さまの事例を紹介したい。保坂正康(ノンフィクション作家)、御厨貴(東京大学教授)、高橋紘(静岡福祉大学教授)、斎藤環(精神科医)、原武史(明治学院大学教授)、松崎俊彌(「週刊女性」記者、皇室ジャーナリスト)という6人が集まって「引き裂かれる平成皇室」というテーマの下、雅子さまを叩きまくる「座談会」が、『文藝春秋』2008年4月号に掲載されている。

2008年といえば、雅子さまバッシングの最盛期だ。『週刊現代』2008年3月22日号には「小和田家は、「皇室の仕事ができないなら、娘を引き取ります』と言うべきでしょう。皇后になったらそれこそ過密なご公務が待っている。勤めが果たせないのなら引き取るのが筋です」という宮内庁関係者の声が紹介されている。また『WiLL』2008年5月号から9月号にわたって保守論客の重鎮・西尾幹二さんが「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」というタイトルの下、皇太子ご夫妻(当時)に「傲慢の罪を犯しておられる」と言い放っていた。

今回紹介したい『文藝春秋』2008年4月号の座談会でも、まさにこの流れが引き継がれる。

松崎俊彌(「週刊女性」記者、皇室ジャーナリスト) そこに昨年暮れからの雅子妃の私的外出の報道が重なります。昨年十二月二十八日に、宮中でお餅つきがあったのに、そちらには出席しなかった皇太子と雅子妃が、その晩、ミシュラン東京版で三つ星を獲ったフランス料理店「ロオジエ」で夜中まで食事をした、とか、元日の祝賀行事のほとんどを欠席した雅子妃が、小和田家と東宮御所でおせち料理を囲んだ、といった記事が週刊誌などで毎週のように報じられました。両陛下とのお祝い御膳が一月二日でしたから、それよりも小和田家を優先するのか、と非難する声も上がっていますね。

高橋紘(静岡福祉大学教授) 他家に嫁いでもなお、妻の実家がしょっちゅうかかわってくる、というのは、美智子妃のときには見られなかったことです。…(中略)…東宮家と天皇家との距離が広がるのと反比例するように、小和田家との距離が近くなっているのも気になります。

『文藝春秋』2008年4月号

美智子さまのご実家については後ほど取り上げるが、ご実家と直通電話をつながれ、それを諫めた侍従が左遷されるという事件が起きている。また秋篠宮家派で有名な岩井克己記者は次のように言い放つ。

岩井克己(朝日新聞編集委員、皇室ジャーナリスト) 天皇陛下の発言を聞くにつけ、愛子さまのことで気になるのは、雅子妃のご実家の小和田家との距離が近いことです。小和田さん夫妻はオランダ在住ですが、帰国時は東宮御所に来られますし、妹さんやそのお子さんは、愛子さまの遊び仲間でもあり、ディズニーランドにも一緒に行かれた。昨年のオランダ静養の折にも、女王のお城に小和田家が合流したり、皇太子ご夫妻がハーグの小和田邸を訪れたりしています。

両陛下はこうしたことを聞いて、同じ東京で車で十分ほどの距離にいる自分たちに、愛子さまが打ち解けない状況を、淋しく思われるのではないか。雅子妃の小和田家との距離は、これまでの美智子皇后と正田家、あるいは香淳皇后と久邇宮家にくらべても、かなり近い。

『文藝春秋』2008年4月号

岩井記者は「実家との距離が近いのは雅子さまだけで、美智子さまも香淳皇后(昭和天皇后)も実家と距離を置いていた!」と言いたいようであるが、これは間違いだ。事実、すぐに修正されてしまう。

福田和也(慶応大学教授) 香淳皇后の父、久邇宮邦彦王は東宮御所に頻繁に来すぎるとか、久邇宮家の別荘を建てるのに皇室に費用を求めたとかで、貞明皇后の怒りを買っている。昭和天皇の即位後すぐに、邦彦王が亡くなったので、問題にならなかっただけでしょう。

岩井克己 そういう面は確かにありますね。

『文藝春秋』2008年4月号

岩井記者は、知っていてあえて雅子さまを叩いたのだろうか? それとも知ったかぶりをして雅子さまを叩いたのであろうか? いずれにせよ雅子さまだけ叩かれるという構図を十分に感じ取ることができる。

紀子さまとご実家

今もご実家と懇意にされている紀子さま

このように実家との近しい関係が疑問視されていた雅子さま。だが紀子さまの場合は、ご実家との親しいお付き合いがあったとしても、なぜか美談としてプラス評価される。秋篠宮家と親しい高清水有子さんは次のように書く。

紀子さまとご実家とのお付き合いも、私たちが思っている以上に自由なようです。ご結婚後から、川嶋ご夫妻がときおり秋篠宮邸を訪れることがあります。

また、電話でのご連絡もおありだとうかがっております。私たちは、皇后さまがその昔、ご実家との交際も遠慮なさって皇室の中での孤独に耐えていらしたというイメージを強く持っているために、紀子さまの場合も……と思いがちなのですが、現実の皇室は一歩先に進んでいるのかもしれません。

高清水有子『紀子さまの育児日記』朝日出版社、1992

雅子さまと紀子さまとでダブルスタンダード(二重規範)があることは明確だろう。ご実家と連絡を取り合うことは何ら悪いことではない。紀子さまのご実家・川嶋家といえば、実父・辰彦さんがパチンコ業界などグレー組織と懇意にしていたり、実弟・舟さんが各種団体の顧問として寄付金集めの広告塔をしたりと、度々話題になる(週刊新潮 2019年6月6日号)。雅子さまのご実家にそのような「噂」すらたったことはない。

美智子さまとご実家

美智子さま

また美智子さまもご実家と何度もやり取りしていたことは有名な話だ。なんと直通電話がひかれていたという。

美智子妃と富美子(正田富美子、美智子さまのお母さま)は思うように電話もできなかったといわれたが、婚約発表の直後、正田家に引かれた東宮仮御所との直通電話が、御成婚後は富美子の部屋に移され、その後も使われていた。

「お部屋にお茶を運んでいくと、お母さまがよく電話されていました。美智子さまとお話しされているときはすぐわかるんです。にこにこされていますから」(正田家のお手伝い)

奥野修司『天皇の憂鬱』新潮社、2019

この直通電話は、独身時代の皇太子殿下(現、上皇陛下)と美智子さまが連絡を取りやすいようにと用意されたものだ。結婚後は、この回線は美智子さまとご実家が連絡を取る際に利用されたという。別にご実家と気兼ねなく連絡を取り合うことくらい許されると私は想う。

だが美智子さまとご実家との濃密な関係は、かなり問題視されていたようだ。上皇陛下のご学友・橋本明さんは、次のような古い思い出を語る。

東園基文 山田さんの諫言の元になったのは、正田富美子さんから東宮御所に手紙が来るたびに美智子妃がご返事を克明に書き送っておられた事実だ。

正田家といえども百年先にはどうなっているかわからない。東宮妃の立場でめったに返事をするものではない、山田さんは美智子妃にこう諫言した。明仁親王がご幼少のころ、貞明皇后に詳しい手紙を書いて出されたことがある。侍てど暮らせど返事がいただけない。お伺いを立ててみると、皇太后は孫とはいえ滅多に手紙を書くものではないとのことだった。

あれは例外的なものだった。従って山田さんの諫言は正しかったと思う。しかし結果は×(バツ)と出てしまった。山田さんは書陵部長に左遷された。

橋本明『美智子さまの恋文』新潮社、2007

それにしても手紙ひとつで揉めるとは時代を感じさせる事件である。そして注意した山田康彦侍従(1907-1967)を左遷させてしまうとは、美智子さまの苛烈なご性格は昔からのようだ。

このように、雅子さまだけ小和田家との関係を注意されるというのは正しくない。ご実家と連絡を取られても全く問題ないし、紀子さまも美智子さまもご実家とは懇意にされてきた。それが正しい家族の姿ではないだろうか。

コメントの掲載可否は、Yahooニュースなどと同様に、AIによって判別されます。


27 件のコメント

  • 小内様
    ブログ再開されてよかったです。
    突然、昨夜から見れなくなり、
    また何処からかの圧力があったのか?
    またお身体に何かあったのでは?
    と、小内様のブログファンの皆様と
    心配しておりました。 
    先程、ブログ再開をお知らせしたので皆様
    きっと喜んでると思います!
    今回はコメントもAI を使用したりといろいろ
    工夫をなさってご苦労の多い中でのコメント
    再開かと思います。
    無理なさらず1日でも長くブログを続けて
    くださればと思います。
    頑張ってくださいね!応援しています。

    471
    1295
  • サイト運営していただき、本当にありがとうございます。
    ところで、ご実家との付き合いと言えば、紀子さまご実家の親族(弟さんやそのお子さん)が同居近居されているというのは本当でしょうか。

    401
    1294
    • 同居はさすがにないと思いますが(さすがにしていればメディアが報じるでしょう)、よく遊びに来られているのは事実です。紀子さまにおかれましては「誤解がないように」行動していただきたいと願うばかりです。

      409
      1275
      • 問い合わせに対し、『何度言っても
        出てゆかないんです』の応答が在っ
        たという情報がありましたが・・?

        百歩譲っても、たかが民間人が気安
        く皇居に出入りしているなど・・。
        ”にほん”を愚弄しているのか!です。

        13
        1272
  • 小内さま

    ブログ再開おめでとうございます。そしてありがとうございます。

    この記事、一番気になっていたことでした。
    女帝さまの方がよく連絡取りあっていたり、頻繁に会っていたりしていたのになぜ、雅子さまだけがここまで叩かれなきゃいけないのかとずっと思っていたくらいです。
    最近は本当に読む専門で色々と情報収集をしていましたが、やはり独自では限界があろうものです。
    小内さまの記事、そのコメントしてくださるみなさまから色々と勉強して参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

    朝日の岩井記者は知っていて叩く、知ったかぶりで叩く。それはもうどちらでも構わない。
    今上陛下応援派は岩井記者が雅子さまに対して何をしたのかもうわかっています。
    今上陛下が皇太子時代の頃にも散々してきましたよね。このような人が今上陛下御一家バッシング急先鋒なのですからもう黙っていろと言いたくなるくらいですから。

    449
    1647
  • 小内様

    再開してくださりありがとうございます。
    私は雅子さま大好きですが
    それでもバッシング記事を見ると不安になったりもしました。
    このところは眞子さまご結婚宣言の話題で持ちきりですが私的には秋篠宮一家で皇室を離脱してからご結婚して下さいませ……と思います。

    442
    1274
  • 美智子さまが冨美さんと母子密着が強かったことは、様々な写真からも見てとれます。流産の時でしたか葉山で長期間ご静養の時には、正田英三郎さんが付き添われていたとか。

    紀子様におかれましては、弟さんが御所の動物を論文にしておられましたね。観察のためには頻繁に来られていたことでしょう。悠仁様の送り迎えには川嶋のお母様が行かれていたとか。悠仁様は御所にいらっしゃったわけですから、当然お母様も御所に出入りされていましたよね。

    雅子さまだけ、滅多に帰国なさらない御両親と会われて食事しただけで叩かれるのは理不尽です。
    ところでメンバーに御厨貴さんのお名前も見かけますが、今回、天皇家の相談役に任命されていましたよね。いったい、どういうことなのでしょう。

    391
    1262
    • 罪状列挙はもうよろしいのでは?

          【裁定】
      冗コーゴー:鞭打ち磔
      アホ后アヤメ:同上

      捩じ込み位アホの宮:遠島
      空っぽチャブ:同上

      ○姫:百たたき永追放
      へそ出し姫:手鎖謹慎

      ぐらいですかねえ。    ^_^

      1150
    • 御厨貴氏ではなく、五百旗頭真氏 が宮内庁の御相談役に就かれました。ご両人の名前が珍しいので、どちらがどちら?と混同しそうになります。五百旗頭真先生は人間的にも遥かに立派で、業績も多岐に及び、まさに今の皇室を支えられるのに最適任と思われます。

      43
      1338
  • いまから思えば、バッシングは、女の嫉妬からですね。
    優れた知性と美貌の嫁に対する姑の嫉妬。

    それにしても、前皇后の権力はスゴイ。
    マスコミすら容易にコントロールできてしまうのですから。

    いまはキコさんが引き継いでいるようですが、
    妻がこのように強くなってしまうようでは、男系男子など関係ないです。

    それにしても、天皇陛下ご一家の睦まじさと輝きは、
    今の日本人の唯一の支えです。

    お写真をみるだけて安心し、
    日本人でよかったと心から思えます。

    464
    1620
  • ブログ再開ありがとうございます。
    私は、天皇ご一家を敬愛していますが、秋篠宮家の悪口にも関わらないように努めております。
    しかし、このブログの一時閉鎖、皇位継承安定化(女性天皇容認)に関する報道の少なさを見るにつけ、「平成壬申の乱」が引き続いていると感じます。(そうは考えたくない気持ちもありますが。)
    やはり、行動を起こす時なのかもしれません。

    264
    1264
    • 秋家誹謗に関与しないと断言される矜持。
      敬服致します。

      壬申の乱を引き合いに出されての、鋭い
      御覚悟、尊敬致します。

      1
      1151
  • 小内様、皆様、こんにちは。

    明日は皇后陛下の御誕生日です。
    皇后陛下の御姿をお写真等で見られるだけでとてもうれしいです。

    天皇御一家の末永い御繁栄をお祈りいたします。

    令和二年十二月八日

    267
    1266
  • 小内様。
    ブログのコメント再開で、国民の声が届く場が確保されたと思った途端、昨日来の非表示。
    何もなければ圧力もかかってこないと思いますが、嫌な心持でした。近々の記事はなくなりましたがこうしてまたコメントできるようになりありがたいと思っております。

    嫁がれてきた立場の妃、それぞれご実家がありプライバシーも守られるべきとは思いますが、あまりにも偏った報道のされ方に違和感ばかりの平成でした。

    ここに来てSNSが発達し、また、隠しようもなくなってしまった「現実」が溢れ出てきています。

    秋家の縁談については、われわれ国民が感じる「違和感」を信じたいと思います。
    秋家の長の誕生日会見のあの「口調」。

    小内様もくれぐれもご自愛ください。

    268
    1271
  • 昨日から、ブログが消えてしまったので、心配していました。良かったです。

    今回の記事を読んで、天皇皇后両陛下の精神的苦痛は常人では耐え難く、大きな怒りが沸いてきます。
    かの二人は実家と行き来しているので、この差は、かの人から大きな圧力が加わっているとしか考えられない。

    しかし今、天皇皇后両陛下は皇室の最高位であり、多くの国民から敬愛支持されています。
    令和の代が永く続くことを願っています。

    281
    1616
  • 小内さま
    ブログ再開をありがとうございます。
    Yahoo!もコメント不能にされました。
    何故??と怖くなりましたが、皆さんのコメントにポチポチをしまくって居りました。
    Twitterもやっていない為、何処に皇后陛下への気持ちを書けばいいのか…、この理不尽なやり方をどうやって…と悩んでましたが、小内様が再開なさって下さり感謝申し上げます。
    私はどうしても解せないのは、お二人が何故ここまで政府に物申せるのでしょうか。
    それをなぜ政府は受け入れるのですか?

    天皇陛下皇后陛下は昔から大好きです!
    敬宮愛子様も大好きです!
    小内さま、これからも応援しております。

    292
    1278
  • 良かった!

    ブログが開いた。

    今度は菊の紋がクローズ。私だけ?

    明日は皇后様のお誕生日ですね。きっと沢山の国民からの祝意をお受けになられるでしょう。

    ところで当時の雅子様皇太子妃時代の『実家との距離が近い』やプライベート,どこどこのレストランに行った,ご実家がおせち料理を持って来たとか書き立てる週刊誌は確証を取ったのか?
    また本当だったとしても,上皇后と実家との繋がりの強さは承知していただろうに,それでも批判するとは良心は有るのか?痛まないのか?

    また冒頭の『引き裂かれる平成皇室』という座談会のメンバーを見ると,一定の年齢の方々ばかり。某評論家Y氏に代表される様に,これは明らかに自分よりも優秀な能力の履歴を持つ女性に対しての僻みと劣等感を含んだモラハラでしょうね。
    皇后様のご苦労,お辛さもそうですが,ご実家はお助けしたくても限りがあり,さぞお辛かったと思います。
    雅子様の妊娠をスクープした朝日の記事が出た後,小和田邸の前で記者達にインタビューを受けたお母様が『雅子様がおかわいそう』と涙されていた画像を見ました。

    本当に残酷でした。

    どうぞ,これからもお健やかにも,願わずにはいられません。

    291
    1255
    • 本当に、ビックリしました。菊の紋ニュースさんに、かの方達から圧力があったのでしょうね。
      これでは、大手マスコミも多くの国民の心情に添った記事が書けず、乖離している理由が良く解ります。
      民主憲法下の民主主義の日本でおきるとは、今更ながら驚いています。
      また、今上天皇皇后両陛下で、心底、良かったな思います。
      小内さん、いろいろと大変かと思いますが、多くの国民は応援しています。負けないでください。

      206
      1270
  • 小内様

    令和の天皇皇后両陛下は本当に素晴らしく、尊敬しております。メディアの力を使わなくても、人柄の良さは伝わります。自分たちのことしか考えていない(ようにしか見えない)人たちが、メディアを印象操作したり、政府に物申したり、本当に呆れ帰ります。令和の天皇家は安泰ですが、その先はどうなることやら、、メディアの変な印象操作ではなく、どうすればきちんと民意が反映されるようになるのでしょうか。。

    141
    1273
    • 賛同のグッドボタンを押しても反応しない。

      何時までも姑息で卑劣な輩共よ!

      日本に生息する資格なし。

      15
      1275
  • 小内様、皆様、おはようございます。

    正しいことが正しいと認識される時代が令和の御代だと私は信じています。

    本日は皇后陛下の御誕生日です。
    宮内庁から発表された御誕生日に際しての御言葉を読ませていただきました。
    皇后陛下の御人柄を表した素晴らしい内容でした。
    まだお読みでない方はぜひともお読みくださりませ。

    改めて令和の御代が長く続いていただきたい、天皇陛下の後には敬宮殿下が御即位していただきたい、と実感したひと時でした。

    天照大神様の御導きで皇室が良くなります様に。

    令和二年十二月九日

    154
    1272
  • おめでとうございます。
    国民にとっても皇后両陛下はとても大切な存在です。数々の困難を乗り越えた雅子皇后様は内面から出るモノ全てが綺麗です。
    コロナや自然災害と問題はありますが、令和だから訪れたのではないでしょうか?
    ですが、「本心から国民に歩み寄ってくださってる皇后両陛下の時代に悪が舞い降りてきた」のは天のお導きだと思ってます。

    国民に寄り添わない逃げ腰未来の「A家」では悪と戦えないですから。

    私達国民はいつまでも現天皇家がずっと続く事を願っております。

    113
    1255
  • 正しくは雅子皇后はご実家を頼られる事はほとんど無かった。です。
    雅子皇后はお若い頃から、自立されていて何かにつけ親を頼られる方ではなかった。よくよく、連絡を取られる事があったとしてもきちんと節度を保たれていただろう。
    外で外食
    →東宮御所に呼べなかった。
    美智子様は皇室内の事を告げ口されるのを極端に恐れた証拠。←自分がやって来た事。大切に扱い関係が良ければせっせと合わせて美談拡散に力を注ぐだろう。
    富美さんが美智子様のイジメを報道にリークした本人だから。
    小和田家が目をつけられた。
    餅つきや行事の日にぶつけて外出を聞いた時、これは弾かれているから行けない。と思った。
    弾いてる連中は行動が気になる。と言うパターン。
    美智子様が本気で孫に会いたければどんな手を使ってでも会う。

    20
    1275
  • 味噌糞一緒くたに、【皇族方は無条件で尊い】扱いは
    止めましょう。

    対象を取り違えた丁寧語・尊敬語は滑稽です。

    若者たちが敬遠し、親しみを持てず、近づかない大き
    な原因でも在ろうかと想います。

    成り上がりダニや、モドキ共は、呼び捨てで充分。

    丁寧な御言葉遣いに、流石日本と感じては居りますが
    ・・・。

    6
    1274
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です